toppicture-block_r.jpg

2018年01月01日

本年も「HamEgg」をよろしくお願いします。

 あけましておめでとうございます。本年も「HamEgg」をよろしくお願いします。このブログも開設してから7年近く経過しました。これも訪問いただく方があってのこと、まことにありがとうございます。

 年の初めにこのブログについて少し。
 このブログのタイトル「HamEgg」ですが、食べ物のハムエッグとハムの卵(無線家のビギナー)という両方の意味を持たせています。
 記事の内容については開設以来、アマチュア無線関係の記事以外は載せないことを徹底していましたが、昨年からそれ以外の記事も載せるようになりました。単にネタ切れになったからです(^^;)。
 トップ画面のイメージ写真は定期的に変更するようにしています。訪問いただく方に少しでも新鮮さを提供できるように・・・という思想からです。

 あと、知る人ぞ知る!ことですが、このブログは過去にタイトルを2度変更しています。(ご存知の方には長年のお付き合いを感謝します!)

 最初のタイトルは「Across The Sky
 その次が「ヤモリの棲むアマチュア無線局
 そして現在の「HamEgg

 最初のタイトル「Across The Sky」は「(電波が)空を横切って」というような意味を持たせていました。いま思うとかっこいいタイトルでした。
 その次の「ヤモリの棲むアマチュア無線局」はちょっと柔らかい感じでした。これはこれでよかったのですがね・・・。
 そして現在の「HamEgg」は上記の通りです。

 ブログを開設されている方はご認識されていると思いますが、ブログのタイトルを変更するというのはかなりリスクが高いことです。ブログのイメージが変わりますし、検索エンジンなどのヒット順位も変わってきます。いわゆるSEO対策的にはNGな行為ですね。
 逆にそれまでのイメージを払拭し、新たなる気持ちでブログを続けるにはいいのかも知れません。

 ・・・そんな訳で、つたない記事が続きますが、2018年も「HamEgg」をよろしくお願いします。

「Across The Sky」時代のトップイメージ
20180101-01.jpg

「ヤモリの棲むアマチュア無線局」時代のトップイメージ
20180101-02.jpg

posted by GECKO at 19:53| Comment(2) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年の出来事A 全市交信制覇リーチとなる

 今年も残り僅かとなりました。
 本年のもうひとつの出来事・・・といってよいのかどうか判りませんが、全814市(2017年12月31日現在)のうち813市との交信を達成し、未交信は残すところ1市となったことです。
 バンドとモードはミックスです。

 なかなか交信できなかったのは以下の3市で、この3市との未交信の状況が延々と続きましたが、この状況を打開したのが10月中旬の移動運用。CQを出したところJCC2526(大阪府羽曳野市)の局からコール!「グッドジョブ!」でした(VY TNX)。
 更に、11月下旬には、JCC2603(和歌山県海南市)の局がJクラスターにスポットされているところを発見!珍しい市なのでしょうかパイルアップ状態でしたが、隙間を縫ってコールするとコールバックをいただき交信となりました。

JCC2526 大阪府羽曳野市 ←10月中旬WKD
JCC2603 和歌山県海南市 ←11月下旬WKD
JCC4310 熊本県菊池市 ←未交信


 未交信の残すはJCC4310(熊本県菊池市)のみとなりました。2018年には交信したいところです。
 ということで、2018年の目標は全市との交信を達成ということにしておきます。あとはFT8を運用することでしょうか。

 最後に当局の本年の運用状況のグラフを載せておきます。
 それは皆さんよいお年を。また来年!

171231-01.png

171231-02.png

171231-03.png

171231-04.png

171231-05.png

posted by GECKO at 19:04| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017年の出来事@ JT9の運用

 今年も残すところ明日一日となりました。
 今年の無線運用はコンディションの悪さもありモチベーションが下がりっぱなし、交信数も1,000交信に届かずじまいとなりました。そんな訳で出来事といえるようなものは少ないのですが、ひとつはデジタルモードのひとつである「JT9」を運用したことでしょうか。

 それまではJT65は運用していましたが、7エリアのOMさんに勧められて「WSJT-X」をインストールしてJT9で交信いただきました。しかも3.5MHz帯で(VY TNX)。今年の新年早々のことでしたので、かれこれ一年前のことです。

 実はJT9による交信は、いまのところこの時の一交信のみです。
 そういった意味で貴重な交信です。

 最近は「FT8」というデジタルモードも運用する局が増えてきているようですね。2018年はこちらにもチャレンジしたいところです。

posted by GECKO at 20:02| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

なんと12月は交信ゼロ!

 寒い日が続いています。年末で本業の方が忙しくなり、またコンディションももうひとつということもあり、なんと12月は交信ゼロが続いています(^^;)。
 この土日は少しだけ時間的余裕がありましたが、それでも交信には至らず、ログを確認したら11月23日を最後に交信がない!という状況でした。
 いやはや時間が経つのが早いです。自分では1ヵ月以上も交信していないという感覚はないのですがね。171224-01.png
 再開局以来の交信数の推移はグラフの通りです。本年については、夏場に移動運用して健闘しましたが、ここ数年は、順調?に交信数が減りつつあります。
 今年も残すところ一週間となりましたが、年末休みに何とか交信して12月の交信ゼロは回避したいところです。でもこのコンディションの悪さが続くとモチベーションも下がりますね。

 新年は早々にNYP(ニューイヤーパーティー)がありますが、さてコンディションはどうでしょうね。

posted by GECKO at 21:18| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

真冬のスポラディックE層(Es)

 寒い一日となりました。
 このところコンディションがあまり良くないので、リグの電源を入れる機会も減ってしまいました。

 本日は午前中は無線運用なし、昼過ぎに外出する用事があったので午後からも無線運用はなしとなりましたが、昼も近い11:30頃にイオノグラムを見てみると、目を疑うような状況でした。171209-01.jpg
 12月だというのにスポラディックE層(Es)が出ているではありませんか!臨界周波数も高いです。
 昼過ぎに出かける用事があったのですが、ちょっとだけリグのスイッチを入れてハイバンドをワッチしました。ところがまさかのEs?で、この時期にハイバンドを運用している局は皆無でした(^^;)。
 CB無線の周波数もワッチしましたが、ここでも運用している局はこの時点ではなかったです。

 その後は出かけてしまったので、Esがどれくらい持続していたか、ハイバンドのバンド内はどのような状況だったかは判りませんが、ツイッターなどでは10mのFMで近距離がオープンしたというようなツイートがありました。

 ちょっと驚きの状況でした。まさしく突然現れたスポラディックE層でした。

posted by GECKO at 20:32| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

C501で2エリアの430MHz帯レピーターにアクセス

 晴天の一日となりました。コンディションはあまり向上せず、いつものようなCWによる交信はなしとなりました。

 午前中は所用で出かけましたが、その帰りに少し小高いところへ行ってC501で色々とワッチすることにしました。実は先日、ダイヤモンドの「SRH36」というフレキシブルなアンテナを入手しましたので、そのアンテナを使ってみるという意味もありました。
 到着後に早速ワッチを試みました。あまり聴こえてこない・・・。そこで飛びも気になったので、430MHz帯のレピーターにアクセスしてみることにしました。ムダなアクセスはよくありませんが、まあ実験ということで・・・。171202-01.jpg
 リグはスタンダードの「C501」で、アンテナは「SRH36」。電池は「エネループ」が2本の2.4Vといった状況。出力は3.0V時で280mW出力なので、2.4Vだと200mW程度かな?と思います。

 439.30MHz付近から20kHzステップでチェックしていきましたが、他局さんが利用されているところが聴こえてきてもこちらの送信が届かないレピーターも多くありました。やはり200mWがネックのようです。(それでも出力は特小の20倍なのですがね)

 以下がアクセスできたレピーターと信号強度です。コールサインは、アクセスして返ってきたモールスを聞き取ってメモしたものです。間違っていたらスミマセン(^^;)。

(Call) / (MHz) / (RS)
JR2WB / 439.58 / 59+
JR2WC / 439.62 / 57
JR2VH / 439.64 / 59+ (音声によるコールサイン)
JR2WN / 439.68 / 59+
    / 439.76 / 59+
JR2VC / 439.82 / 52
JP2YGO / 439.84 / 57
JP2YGB / 439.86 / 59+
JR2VK / 439.90 / 59+
JP2YCJ / 439.96 / 59+

 以前はレピーターが返すモールスのコールサインは速すぎてとてもコピーできませんでしたが、最近はレピーターのモールスのコピーなどたやすいです。
(←うそです)。でも上記のレピーターのコールサインは、すべて一発で聞き取りできました(^^)。 

 JR2VHは音声でコールサインが返ってきました(^^;)。439.76MHzはコールサインを毎回返さないようで、数回アクセスしましたがコールサインは不明です。
 ネットで「全国レピータ局リスト」などでググれば出てくるのでしょうが、照合はしていません。

 やはり小高いところなのでよく入感してきます。でも200mWはちょっと非力ですね。せめて1Wは欲しいところです。

posted by GECKO at 15:11| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

国際VHFを受信しました。

 先般、四海通の問題集を購入したという記事を書きましたが、その後、時間のある時にパラパラと内容を見ています。
 この四海通の法規については、これまで受験してきた「2アマ」や「一陸特」と比べてその内容は一線を画しており、船舶無線における国際VHFに関する問題も出題されています。

 そんな訳で、国際VHFに少し興味を持ってしまいました。

 私のところは海岸からかなり離れていますが、144MHz帯のGPアンテナを立てていますので、この国際VHFをワッチしてみることにしました。171123-01.jpg
 無線機はこのブログで時々登場する、スタンダードのC5600です。FMモード専用のモービル機ですが、感度はなかなかのものです。

 電源を入れて国際VHFの周波数に合わせると・・・聴こえて来ました。しかも結構な頻度で・・・。
 ワッチしたのはいわゆる16CHの呼出し周波数で、信号は強いものでメーターが7くらいまで振れています。弱いものだとメーター1つくらいです。海岸から離れていても聴こえるものですね。驚きました。

 これまでエアーバンド(これも結構入感します)や鉄道無線はワッチしたことがありますが、船舶無線(国際VHF)は初めてでした。
 興味のある方は、ぜひワッチしてみて下さい。

posted by GECKO at 19:58| Comment(0) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

QSLカードをスマートレターで送る。

 とても寒い一日となりました。コンディションももうひとつで無線運用はなしとなりました。

 先週のことになりますが、QSLカードを発行してJARLへ送って来ました。
 以前は1ヵ月で200交信くらいが多かったので、月に一回、200枚程度を郵便局の「レターパックライト」で送っていました。全国一律360円で、厚さ3cm,重量4kgまで送ることができ、対応しているポストであれば投函可能、届け先の受取印はないものの荷物の追跡が可能です。
(レターパックプラスは受領印ありです)
 レターパックライトには、カードの厚みや収納の仕方にもよりますが、だいたい300枚くらいは収納できました。171119-02.jpg
 ところがこのところ交信数がすっかり減ってしまい、3ヵ月くらいかかって160枚程度になりました。レターパックでもいいのですが、160枚ではちょっともったいない感じですので、同じく郵便局の「スマートレター」で送りました。
 スマートレターでQSLカードを送ったのはこれで2回目です。スマートレターは全国一律180円で、厚さ2cm,重量1kgまで送ることが可能です。ただし荷物の追跡はできません。どうしても荷物を追跡したいという人には向きません。171119-01.jpg
 今回は160枚程度を送りました。約80枚を2列で収納しましたが、厚みは2cmぎりぎりになりました。何とか収まった感じです・・・Hi.

 最近は交信数も減ってしまったので、スマートレターを利用することが多くなりそうです。既にQSLカードの送付にスマートレターをご利用の方も多いかと思いますが、わりと経済的でお手軽ですので、それほど多くの交信をされない場合はスマートレターで送付されるのはひとつの郵送方法として、まだご利用されていない方へお奨めします。

posted by GECKO at 20:58| Comment(0) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

C501で「SRH17」を使っています。

 晴天の一日となりました。しかし無線運用はほとんどなしとなりました。

 先週、久しぶりに電源を入れてみたC501ですが、使わなければ意味ないので今日は積極的に持ち歩いてみました。といっても本当に持ち歩いただけです・・・Hi.171112-01.jpg
 このC501には144MHz帯と430MHz帯に対応したホイップアンテナが付属していますが、私は社外製のアンテナを取り付けています。
 写真がそれです。もう20年位前のものですが、確認したらダイヤモンドの「SRH17」というアンテナでした。もはやググっても出てこないほどの古いアンテナです(++)。しかも430MHz帯用でしたので、144MHz帯は送信できないというものです。スリムなアンテナで、弾力性があります。多分当時、見た目のかっこよさだけで購入したと思います(^^;)。

 最近はアウトドアスポーツもしなくなってしまったし、なかなか有効な使い方ができないC501です。

 という訳で、とりとめのないC501の記事の第二弾でした。

posted by GECKO at 20:00| Comment(0) | Rig(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

C501の動作確認

 晴天に恵まれた一日でした。しかし無線運用は少ない日となりました。
 昼前にコンディションを確認しましががあまり良くない様子、そこで久しぶりにスタンダードのC501を取り出して電源をON・・・。
 電源が入らない!故障?と思ったら電池切れでした・・・(++)。

 このハンディー機は単三乾電池または専用のバッテリーパックで動作しますが、単三乾電池の場合はたったの2本で動作するのでなかなかFBです。予備電池を持ち歩くのにも苦になりません。171105-01.jpg
 またもちろん単三型エネループでも問題なく動作しますので、これを使えばとても経済的です。・・・というほど使っていませんが(^^;)。

 そして動作確認も兼ねて430MHz帯をハンディーホイップでワッチすると、山頂から運用されている局を発見!RS52くらいで入感していました。受信は問題ないようです。
 送信はというと、この山頂から運用されている局にはコールせずこのハンディー機で送信した電波を自分のもう一台のリグで受信・・・。変調は乗っているようです。

 現在所有しているハンディー機はこれ一台です。
 昨今の多機能なハンディー機をそろそろ購入かな?なんて考えたりしますが、なかなか新しいハンディー機が必要となるような運用状況にならず・・・(^^;)、いまだにこのC501で満足しています。

 いつかはどこかの高い山頂から、この280mWのC501でCQを出して・・・なんて考えていますが、なかなか実現できずにいます。またFMモードで交信・・・というのが再開局後にほとんどありませんので、何かしら緊張していしまう自分がいます。

 という訳で、とりとめのないC501の記事でした。

posted by GECKO at 20:46| Comment(0) | Rig(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする