toppicture-block_r.jpg

2016年05月14日

コンテストでのRTTY

 ゴールデンウィークが終わり、すっかり無線の運用が低調になっています。運用ネタもパッとしません。

 さて本日の5月14日(土)から15日(日)にかけては、たくさんの国内コンテストが開催されています。QSOパーティーも含め8つのコンテストが開催されているようですね。
 いつもこちらのサイトで確認させて頂いております。
 この時期だからでしょうか、28MHz帯以上のバンドによるコンテストが多いですね。私は21MHz帯以下のアンテナしかないので今回のコンテストはほとんど出られない状況です。

 ところでいつも思うのですが、今回のコンテストに限らず、電波形式にRTTYを含めたコンテストが少ないですね。なぜでしょう。RTTYの運用人口が少ないからでしょうか。
 本年のニューイヤーパーティーは、初のRTTYでの運用に挑戦して20局を達成しました。RTTYもそこそこ賑わっていました。
 ただコンテストとなるとRTTYの参加者が少ないのかもしれませんね。更に種目が増えるのでそれだけ得点の集計が複雑になることも予想されます。手間のわりに参加者が少ない・・・なんて状況になるのかもしれませんね。

 さて本日の運用です。
 本日は、7MHz帯のRTTYで1局、10MHz帯のCWで4局、計5局という結果でした。15:00頃だったでしょうか、10MHz帯で近距離が良く入感していました。
 タイミングが重要ですね。

posted by GECKO at 22:58| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

10MHz帯での交信比率が減ってしまった1年

 ゴールデンウィークが始まりました。
 本日はあまり無線運用できませんでしたが、コンディションも良くなかったようですね。朝8:00頃に7MHz帯をワッチしましたが、聴こえている局はいずれも弱い状態でした。ただゴールデンウィークということもあり、たくさんのCQが聴こえていました。
 10MHz帯はというとノイズばかり・・・。時間が早いということもありましたが、その後も10MHz帯は8エリアの局が聴こえていたのみです。
 その後、11:00頃に再開しましたが、コンディションは良くないままでした。

 このところコンディションが良くない状況が続いているように思います。特に10MHz帯では、近距離がガンガン入感してくるような状況は久しくありません。もっとも、私の運用タイミングが悪いのかもしれませんが。

 ちょっと気になったので、CW運用を開始した2011年6月以降の7MHz帯と10MHz帯の交信比率をグラフにしました。160429-01.png
 CWでの交信のみを対象としています。CW運用の開始以来、10MHz帯の方が上回っていましたが、2015年4月を境に比率が逆転しています。 
 統計上も、ここ1年ほどの10MHz帯のコンディションが良くない・・・ということを表す結果となりました。
 結果は意図的ではありませんよ(^^;)。むろん私の交信ログの統計なので、コンディション以外の特別な要因があるのかもしれませんが・・・。

 まだゴールデンウィークは続きますが、無線以外にやることがたくさんあって、あまりアクティブに運用できないことが予想されます。
 タイミングをみて、ぼちぼちといきましょう。

posted by GECKO at 20:09| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

いよいよEsシーズン到来?

 無線運用の少ない土日となりました。天気もよく少し北上すればサクラもまだ満開なので、いろいろと出かけていました(^^;)。

 4月になりいよいよスポラディックE層(Es)による交信が楽しめる時期ですね。
 当無線局は50MHz帯はグランドプレーン・アンテナしかないのですが、タイミングがよければEsで6エリアや8エリアと交信できます。Esの醍醐味ですね。
 また50MHz帯については、特にCWを運用するようになってからは一気に交信数が増えています。直接波による近隣エリアとの交信と、Esやスキャッターによる遠近距離との交信がありますが、エリア別に見ると唯一9エリアだけ交信できていません。
 よって50MHz帯でのAJD(国内の10エリアと交信する)が未達成なのです。
 9エリアは、ここ2エリアのお隣のエリアなのですが、VHFでは交信しにくいという地形的な要素もあるのかもしれませんね。

 さらにラジオテレタイプ(RTTY)については、50MHz帯は一局も交信実績がありません。まだRTTYを運用していない頃は、CWを運用しているとRTTYの受信音もよく聴こえてきたものですが、いざRTTYを始めるとぜんぜん聴こえてきません。

 ということで、このシーズンには、50MHz帯での9エリアとの交信と、50MHz帯でのRTTYによる交信を、とりあえずの目標にすることとしましょう。
 アンテナが問題かも。

posted by GECKO at 19:51| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

アンテナチューナー(ANT2端子)で受信シグナルが弱い現象

 本日も暖かく花粉の嵐の一日でした(^^;)。
 無線運用できる時間も少なく、CWとRTTYで僅かに交信したのみとなりましたが、少しばかり妙な現象が起きていることに気付きました。

 現在、写真のダイワのアンテナチューナー「CNW-319U」を使ってます。
 このチューナーは外部アンテナ端子が2系統(ANT1,ANT2)あり、それぞれ異なるバンドのアンテナを接続していて、運用するバンドによって、本体の切り替えスイッチでアンテナを切り替えています。

 このANT2で妙な現象が起きています・・・・。

 ANT1のバンドでの運用から、リグのバンドを切り替えアンテナもANT2へ切り替えると、シグナルがとても弱いのです。ANT1でS9が、ANT2ではS2というレベルです。(ANT2で同調するバンドなのにANT1の方が強く受信するのです)
 そしてS2の状態でANT2で一瞬でも送信すると、本来のANT2のアンテナ性能に回復しS9オーバーで受信するようになります・・・。

 なんで送信すると回復するの?

 この現象は毎回発生する訳ではありません。時々です。
 またANT2で受信中、勝手にこの現象が起きたり収まったりしてシグナルが目まぐるしく切り替わることがあります。特にRTTYの受信中に現象が発生すると一気にデコードできなくなります(++)。
 リグを変えても発生しますので、アンテナチューナーから先で、何か起きているのですね。送信は問題なさそう(送信中常にSWR1.1程度をキープ)ですが疑う必要はあるかも。やはりこのご老体のアンテナチューナーが原因なのでしょうか。
 もうしばらく様子見です。

160321-01.jpg

posted by GECKO at 20:29| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

CWで未交信の市郡区

 とても暖かい一日でした。本日は午前中に国内局の呼び回りをしましたが、それほど時間もとれずたくさん交信することはできませんでした。
 そんな訳で、統計の記事を少し・・・。

 当無線局は、今日現在までの交信データから計算すると、交信のモードについては全体の87.3%がCW,残りの12.7%がそれ以外のモードとなっています。
 最近はデジタルモードの運用が増えてはいますが、RTTYは7.7%,最近始めたJT65は1.1%といったところで、フォーンはSSBが3.3%,FMが0.4%,AMが0.2%です。
 そんな中、圧倒的な交信比率を占めるCWで交信できておらず、その他のモードで交信できている個人的にはレア?な市郡区を調べたところ表のようになりました。
(「W」マークが交信できている市郡区です)

160305-01.png

 ちょっと注意が必要なのは、CWデビュー前にSSBで交信した市郡区はハムログ上ではWKD済みとなるため、CWでは優先的に交信していないという点です。
 その結果、CWでもわりあい交信しやすいと思われる市郡区が、CWで未交信となってしまっています(^^;)。

 一方、RTTYのみ、またはJT65のみでの交信しかできていない市郡区もあります。これらのモードは最近始めた後発のモードであり、なおかつCWでは交信できていない市郡区なので、個人的には貴重な交信です。
 「埼玉県さいたま市岩槻区」については、CWやRTTYではまったく交信できなかったのですが、なんとJT65であっさり交信できました(^^)。
 こちらも貴重な交信です。

 たくさんのモードで運用を始めると、モード別というのも気になるところです。モードを気にしながら運用すると、より深みがでます。

posted by GECKO at 22:18| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

CW,RTTY,JT65での呼び回り

 この土日は、CW,RTTY,JT65でJCCサービス局の呼び回り中心の運用でした。
 最近は運用が少なくなっていたCWも久しぶりにたくさん呼び回りましたが、パソコンのソフトを立ち上げて、入出力レベルを調整して、あちこちボタンをクリックして・・・というような操作が不要なCWは身軽でいいです。
 改めてそう感じました(^^;)。

 JT65を運用していると、過去に他のモードで交信した局と交信できることが多いです。多くはRTTYで既に交信済みの局で、やはりRTTYを運用される局はJT65も多く運用されているようですね。極端ないい方をすれば、起動するソフトウェアが異なるだけですので、当然といえば当然ですね(^^;)。
 中にはCWで過去に交信していてJT65で再会!という局もありますが、JT65では他のバンドやモードでも過去に一度も交信していない局とのファーストQSOが結構あります。2桁コールのOTさんも運用されていますね。

 そんな訳で、RTTYの運用局はJT65も運用されていることが多いのですが、先日、5年くらい前にSSBで交信した局とJT65で交信できました。個人的にはSSBでの交信は全体の数%なので、CWでも過去にSSBで交信した局とは滅多に交信できませんが、JT65で交信できて少々感動しました。

 ということで、特に交信では特筆すべきことがないので、取り留めのない記事となりました。とりあえずは今後もこの3モードを中心に運用します・・・ということで!

posted by GECKO at 19:54| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

2016年のNYPはRTTYも。

 本年も残り僅かとなりました。特に目立ったトピックのない一年でした。
 まだ今年は終わった訳ではなく数日残っていますが、この数日間でWACA達成とか・・・ある訳ありません(^^;)。

 今日は年末恒例?の大掃除をしながら途中で手を休めてアマチュア無線を運用したりしましたが、午前中は7MHz帯加えて10MHz帯のコンディションもFBで、日本全国から入感していました。
 そのような状態だったので、7MHz帯のRTTYを中心にJCCサービス局とたくさん交信できました。このコンディションのままNYP(ニュー・イヤー・パーティー)に突入するといいのですがね。

 さてそのNYPですが、2015年はRTTYでのNYPでの交信はありませんでした。というのも、RTTYが若葉マーク状態で、通常のRTTYのJCCサービスのCQ局にコールするだけで精一杯だったので、NYPなんて到底無理・・・状態だったのです。
 あれから1年経ち、RTTYでの交信にも慣れてきましたので、2016年は、RTTYでもNYPで交信したい・・・いやRTTYだけで20局達成を目標にしたいところです。

 もちろんCWも出ます・・・むしろCWがメインですね。
 2015年の交信数は111局(ぞろ目です!)でしたので、2016年は222局を目指します。いきなり倍。ハードルは高いね。

posted by GECKO at 22:41| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

久々にFBだった10MHz帯

 本日はとてもよい天気となり、移動運用日和だったと思います。
 Jクラスターにもたくさんの移動局がスポットされていました。特に本日は、いよいよ秋のコンディションになったのか、日中の10MHz帯の近距離のコンディションもFBで、Jクラスターにもたくさんスポットされていました。151018-01.jpg
 本日の正午の国分寺のイオノグラムは、臨界周波数が10MHzを超えていましたが、案の定、その時間帯に10MHz帯をワッチすると、ここ2エリアでも1エリアが599で強力に入感していました。
 平日の様子は判らないのですが、このところの週末はこのようなFBな状態はあまりなかったように思います。

 また本日は、普段からいろいろと情報をいただいている7エリアのOMさんが10MHz帯で移動運用されていました。こちらからコールして交信いただきました。とてもFBに入感していました。TNX!
 またその他に10MHz帯のRTTYでもCQ局を見つけて交信できました。10MHz帯のRTTYは7月12日以来、実に3ヵ月ぶりとなりました。
 このところ、なかなかCQ局さえも見つけることができなかった10MHz帯のRTTYですが、その点からもいかに10MHz帯のコンディションが良かったかが判ります。

 このコンディションが次の週末まで続くことに期待します。

posted by GECKO at 20:12| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

10MHz帯のコンディションが向上せず

 このところコンディションがパッとしません。
 交信ログを見ると、昨年も一昨年もこの時期(10月初旬)には10MHz帯が日中でも近距離がオープンしていて、ここ2エリアからは、1エリアや3エリアを含めた日本全国とたくさん交信できています。
 そして同じく昨年も一昨年も、この時期は10MHz帯のバンド内をチェックするとたくさんのCQが聴こえて賑やかだったと記憶します。

 ところが今年は10月に入っても、10MHz帯は静まりかえっています・・・。

 午前中の早い時間帯に、日によっては10MHz帯で近距離が聴こえてくるタイミングがあるようですが長続きしません。すぐにクローズしてしまいます。
 日中はといえば、10MHz帯では近距離はスキップしてしまい、ここ2エリアでは6エリアや8エリアが入感しているものの、強力とはいえない状況です。

 そんな中、昨夜より「第36回全市全郡コンテスト」が開催されています。
 10MHz帯はコンテスト対象外なので、昨年まではコンテストに参加しない移動局が一斉に10MHz帯になだれ込んでいたように思いますが、今年の10MHz帯は静かなものです・・・。

 一方、7MHz帯はまずまずのコンディションでたくさんのコンテストのCQが入感していた他、15:00台から3.5MHz帯が賑やかな状況で、コンテストのCQ局が、1エリアや3エリアを中心にたくさん入感していました。
 普段運用しない3.5MHz帯ですが、よく入感していたので7MHz帯のダイポールアンテナにアンテナチューナーで無理やり同調させて何局かナンバー交換しました。思わぬ収穫です(^^)。

 しかし、個人的にはもっとも重視している10MHz帯がこのようなコンディションなので、少々寂しい思いをしています。
 そろそろコンディションが良くなってくれるといいのですが。

posted by GECKO at 21:03| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

偶然の1.9MHz帯

 シルバーウィークもあっという間に終わってしまいました。
 このシルバーウィークは、コンディションに翻弄された感じです。
 特に連休3日目と4日目は、日中は最悪のコンディションで、特に4日目の昨日のコンディションは、早朝から最近稀に見る悪さで(個人的な感想です)、日中の7MHz帯は遠方の強いが弱く入感する程度で、同日開催された「XPO記念コンテスト」は最悪のコンディションの中で開催された感じです。
 しかしながら、夕方からはコンディションも徐々に向上し、本日にかけても早朝からまずまずのコンディションだったので、昨夜と本日に分けて開催された「愛・地球博記念コンテスト」はそれなりのコンディションの中での開催だったように思います。

 さて昨日は当局としては珍しく、即席で張ったアンテナで「愛・地球博記念コンテスト」を3.5MHz帯で運用しましたが、夜間のコンディションはまずまずだったように思います。コンテストだからでしょうか、7MHz帯でおなじみの局が多く運用されていた感じです。
 また本日は7MHz帯にQSYし、こちらもまずまずコンディションでした。

 そして話は戻りコンテストが始まる前の昨夜の事ですが、トップバンド(1.9MHz帯)を、上記の3.5MHz帯のアンテナでワッチすると、偶然にもJCCサービスの強い局が入感していました。
 チューナーを使ってもマッチングが取れない状況でSWRは∞(無限大)を差していましたが、リグへの悪影響を考えてあえて10Wに落としてコールすると、なんと!コールバックがあり交信成立となりました。
 以前に一度だけ1.9MHz帯での交信がありますので、今回で2回目です。

 個人的には、少々感動した次第です(^^;)。

 この秋からは、3.5MHz帯の運用もそこそこに1.9MHz帯を運用したいと考えたりしていますが、10年早いと叱られそうです・・・Hi.
 そもそもアンテナの基礎知識も不十分なので、そのあたりの勉強から始めないと・・・。先は長いのです。

posted by GECKO at 19:48| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする