toppicture-block_r.jpg

2017年12月31日

2017年の出来事A 全市交信制覇リーチとなる

 今年も残り僅かとなりました。
 本年のもうひとつの出来事・・・といってよいのかどうか判りませんが、全814市(2017年12月31日現在)のうち813市との交信を達成し、未交信は残すところ1市となったことです。
 バンドとモードはミックスです。

 なかなか交信できなかったのは以下の3市で、この3市との未交信の状況が延々と続きましたが、この状況を打開したのが10月中旬の移動運用。CQを出したところJCC2526(大阪府羽曳野市)の局からコール!「グッドジョブ!」でした(VY TNX)。
 更に、11月下旬には、JCC2603(和歌山県海南市)の局がJクラスターにスポットされているところを発見!珍しい市なのでしょうかパイルアップ状態でしたが、隙間を縫ってコールするとコールバックをいただき交信となりました。

JCC2526 大阪府羽曳野市 ←10月中旬WKD
JCC2603 和歌山県海南市 ←11月下旬WKD
JCC4310 熊本県菊池市 ←未交信


 未交信の残すはJCC4310(熊本県菊池市)のみとなりました。2018年には交信したいところです。
 ということで、2018年の目標は全市との交信を達成ということにしておきます。あとはFT8を運用することでしょうか。

 最後に当局の本年の運用状況のグラフを載せておきます。
 それは皆さんよいお年を。また来年!

171231-01.png

171231-02.png

171231-03.png

171231-04.png

171231-05.png

posted by GECKO at 19:04| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017年の出来事@ JT9の運用

 今年も残すところ明日一日となりました。
 今年の無線運用はコンディションの悪さもありモチベーションが下がりっぱなし、交信数も1,000交信に届かずじまいとなりました。そんな訳で出来事といえるようなものは少ないのですが、ひとつはデジタルモードのひとつである「JT9」を運用したことでしょうか。

 それまではJT65は運用していましたが、7エリアのOMさんに勧められて「WSJT-X」をインストールしてJT9で交信いただきました。しかも3.5MHz帯で(VY TNX)。今年の新年早々のことでしたので、かれこれ一年前のことです。

 実はJT9による交信は、いまのところこの時の一交信のみです。
 そういった意味で貴重な交信です。

 最近は「FT8」というデジタルモードも運用する局が増えてきているようですね。2018年はこちらにもチャレンジしたいところです。

posted by GECKO at 20:02| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

なんと12月は交信ゼロ!

 寒い日が続いています。年末で本業の方が忙しくなり、またコンディションももうひとつということもあり、なんと12月は交信ゼロが続いています(^^;)。
 この土日は少しだけ時間的余裕がありましたが、それでも交信には至らず、ログを確認したら11月23日を最後に交信がない!という状況でした。
 いやはや時間が経つのが早いです。自分では1ヵ月以上も交信していないという感覚はないのですがね。171224-01.png
 再開局以来の交信数の推移はグラフの通りです。本年については、夏場に移動運用して健闘しましたが、ここ数年は、順調?に交信数が減りつつあります。
 今年も残すところ一週間となりましたが、年末休みに何とか交信して12月の交信ゼロは回避したいところです。でもこのコンディションの悪さが続くとモチベーションも下がりますね。

 新年は早々にNYP(ニューイヤーパーティー)がありますが、さてコンディションはどうでしょうね。

posted by GECKO at 21:18| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

真冬のスポラディックE層(Es)

 寒い一日となりました。
 このところコンディションがあまり良くないので、リグの電源を入れる機会も減ってしまいました。

 本日は午前中は無線運用なし、昼過ぎに外出する用事があったので午後からも無線運用はなしとなりましたが、昼も近い11:30頃にイオノグラムを見てみると、目を疑うような状況でした。171209-01.jpg
 12月だというのにスポラディックE層(Es)が出ているではありませんか!臨界周波数も高いです。
 昼過ぎに出かける用事があったのですが、ちょっとだけリグのスイッチを入れてハイバンドをワッチしました。ところがまさかのEs?で、この時期にハイバンドを運用している局は皆無でした(^^;)。
 CB無線の周波数もワッチしましたが、ここでも運用している局はこの時点ではなかったです。

 その後は出かけてしまったので、Esがどれくらい持続していたか、ハイバンドのバンド内はどのような状況だったかは判りませんが、ツイッターなどでは10mのFMで近距離がオープンしたというようなツイートがありました。

 ちょっと驚きの状況でした。まさしく突然現れたスポラディックE層でした。

posted by GECKO at 20:32| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

C501で2エリアの430MHz帯レピーターにアクセス

 晴天の一日となりました。コンディションはあまり向上せず、いつものようなCWによる交信はなしとなりました。

 午前中は所用で出かけましたが、その帰りに少し小高いところへ行ってC501で色々とワッチすることにしました。実は先日、ダイヤモンドの「SRH36」というフレキシブルなアンテナを入手しましたので、そのアンテナを使ってみるという意味もありました。
 到着後に早速ワッチを試みました。あまり聴こえてこない・・・。そこで飛びも気になったので、430MHz帯のレピーターにアクセスしてみることにしました。ムダなアクセスはよくありませんが、まあ実験ということで・・・。171202-01.jpg
 リグはスタンダードの「C501」で、アンテナは「SRH36」。電池は「エネループ」が2本の2.4Vといった状況。出力は3.0V時で280mW出力なので、2.4Vだと200mW程度かな?と思います。

 439.30MHz付近から20kHzステップでチェックしていきましたが、他局さんが利用されているところが聴こえてきてもこちらの送信が届かないレピーターも多くありました。やはり200mWがネックのようです。(それでも出力は特小の20倍なのですがね)

 以下がアクセスできたレピーターと信号強度です。コールサインは、アクセスして返ってきたモールスを聞き取ってメモしたものです。間違っていたらスミマセン(^^;)。

(Call) / (MHz) / (RS)
JR2WB / 439.58 / 59+
JR2WC / 439.62 / 57
JR2VH / 439.64 / 59+ (音声によるコールサイン)
JR2WN / 439.68 / 59+
    / 439.76 / 59+
JR2VC / 439.82 / 52
JP2YGO / 439.84 / 57
JP2YGB / 439.86 / 59+
JR2VK / 439.90 / 59+
JP2YCJ / 439.96 / 59+

 以前はレピーターが返すモールスのコールサインは速すぎてとてもコピーできませんでしたが、最近はレピーターのモールスのコピーなどたやすいです。
(←うそです)。でも上記のレピーターのコールサインは、すべて一発で聞き取りできました(^^)。 

 JR2VHは音声でコールサインが返ってきました(^^;)。439.76MHzはコールサインを毎回返さないようで、数回アクセスしましたがコールサインは不明です。
 ネットで「全国レピータ局リスト」などでググれば出てくるのでしょうが、照合はしていません。

 やはり小高いところなのでよく入感してきます。でも200mWはちょっと非力ですね。せめて1Wは欲しいところです。

posted by GECKO at 15:11| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

交信数の推移(2017/8現在)

 蒸し暑い日となりました。
 この土日は「第60回フィールドデーコンテスト」が開催されていたようですが、不参加・未交信となりました。

 そんな状況なのでコンテスト参加ネタはない状況ですが、交信データのグラフを作ってみましたので載せておきます。
 グラフは月ごとの交信数を折れ線で表したものです。再開局からのすべての交信が対象ではなく、CWにデビューした2011年6月以降のCWと、近年に運用を始めたデジタルモードのみとしています。170806-01.png
 昨年末から交信数が減っていましたが、5,6,7月の3ヵ月間はEsの発生などもありそこそこ交信できました。ただデジタルモードは相変らずです(^^;)。

 交信数はこのところのコンディションの悪さに比例しているように思います。
 まだまだ暑い日は続きますが、秋以降のコンディションの向上を期待するところです。

posted by GECKO at 19:29| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

7MHz帯の逆Vダイポールアンテナで50MHz帯を運用

 晴天の一日となりました。
 本日は午前中にEsが出ていて、CWについていえば、Jクラスターのスポットがハイバンドで埋め尽くされていました。ただ運用局はそれほど多くない印象でした。

 そんなコンディションの中で、午前中に、個人的には始めての50MHz帯の6エリアオープンに遭遇しましたので、今回は以前から張っている7MHz帯用の逆Vフルサイズのダイポールで50MHz帯を運用しました。
 何も調整しなくても、50MHz帯がSWR1.5位でマッチングするようです。以前からこのアンテナで50MHz帯を運用したいと目論んでいましたが、本日それが実現しました。
 沖縄県那覇市、熊本県宇土市の局と30Wで難なく交信できました。本年の初50MHz帯交信でした。

 午後は期待に外れてEsはほとんど発生せず、7MHz帯や10MHz帯がそこそこFBでした。まあ50MHz帯で交信できたのでよしとしましょう。

 話は変わりますが、先週QSLカードが届きました。今回は少々少なめの100枚程度。DX局からも数枚届きました。170528-01.jpg
 いつもなら届いたその日から受領作業をはじめ一気に済ますのですが、今回はまだ受領作業せず、バンドで束ねたままになっています(^^;)。
 本来は楽しいはず?の受領作業も、枚数が多いと楽しみを通り越して結構苦痛な作業に感じてきますが、今回は枚数が少ないので早く終わりそうです。
 はやく受領しないと、すぐに2ヵ月が経って次のカードが届いてしまいますね(^^)。今月中には受領したいところです。

posted by GECKO at 20:42| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

未交信の市区郡の状況

 いよいよ4月になりました。
 本日は4月1日のエイプリルフール、各局さんのブログでのエイプリルフールのジョークを期待します!
 ちなみにこのブログは至ってまじめです・・・Hi.

 Googleでは例年の如くこんなジョークが・・・。

 さて無線ネタですが、昨日は3月31日というきりのいい日でしたので、その時点での未交信の市郡区を調べてみました。結果、未交信は3市,20郡,5区となってることが判りました。
(エイプリルフールのジョークではありません^^)。
 バンドとモードはミックスです。ちなみに残りの3市は、以下の3市です。前回の記事から2市をWKDしています。郡についても1郡をWKDしています。

大阪府羽曳野市(2526)
和歌山県海南市(2603)
熊本県菊池市(4310)

 市についていえば、前回の記事で未交信となっていた宮城県富谷市(0616)は新市誕生ということで移動運用局が多くすぐにWKDできました。そして千葉県習志野市(1216)についてはなんと記事を書いた翌日の10月16日の「オール千葉コンテスト」でWKDできています。

 残りの未交信市については、その市から運用する局にはなかなか遭遇できません。タイミングの問題なのでしょうね。
 更にこのコンディションの悪さが拍車をかけていて、なかなかWKDが難しい感じです。まあのんびり行きますが(^^;)。

posted by GECKO at 22:42| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年の出来事A 10,000交信達成

 本年も残すところ5時間足らずとなりました。
 さて本年の出来事のもうひとつは10,000交信を達成したことです。決してテンポは早くないのですが、とりあえず再開局以来6年半ほどで達成です。

 2011年にCWを始めてから一気に交信数が増えました。それから2014年までは年間の交信数が右肩上がりでしたが、昨年から減少に向かい、本年は更に減ってしまいました。各年の交信数は、

2010年/183 , 2011年/489 , 2012年/1,487 , 2013年/2,120 ,
2014年/2,417 , 2015年/1,913 , 2016年/1,481

のようになっています。
 まあ、いつまでも交信数が右肩上がりなんてことは難しいですからね。量より質?といったところでしょうか。(いや、質が上がったともいえないのですが・・・)
 そんな中、本年の10月30日に10,000交信の達成となりました。

 もう少し早く達成できるとよかったのですが、コンディションが悪かったことが交信数が伸び悩んだ理由のひとつです。特に2016年の10MHz帯は悲惨なコンディションに終始した感じです。来年は向上するといいのですがね。

 それは皆さんよいお年を。また来年!

posted by GECKO at 19:37| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

2016年の出来事@ JT65の運用開始

 本年も残すところ2日となってしまいました。
 とても早く過ぎ去った一年のように感じますが、運用を振り返るとけっこう長かった一年だったとも感じたりします。そんな一年(まだ2日残ってますが)でしたが、本年の特筆すべきひとつはJT65の運用を開始したことです。

 デジタルモード自体は2014年にラジオテレタイプ(RTTY)の運用を開始しましたが、それ以来、思いのほか低出力でも交信できるデジタルモードにハマって(^^;)いました。そしてその後、気になっていたJT65の運用を開始したのが本年1月17日でした。161229-01.png
 初めは交信の方法がまったく解らず???状態でしたが、得意?のグーグル検索で見つけた良質なサイトがあったことと、ツイッターで親切なOMさんから指導いただけたことなどがあり、すぐに運用を開始できました。

 その後、約一年運用しましたが、確かにQRPで遠方へ届く(正確には微弱電波でもデコードできる)モードであることは間違いないと思います。
 CWでは100Wでもなかなか相手局に届かず散々苦労したスイスが、JT65では30Wであっさり交信できたことには驚きました。
 更にCWで苦労した南アフリカともあっさり交信・・・。むろんいずれもCWの時とは違う局なので相手局の設備の違いやコンディションの違いは否定できませんが、個人的には衝撃を受けたことは確かです。
 更に予想外だったのは、7MHz帯では国内局同士の交信も盛んなこと。ただし移動局は少なくいままでに交信したJT65の移動局10局です。

 そんなJT65ですが、まだ運用されていない方にお奨めします。

 ちなみに、これまでのJT65による交信は、国内局が165局,海外局が66局といったところです。交信に時間がかかることと、運用人口の少なさを考慮するとまずまずかな?といったところです。
 2017年も引き続きJT65での運用をアクティブに行きたいと思っています。そしてCW,RTTYも更なるアクティブな運用を目指すとしましょう。

posted by GECKO at 22:41| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする