toppicture-block_r.jpg

2019年11月09日

バイクのタイヤにエアーを補充!

 快晴。絶好の行楽日和でした。
 が、しかしアマチュア無線運用はなし。快晴なのにどこにも出かけず掃除や片付けなど、まじめ?なことをして一日が終わりました。
 そんな中でブログのネタになりそうなのは、バイクのタイヤにエアーを補充したことでしょうか?相変わらずバイクネタですが・・・。

 バイクのタイヤのエアバルブは「米式」です。バイクのぼぼ100%が自動車と同じ米式なのですが、自転車などでは英式・仏式もあります。
 自転車の例ですが、詳しくはこちらのサイトにあります。

 写真は、バイクのタイヤのエアバルブ(米式)とエアーを補充するためのフットポンプです。私が使っているフットポンプは「DRC」製の携帯用のものです。
 ほとんど使っていないので新品に見えますが・・・(^^;)。
 現在は電動が主流なのかも知れませんが、携帯用としてはやはり非電動がいいですね。
191109-01.jpg191109-02.jpg

 写真のようにバイクのタイヤのエアバルブに取り付けてロックします。あとはひたすら踏み続けてエアーを補充します。フロント・リアともエアー圧が下がっていたので適正値の250kPaまで補充しました。
 携帯用のフットポンプなので一回の踏み込みでの充填量が少ないため、かなりの回数の踏み込みが必要です(^^;)。
 このあたりは「携帯用」ということでご愛嬌です。
191109-03.jpg191109-04.jpg

 タイヤのエアーの補充はガソリンスタンドで行うことも多いですが、バイクは自分で手をかけてメンテナンスすることもまた楽しみの一つです。

 次はチェーンメンテナンスですね。
 あっ、クラッチワイヤーへの注油もやらないと・・・。

posted by GECKO at 21:35| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

秋も深まった3エリアをバイクで走ってきました。

 三連休の2日目となりました。ここ2エリアは曇りとなりました。
 コンディションは良くなく無線運用はなし(コンディションが悪いなりに運用するのが本当のハムなのでしょうが・・・)。無線ブログとしては由々しき事態ですが(^^;)、ブログの未更新の放置を避けるため、コッソリ行動をコッソリ投稿しています。

 今日はコッソリ(^^;)とバイクに乗りましたので、コッソリと載せておきます。

 モトブログではないので「どこそこをツーリングしてきました」というツーリングの紹介はしませんが、とりあえず走ってきたのは3エリアです。・・・とだけ報告しておきます(^^;)。
(無線をしない方へ:エリアについてはこちらを参照下さい)

 一年間で快適にバイクに乗れるタイミングは本当に限られています。
 10月初旬から11月下旬は、個人的には年間を通してもっともツーリングに適していると思います。191103-01.jpg
 気温も高くも低くもなく、とても爽やかで快適に走行することができます。
 だだ今日は曇っていて寒いくらいだったので、オーバーパンツも履いたりしてほぼ冬装備でしたが(^^;)

 この時期は山間部へ入っていくと紅葉も見られますが、木葉が散りはじめて路肩に散乱しているところをバイクで走り、少しだけ木葉が舞い上がるようなシチュエーションが最高です。

 まもなく冬本番になるので、その前にもう一度長距離を乗りたいと思います。

 最近は長距離・長時間の走行はほとんどしなくなてきました。気合を入れて乗る大きなバイクよりも125t位の小型のバイクの方が気軽に乗れていいなと最近思っています。

 いや、大きいのもいいね(^^;)。

posted by GECKO at 22:18| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

YAMAHA MT-07 (二輪車)

 少し雲が多かったですが、心地よい秋の日となりました。
 アマチュア無線の方は空のコンディションは良くなりつつある感はありますが、本日少しだけ7MHzのCWを運用しましたが、まだまだの感があります。

 さてアマチュア無線ブログなのに、またしてもバイクネタです。

 これまでに「クロスカブ」や「BMW G310R」の記事を書いたりしていますが、またしてもちょっと気になるバイクが・・・。
 そのバイクはYAMAHAの「MT-07」です。
 このバイク、実は2014年に発売されすでに2代目になっているモデルで、なんと2015年にはかなり売れたようです。
 いまさら何を?という感じですが(^^;)、個人的にはYAMAHAのMTシリーズの存在は知っていましたが、あまり注目していなかったのです。

 で、興味を持った理由は700ccという大きな排気量なのに並列2気筒であることと、270度位相クランクシャフトという変わった構造であること。この構造は並列2気筒のクランク角の中で、360度クランクや180度クランクとも異なる、V型エンジン(90度V型)のような「ドド・ドド」とう感じのエンジンフィーリングになる・・・ということらしいです。

 これまでにV型2気筒のエンジンは何度か乗ったことはありますが、果たしてこのMT-07のエンジンの鼓動はどうなんでしょうか?興味深いです。
・・・っていまさらながら何を?って言われますが(^^;)。

・・・恒例の動画です。

 ----- MT-07に興味が湧く動画 1選 by GECKO -----
 YAMAHA MT-07 ABS(2014年) 試乗レポート ←ドド・ドドの鼓動
 
 乗ってみたいです。

posted by GECKO at 21:39| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

HONDA サービスマニュアル 共通編

 晴天の暑い日になりました。本日はアマチュア無線運用なしの日となりました。このところバイクネタが多いのですが、今回もバイクネタを・・・。
 サービスマニュアルの紹介です。

 たぶん2007年頃だと思いますが、写真のような「HONDA サービスマニュアル 共通編」というマニュアルを購入しました。
 このサービスマニュアルは、特定のモデルに特化したものではなく、「共通編」と名の付く通り、ホンダのバイクに共通するサービスマニュアルです。
 中身(マニュアル本体)とバインダーが別売りになっていましたが、むろん両方購入しました。

190929-01.jpg


 整備士向けでしょうか。当時、バイクそのもの機構や構造に興味を持ち、ネット通販で購入しました。190929-02.jpg
 紙面はオイルが浸み込みにくいコーティングされた紙が使われています。

 現在は絶版になってしまったのか、一般販売はしなくなったのか、ネットでは購入ができなくなっているようで、ネットオークションなどでの出品を見かけるようになりましたが、このところのバイクの進化は激しく、記載が古くなってしまったからかもしれませんね。

 そんな状況ですが、単なる読み物としては興味深く読むことができます。こういった類のものは電子化されて再版されるといいのですがね。

posted by GECKO at 20:51| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

新しいライディング「ブーツ」と「デニム」を使ってみる。

 秋らしくなってきました。しかし台風17号が近づいていてアウトドアのレジャーはちょっと注意が必要です・・・。

 このブログで過去に紹介していますが、以前にライディング用の「ブーツ」と「デニム」を購入しています。
 なかなかこれらを試す機会がなかったのですが、少し涼しくなったこともあって、ほんの僅かな時間でしたが、装備して走ってきました。
 いやはや、ずいぶんと長い間放置していました(^^;)。

190922-01.jpg

 どちらかというと、ぴったりフィットのデニムの方がが少し窮屈かな?と想像していましたが、さすがはライディング用!伸縮性のある素材で窮屈感はなし、膝のプロテクターもほぼ違和感なしでした。
 一方、ぴったりフィットかな?と思っていたブーツは少し緩い感じでした。

 私はライディング用のウェアはばっちり揃えている訳ではなく、ジャケットは春・夏・冬と揃っていますが、パンツはこれまで通常のジーンズばかりでした。冬場はその上にオーバーパンツを重ねますけれど(^^;)。
 ライディング用のジャケットは、高速走行でも走行風でバタつかないよう随所に工夫がされていますが、このライディング用のデニムもかゆいところに手が届く工夫がなされている感じです。

 所有しているライディングギアも徐々に古くなってきました。バイクに乗ること自体がとても少ないので老朽化はあまりありませんが、徐々に新しいものに買い換えたいとことです。

 ・・・バイクも買い替え!?(無理だね)。 

posted by GECKO at 19:25| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

BMW G310R (二輪車)

 以前にクロスカブの記事を書いたりしましたが、秋も近づいた行楽シーズンになるとバイク熱が盛り上がってきます。

 クロスカブもいまだ興味がありますが、別のバイクにも興味津々状態・・・。最近はBMWの「G310R」に注目しています(^^;)。
 BMWのバイクといえば水平対向エンジンが特徴的ですが、こちらはBMWとしては小排気量の310ccで、なんと単気筒エンジンを採用したモデルです!
 エンジンは単気筒ながらDOHCのショートストロークで、高回転型の味付けになっている感じ。動画(下記)でも心地よくブンブン回っているみたいです。

 ここ数年、ツーリングで250ccもよく見かけるようになりましたが、日本の道路事情では大排気量の性能を使い切る場面は少なく、小排気量の性能を使い切る楽しさが見直されているのかも知れません。
 そんな中で絶妙なタイミングの310ccだと思います。

 更にこのバイクはエンジンの前方から吸気して後方へ吐き出す「後方排気」の方式を採用しています。最近では数少ないレイアウトです。
 大半(というかほとんど)のバイクはマフラーこそ後にありますが、後方から吸気して前方のエキゾーストパイプへ吐き出す前方排気ですね。
 いやはや魅力満載で欲しくなってしまいます!

・・・恒例の動画です。

 ----- BMW G310R に興味が湧く動画 3選 by GECKO -----
 『BMW G310R』 試乗インプレ! ←ご存じ小林ゆきさんインプレ
 BMW G310R Test Ride ←単気筒の音がよい
 G310R BMW 40才からのバイク【暗峠へ】 ←リターンライダーさんです

 そろそろバイクにいい季節になりますね。
posted by GECKO at 19:48| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

ライディング用デニム・ジーンズ 「コミネ WJ-732R」

 なかなか梅雨が明けない2エリアです。雨天が多く移動運用も消極的、固定からの運用するにもコンディションもあまり良くない状況・・・。
 今日は青空も出ましたが、突然のゲリラ豪雨の可能性もあってバイクに乗ることもできず・・・。
 そこで今回は「セーフティーグラス」,「ライディング・ブーツ」に続き、購入したライディング用のデニム・ジーンズの紹介です。

 コミネデニム・ジーンズ。夏用のメッシュではないです(^^;)。

190715-01.jpg

 実はバイク歴はわりと長い(実力はともかく!)のですが、いままでにライディング用のデニム・ジーンズを購入したことはありませんでした。ウィンター・パンツなどは購入していますが。

 今回は、人生初のライディング用のデニム・ジーンズとなりました(^^;)。

 ネット通販で注文し現物が届きました。さっそく着用してみたらジャストフィット!ちょっと裾が長め・・・。
 バイクに乗っている人なら分かると思いますが、かなり裾が長くてもバイクにまたがるとちょうどいい長さになるんですね。逆に普段ピッタリの裾の長さだと、バイクにまたがった時に裾が短くなってしまいます。

 光の加減で、色が異なって見える写真がありますが、ご了承下さい!どちらかというと、下の2枚が実際の色に近いです。

190715-03.jpg190715-04.jpg


 ライディング用なので、膝にプロテクターが入っています。少しやわらかいゴムのような素材です。ジッパーを下ろしてプロテクターを取り外すことが可能です。また別売りのハード・プロテクターに交換も可能です。
 実際に着用してみると、とても違和感があるので取り外して乗りたくなってしまいます。それではこれを購入した意味がないですが・・・(^^;)。

190715-05.jpg

 写真では分かりにくいですが、内側にはポケットがあります。通常の外側のポケットだと収納物が走行中に落下する可能性があるので、それを配慮して内側にポケットを装備した・・・のでしょうか。このポケットはウェスト(腰)パッドを装着するためのもののようです(^^;)。こちらのパッドです。ショルダー(肩)用ですがウェスト(腰)に装着することもできるようです。
 裾の裏側にはリフレクターが付いていて、裾をロールアップすると使用できます。夜間走行の安全性が考えられています。

190715-06.jpg190715-07.jpg


 今回デニムにしたのは、プロテクターを外せば普段着としもてほぼ違和感なく着用できるのではないか?と思ったからです。このようなデザインなので、普段着としてもほぼ違和感がないと思いますがいかがでしょうか(^^;)。

190715-02.jpg

 という訳で、ライディング用のデニム・ジーンズの紹介でした。まだ実戦では使用していませんので、機会があればレビューをレポートします。
 とりあえず、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

 あとこのデニム、夏は暑いかも・・・ですね。

posted by GECKO at 20:10| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

カブでツーリング!

 蒸し暑い一日でした。アマチュア無線運用の方はなしとなりました。

 その代わりと言っては何ですが、日中にちょいと本屋へ出かけ、無線関係の雑誌を探したりしましたが、その前にちょいとバイク関係の雑誌を見ていると目に止まったのが「モーターサイクリスト」の7月号。
 しかも本体ではなく付録の方です・・・。そのタイトルは、

 Honda Super Cub Touring Book
 (ホンダスーパーカブ ツーリングブック)

 私にとって、なんというタイムリーな企画! もちろん買いましたよ\(^^)/。

190623-01.jpg

 ネタバレになるので記事の内容については述べませんが、ますますカブの魅力に取り憑かれてしまう内容です(^^;)。
 110ccや125ccのカブは運転するのに小型二輪免許は必要ですが、車体価格は30万円前後(機種による)で維持費も低い。それでいてキャンプやツーリングなど大型バイクと同等の楽しみ方もできる・・・。なかなかのバイクです。
 これまでは、走行しているところを見かけてもあまり気に留めなかったカブですが、最近は気になりますね。

 それにしても・・・。「モーターサイクリスト」を購入したのはものすごく久しぶりです。

モーターサイクリスト 2019年7月号
モーターサイクリスト 2019年7月号
posted by GECKO at 20:46| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

ホンダ スーパーカブ110 も欲しくなる!

 梅雨に入り蒸し暑く、ゲリラ豪雨が油断できないシーズンになりました。
 このブログでは、このところバイクの記事も書いたりしていますが、バイクでの遠出もこの時期は注意が必要です。 

 以前に「なかなかいいですね! ホンダ クロスカブ110」なんて記事を書いたりして、その後もカブに関する動画を見たりしています。
 そこで感じたのは「ホンダ カブ」に関する投稿動画の多さ。この110ccという小さなバイクに魅了されている人は結構多いのですね。
 そんな中、つい先日、通勤時間帯に「スーパーカブ110」とすれ違いました。「ストリート」でも「プロ」でもなく「無印」(ビジネス)で、色はメタリック系のブルー。フロントフェンダーに白い帯があったので110ccの方です。
(スーパーカブは50ccもありますね)

 「クロスカブ110」もいいですけれど「スーパーカブ110」もいいですね。伝統的なカブのスタイルと価格の低さが魅力的です。

・・・恒例の動画です。

 ----- スーパーカブ110に興味が湧く動画 by GECKO -----
 大阪モーターサイクルショー2018 ←いいねぇ
 新型スーパーカブ50/110試乗インプレ ←ご存知、小林ゆきさん
 「カブで行こう」スーパーカブ110(JA44) ←エンジン音が良い

 ----- 番外編----- (スーパーカブ110ではありませんが)
 アクセルターン(CT110) ←こんな芸当も!
 アクセルターンは、スーパーカブ110では難しいのでしょうけれど・・・。

 という訳で今回もバイクネタでした。
 最近は、バイクの記事で他人の動画ばかり紹介しています(^^;)。自分は?・・・いやいや動画を撮るなんてとてもとても。

posted by GECKO at 22:48| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

実はバイク乗りだったりする。

 この時期、バイクがいいですねぇ〜と、言いたいところなのですが、この猛暑だと暑いですね・・・(++)。

 そんな中、バイクネタです。
 今更感がありますが、実はGECKO(私)はバイク乗りです。アマチュア無線と同じで免許歴だけは長いのですが、うまく乗りこなせているかはかなりの疑問がありますが(^^;)。
 写真は、長野県へツーリングに行った時のもので「道の駅 信濃路下條」で撮影したものです。自慢できるようなバイクではないので、ポスタリゼーション処理でごまかしています・・・Hi.

190525-01.jpg

 最近はいわゆるSS(スーパースポーツ)バイクも人気があるようですが、私のバイクは昔ながらのネイキッドタイプ。エンジンは直列4気筒(インラインフォア)、冷却方式は本田宗一郎さんがこだわり続けた「空冷」です\(^^)/。
 性能こそ水冷エンジンに軍配が上がるのでしょうが、空冷エンジンはあの造形美が特徴的で、個人的にはそこにこだわっています。

 厳しい排ガス規制で空冷エンジンが姿を消していく中、いまだ CB1100 のようなバイクを世に送り出しているホンダはすごい!
 あと SR400 を復活させたヤマハも偉い!(←上から目線)
 女性ライダーがSR400を走らせるプロモーションムービーもグット!
 空冷エンジンは乗用車(四輪)ではなくなってしまったので、バイクの空冷エンジンはこの先も残って欲しいところです。

 ということで、とりとめのないバイクの紹介でした。

 ・・・それにしても、この暑さはバイク乗りにはつらいところです。(なんて言えるほど乗ってませんが)

posted by GECKO at 20:35| Comment(2) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする