toppicture-block_r.jpg

2019年09月07日

BMW G310R (二輪車)

 以前にクロスカブの記事を書いたりしましたが、秋も近づいた行楽シーズンになるとバイク熱が盛り上がってきます。

 クロスカブもいまだ興味がありますが、別のバイクにも興味津々状態・・・。最近はBMWの「G310R」に注目しています(^^;)。
 BMWのバイクといえば水平対向エンジンが特徴的ですが、こちらはBMWとしては小排気量の310ccで、なんと単気筒エンジンを採用したモデルです!
 エンジンは単気筒ながらDOHCのショートストロークで、高回転型の味付けになっている感じ。動画(下記)でも心地よくブンブン回っているみたいです。

 ここ数年、ツーリングで250ccもよく見かけるようになりましたが、日本の道路事情では大排気量の性能を使い切る場面は少なく、小排気量の性能を使い切る楽しさが見直されているのかも知れません。
 そんな中で絶妙なタイミングの310ccだと思います。

 更にこのバイクはエンジンの前方から吸気して後方へ吐き出す「後方排気」の方式を採用しています。最近では数少ないレイアウトです。
 大半(というかほとんど)のバイクはマフラーこそ後にありますが、後方から吸気して前方のエキゾーストパイプへ吐き出す前方排気ですね。
 いやはや魅力満載で欲しくなってしまいます!

・・・恒例の動画です。

 ----- BMW G310R に興味が湧く動画 3選 by GECKO -----
 『BMW G310R』 試乗インプレ! ←ご存じ小林ゆきさんインプレ
 BMW G310R Test Ride ←単気筒の音がよい
 G310R BMW 40才からのバイク【暗峠へ】 ←リターンライダーさんです

 そろそろバイクにいい季節になりますね。
posted by GECKO at 19:48| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

ライディング用デニム・ジーンズ 「コミネ WJ-732R」

 なかなか梅雨が明けない2エリアです。雨天が多く移動運用も消極的、固定からの運用するにもコンディションもあまり良くない状況・・・。
 今日は青空も出ましたが、突然のゲリラ豪雨の可能性もあってバイクに乗ることもできず・・・。
 そこで今回は「セーフティーグラス」,「ライディング・ブーツ」に続き、購入したライディング用のデニム・ジーンズの紹介です。

 コミネデニム・ジーンズ。夏用のメッシュではないです(^^;)。

190715-01.jpg

 実はバイク歴はわりと長い(実力はともかく!)のですが、いままでにライディング用のデニム・ジーンズを購入したことはありませんでした。ウィンター・パンツなどは購入していますが。

 今回は、人生初のライディング用のデニム・ジーンズとなりました(^^;)。

 ネット通販で注文し現物が届きました。さっそく着用してみたらジャストフィット!ちょっと裾が長め・・・。
 バイクに乗っている人なら分かると思いますが、かなり裾が長くてもバイクにまたがるとちょうどいい長さになるんですね。逆に普段ピッタリの裾の長さだと、バイクにまたがった時に裾が短くなってしまいます。

 光の加減で、色が異なって見える写真がありますが、ご了承下さい!どちらかというと、下の2枚が実際の色に近いです。

190715-03.jpg190715-04.jpg


 ライディング用なので、膝にプロテクターが入っています。少しやわらかいゴムのような素材です。ジッパーを下ろしてプロテクターを取り外すことが可能です。また別売りのハード・プロテクターに交換も可能です。
 実際に着用してみると、とても違和感があるので取り外して乗りたくなってしまいます。それではこれを購入した意味がないですが・・・(^^;)。

190715-05.jpg

 写真では分かりにくいですが、内側にはポケットがあります。通常の外側のポケットだと収納物が走行中に落下する可能性があるので、それを配慮して内側にポケットを装備した・・・のでしょうか。このポケットはウェスト(腰)パッドを装着するためのもののようです(^^;)。こちらのパッドです。ショルダー(肩)用ですがウェスト(腰)に装着することもできるようです。
 裾の裏側にはリフレクターが付いていて、裾をロールアップすると使用できます。夜間走行の安全性が考えられています。

190715-06.jpg190715-07.jpg


 今回デニムにしたのは、プロテクターを外せば普段着としもてほぼ違和感なく着用できるのではないか?と思ったからです。このようなデザインなので、普段着としてもほぼ違和感がないと思いますがいかがでしょうか(^^;)。

190715-02.jpg

 という訳で、ライディング用のデニム・ジーンズの紹介でした。まだ実戦では使用していませんので、機会があればレビューをレポートします。
 とりあえず、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

 あとこのデニム、夏は暑いかも・・・ですね。

posted by GECKO at 20:10| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

カブでツーリング!

 蒸し暑い一日でした。アマチュア無線運用の方はなしとなりました。

 その代わりと言っては何ですが、日中にちょいと本屋へ出かけ、無線関係の雑誌を探したりしましたが、その前にちょいとバイク関係の雑誌を見ていると目に止まったのが「モーターサイクリスト」の7月号。
 しかも本体ではなく付録の方です・・・。そのタイトルは、

 Honda Super Cub Touring Book
 (ホンダスーパーカブ ツーリングブック)

 私にとって、なんというタイムリーな企画! もちろん買いましたよ\(^^)/。

190623-01.jpg

 ネタバレになるので記事の内容については述べませんが、ますますカブの魅力に取り憑かれてしまう内容です(^^;)。
 110ccや125ccのカブは運転するのに小型二輪免許は必要ですが、車体価格は30万円前後(機種による)で維持費も低い。それでいてキャンプやツーリングなど大型バイクと同等の楽しみ方もできる・・・。なかなかのバイクです。
 これまでは、走行しているところを見かけてもあまり気に留めなかったカブですが、最近は気になりますね。

 それにしても・・・。「モーターサイクリスト」を購入したのはものすごく久しぶりです。

モーターサイクリスト 2019年7月号
モーターサイクリスト 2019年7月号
posted by GECKO at 20:46| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

ホンダ スーパーカブ110 も欲しくなる!

 梅雨に入り蒸し暑く、ゲリラ豪雨が油断できないシーズンになりました。
 このブログでは、このところバイクの記事も書いたりしていますが、バイクでの遠出もこの時期は注意が必要です。 

 以前に「なかなかいいですね! ホンダ クロスカブ110」なんて記事を書いたりして、その後もカブに関する動画を見たりしています。
 そこで感じたのは「ホンダ カブ」に関する投稿動画の多さ。この110ccという小さなバイクに魅了されている人は結構多いのですね。
 そんな中、つい先日、通勤時間帯に「スーパーカブ110」とすれ違いました。「ストリート」でも「プロ」でもなく「無印」(ビジネス)で、色はメタリック系のブルー。フロントフェンダーに白い帯があったので110ccの方です。
(スーパーカブは50ccもありますね)

 「クロスカブ110」もいいですけれど「スーパーカブ110」もいいですね。伝統的なカブのスタイルと価格の低さが魅力的です。

・・・恒例の動画です。

 ----- スーパーカブ110に興味が湧く動画 by GECKO -----
 大阪モーターサイクルショー2018 ←いいねぇ
 新型スーパーカブ50/110試乗インプレ ←ご存知、小林ゆきさん
 「カブで行こう」スーパーカブ110(JA44) ←エンジン音が良い

 ----- 番外編----- (スーパーカブ110ではありませんが)
 アクセルターン(CT110) ←こんな芸当も!
 アクセルターンは、スーパーカブ110では難しいのでしょうけれど・・・。

 という訳で今回もバイクネタでした。
 最近は、バイクの記事で他人の動画ばかり紹介しています(^^;)。自分は?・・・いやいや動画を撮るなんてとてもとても。

posted by GECKO at 22:48| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

実はバイク乗りだったりする。

 この時期、バイクがいいですねぇ〜と、言いたいところなのですが、この猛暑だと暑いですね・・・(++)。

 そんな中、バイクネタです。
 今更感がありますが、実はGECKO(私)はバイク乗りです。アマチュア無線と同じで免許歴だけは長いのですが、うまく乗りこなせているかはかなりの疑問がありますが(^^;)。
 写真は、長野県へツーリングに行った時のもので「道の駅 信濃路下條」で撮影したものです。自慢できるようなバイクではないので、ポスタリゼーション処理でごまかしています・・・Hi.

190525-01.jpg

 最近はいわゆるSS(スーパースポーツ)バイクも人気があるようですが、私のバイクは昔ながらのネイキッドタイプ。エンジンは直列4気筒(インラインフォア)、冷却方式は本田宗一郎さんがこだわり続けた「空冷」です\(^^)/。
 性能こそ水冷エンジンに軍配が上がるのでしょうが、空冷エンジンはあの造形美が特徴的で、個人的にはそこにこだわっています。

 厳しい排ガス規制で空冷エンジンが姿を消していく中、いまだ CB1100 のようなバイクを世に送り出しているホンダはすごい!
 あと SR400 を復活させたヤマハも偉い!(←上から目線)
 女性ライダーがSR400を走らせるプロモーションムービーもグット!
 空冷エンジンは乗用車(四輪)ではなくなってしまったので、バイクの空冷エンジンはこの先も残って欲しいところです。

 ということで、とりとめのないバイクの紹介でした。

 ・・・それにしても、この暑さはバイク乗りにはつらいところです。(なんて言えるほど乗ってませんが)

posted by GECKO at 20:35| Comment(2) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

ライディングブーツを新調!さてどこへ行く?

 いよいよブログのカテゴリーをバイクに変えたほうが良いのかな?と思うほど連続しているバイクネタです。今回もご多分にもれず・・・。

 長年愛用していたライディングブーツが老朽化、新しいものを購入しました。

 現在使っているものは10年近く前に購入したもので、チェンジペダルを操作するつま先部分は本皮であるものの、それ以外は合成皮革のもので、経年劣化で合成皮革の部分が傷んでしまいました。
 やはり合成皮革はそれなり・・・ですね。

 ブーツもいいもの購入すれば「一生もの」なのかもしれませんが、そもそも私の場合はバイクに乗る頻度が低いので価格はそこそこのものにしました。
 シューズタイプも考えましたが、やはりブーツタイプの方がライダーとしての雰囲気があるかな?と思い、今回もブーツです(^^;)。それ以外にはブーツの利点として、万一の転倒時にくるぶしを守るという役割があります。

 そして、購入したのはこちらでです。

190429-01.jpg

 「ライディングブーツ」でググると、ヒットするブーツの中には靴紐タイプもあります。しかし、個人的には靴紐タイプは安全性の面で疑問を感じています。
 というのも、靴紐がチェンジペダルなどに引っかかる可能性がある・・・と感じるからです。
 もっとも、靴紐タイプはそのあたりは考慮されてはいるようですが・・・。

190429-02.jpg

190429-03.jpg

 そして、色はブラックではなくブラウン。・・・これは好みによるところが大きいですが(^^;)。ウェアがレッド系なのでそれに合わせました。
 どっちにしても私は、ジーンズの裾をブーツの上に出す(ブーツを隠す)ので、ブーツの大半は隠れてしまうのですがね。

 内側にジッパーが付いていて、履きやすいです。

190429-04.jpg

 背は高い方ではないので、厚底ブーツで脚長アップが望ましい(^^;)のですが、厚底ではありません・・・。

190429-05.jpg

 ついでにグローブも新調したのですが、こちらはまたの機会に・・・。
 このゴールデンウィークには、バイクでちょいと遠出したいところです。無線そっちのけ状態は続くのです(^^;)。

posted by GECKO at 23:20| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

普通二輪(小型限定)のAT限定免許が最短2日で取得可能!

 ゴールデンウィークになりました。しかしアマチュア無線の移動運用の予定はさっぱりない状態です・・・。
 「ALL JA コンテスト」も不参加、自分の中のアマチュア無線運用が、わりと危うい状況。ゴールデンウィーク中には一度くらい移動運用したいところですが、そんな状況なので、無線運用の記事はなし・・・。

 そこでバクネタです。すみません(^^;)。

 モンキー125のショックから始まったバイクネタですが、いろいろ調べていると、なんと、普通二輪(小型限定)のAT限定免許が最短2日で取得できるようになっている!ではありませんか。

 これから梅雨入りまでと、晩夏〜初冬は、バイクにとっては最高の時期です。
 免許のない方は、普通二輪(小型限定)のAT限定免許を取ってみてはどうでしょう・・・。

 という、おせっかいな内容でした・・・。


posted by GECKO at 22:09| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

なかなかいいですね! ホンダ クロスカブ110

 またまたバイクネタです(^^;)。ブログのカテゴリーを変えた方がいいのかも!?

 先日のモンキー125との遭遇の電撃ショックから立ち直れず(^^;)、それ以降、関連するサイトを渡り歩いています・・・。

 そこで気づいたのは、モンキー125以外にも、125cc以下のバイクには魅力的なバイクがたくさんあるということ・・・。今更ながらの発見でした(^^;)。
 その中の一台が、ホンダの「クロスカブ110」。なかなかかっこいいというかシャレているというか・・・。中でも「クラシカルホワイト」がいいと思っていたら、6月には「くまモンバージョン」も販売されるようで・・・。

 クロスカブの他、ホンダの「カブ」と呼ばれるバイクの変速機は、ロータリー式でクラッチ(レバー)なしの自動遠心クラッチを採用しています。これまでに乗ってきたバイクの変速機はクラッチ(レバー)のあるリターン式ばかりですので、ちょっと戸惑いそうです。
 ロータリー式はシフトペダルを下げるとシフトアップするので、リターン式の逆ですね。それとクラッチ(レバー)がないのも、違和感がありそう・・・。
 でも慣れれば、人間工学的にはいいのかもしれません。

 かつて四輪車で、恐る恐るAT車に乗って(^^;)、クラッチペダルがない(左足を使わない)ことに、なかなか慣れなかったことを思い出しました。
 (MT車世代なので・・・)

 ・・・恒例の動画です。

 ----- クロスカブ110に興味が湧く動画 3選 by GECKO -----
 クロスカブ納車 ロータリーチェンジに戸惑うおっさん ←語りがグッド!
 ホンダ クロスカブ110 試乗インプレッション ←エンジン音がいい(後半)
 【新型クロスカブ110】試乗インプレ編! ←グッジョブ!

 春になり、バイクにいい季節になりました。
 春のこの時期と秋の紅葉の時期はとても心地良いし(春は花粉さえ飛んでいなければ更に)、バイクは渋滞もあまり関係ない・・・。大きなバイクもいいですけれど、小さなバイクでトコトコ走るのもいいですね〜。

 いやはや、欲しくなるばかり・・・。
posted by GECKO at 22:09| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

これは乗りたい! ホンダ モンキー125

 前回に続き「モンキー125」ネタです(^^;)。

 まずはモンキー125に関するネット動画の紹介です!(オーナーさん TNX)
 いやぁ、乗りたいねぇ〜。

 ----- モンキー125に乗りたくなる?動画 3選 by GECKO -----
 Honda Monkey125 First Ride WEB Mr. Bike ← メーターがウィンク?
 ホンダ「モンキー125ABS」 試乗インプレ! ←グッジョブ!
 モンキー125で秋ツーリング ←気持ちよさそう

 昨日目撃したのは「バナナイエロー」でした。これがまたなかなかモンキーにお似合いの色でして・・・。わりとご年配の方が乗っておられましたが、単気筒エンジン独特のトコトコとした心地よい音を発していました。
 エンジンは空冷4ストロークOHC単気筒で9.4馬力(PS)。総排気量は124ccで、内径×行程 (mm)は52.4×57.9。内径より行程の方が長いロングストロークなんですね。高回転よりもトルク重視だと思われます。
 トランスミッションは4速リターン式(マニュアル)。オートマ(CVT)でなくて良かった・・・(^^;)。もっともスクーター以外でオートマは見かけないですがね。
 そして定地燃費値は驚愕の71.0km/L!。素晴らしいです。
 スペックはこちら。 

 でもちょっと気になるところが・・・。125ccだけれども乗車定員が1人であること。タンデム走行はできません。
 (ちなみにApe100は2人乗り可能でした)

 ちなみにこのモンキー125は、ABS非搭載車だと、メーカー希望小売価格(消費税込み)399,600円ですね。ちょっと簡単には手が出ません(++)。

 でも欲しくなるバイクですねぇ〜。
posted by GECKO at 22:08| Comment(2) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

ホンダ モンキー125

 少し寒い一日となりました。午前中から遠出をしていてアマチュア無線の運用はなしでした。

 このブログはアマチュア無線をメインに取り扱っている(つもり)ですが、このところアマチュア無線以外のネタを展開しております。
 今回は、本日遠出をした際に、とある道の駅でホンダの「モンキー125」の実車をみて痺れた!という話です・・・。

 いやぁ、痺れました(^^;)。ビリビリと電気が走りましたよ・・・。




 バイク乗りの方はご存じのことと思いますが、ホンダの往年の50ccのモンキーは生産終了となり、その後125ccとなって復活したのは周知の通りです。

 125ccのモンキーの実車は見たことがなかったのですが、実車をみて痺れました。小さいのにその存在感がすごかったです。これはもう買うしかないな!的な・・・(^^;)。
 50ccから125ccとなったことで、一気に道路交通法上の制限がなくなることも大きなメリットですね。

 ・・・ツーリングだけでなく、通勤にもいいかも?

 といいつつ、結局は買わない(買えない)自分がいます・・・(^^;)。
 高価なリグと同じです。
posted by GECKO at 23:55| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする