toppicture-block_r.jpg

2018年02月17日

CentOSでファイル同期型のストレージを構築

 わりと暖かい一日となりました。
コンディションの方は春に近づいているのでしょうか。夕方にはJT65で少し交信できました。

 以前にサーバーを入手したという記事を書きましたが、その後このサーバーにはCentOSの6をインストールして、ownCloudというファイル同期型のストレージとして稼動させています。

 これがもう、なかなかの優れもので・・・(^^)。

180217-01.png ownCloudは、Dropboxに似たファイル同期ができるストレージ環境を構築できるソフトウェアです。
 簡単にいうと、自分のPCの特定のフォルダーにファイルを保存(更新)すると、同じものがownCloudに同期され、複数のデバイス(Win,Mac,iOS,Androidなど)で共有できるというものです。
 ownCloud自体はフリーソフト(有料版あり)なので自前で構築すれば費用はかかりません。
 自前のサーバーにインストールして構築できるというところがDropboxとは大きく異なるところで、自前のサーバーであればディスク容量も大きくできますし、サーバーをLAN内に置くことが可能です。
 むろん、インターネット上のVPSなどに構築すれば、自分だけのファイル同期が可能なオンラインストレージがクラウド上に構築できます。

 ownCloudのサーバーが構築できたら、まずはサーバー側で利用するユーザーを登録します。
 次にownCloudでファイル共有したいデバイス用のクライアントソフトをダウンロードしてインストールします。

180217-02.png

 Windowsの場合、インストール後にownCloudのサーバーで登録した情報を設定すると「ownCloud」というフォルダーがユーザーフォルダーの下に作成されます。このフォルダを開き、その中に同期したいフォルダを作成しファイルを保存します。
 保存(更新)するとすぐにサーバーと同期が始まり、同期が終わるとフォルダまたはファイルのアイコンの左下に緑色のマークが付きます。

180217-03.png

 ownCloudのサーバーにログインすると、デバイス側と同じディレクトリやファイルを見ることができます。これらはデバイス側と同期されています。

 デバイス側でファイルを更新すると、更新前の状態をサーバー側で保持します。うっかり上書きしてしまった時は更新前の状態を取り戻すことができます。(履歴は削除するまですべてを保持します)
 またデバイス側でうっかり削除した場合も、サーバー側ではゴミ箱に保持しますので、同様に取り戻すことができます。

180217-04.png

 デバイス側は「ownCloud」フォルダーの中にファイルを保存していますので、オフラインの状態でもファイルを更新(作成)することができます。
 その場合は、ownCloudのサーバーにアクセスできるような状態なると同時に自動的に同期されます。

 ちなみにCentOS(Linux)のインストールはGUI環境を外して非GUI環境としました。そのおかげでメモリの消費も350MBほど(2GBのメモリでも余裕!)で、OSのHDD消費も1.7GB程です。
 いやはや軽い軽い!さすがはLinux。いまのところ重たい感じはないですが、複数のファイルをownCloudで同期した場合にどれくらい重たくなるかは検証が必要ですね。

 という訳で、ちょっとマニアックなownCloudの構築の記事でした。

posted by GECKO at 22:16| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

入手したPCサーバーのスペックなど。

 本日も無線運用ゼロでしたので、昨日に続いてサーバーネタです。
 (昨日の記事で無線はゼロと書きましたが、1交信だけありました)

 さて、入手したサーバーですが、スペックは以下の通りです。
 ・CPU : Athlon2 Neo 1.3GHz
 ・RAM : 2GB(2,048MB)
 ・HDD : 250GBx2 (RAID1構成)

 ハードディスクはSeageteの SATA 250GB 7,200RPM を2本搭載していますが、RAID1(ミラーリング)構成なので全体容量は250GBです(^^;)。
 昨今のファイルの巨大化にあっては少々少ないですね。
 ユーズド品なのでハードディスク自体の故障も少々心配。1TBくらいのものに交換したいところですがね。まあ気が向いたらということで。

180204-01.jpg

 あとCPUの速度は年式からみて致し方ないところ、RAMが2GBというのも昨今のデスクトップPCやノートPCよりも少ないですね。ただインストールするOSがCentOSであることと、それ自体を操作して作業する訳ではないサーバーとしての用途から見た場合、2GBが少ないのかどうかは検証が必要です。
 とりあえずRAMの増設はなしです。

180204-02.jpg サーバーとしての静音性ですが、これは少し?です。
 ファンが大きいのでとても静かなのは確かですが、いつも使っているhpのデスクトップPC(pavilion)があまりに静か過ぎるので、これと比べた場合、耳を凝らすと少しファンの音が目立ちます。それでもかなり静かであることは間違いありません。
それにしてもpavilionはどこまで静かなのでしょう(^^)。

180204-03.png このサーバーにはCentOSをインストールします。
 Linuxのディストリビューションのひとつですが、サーバー用途としての情報も多いことが理由です。
 またLinuxは最小インストールをしておいて、必要なサーバー機能を順次追加していくという構築ができるので、本当に必要な機能だけを稼動させることでスペックの低いサーバーでも結構いける!というのも理由です。

 ということで、サーバー構築ネタは続きます・・・。
 あまり期待しないで下さい(^^;)。

posted by GECKO at 19:38| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

シャックにPCサーバーを導入!

 このところの寒さが和らぎ、少し暖かい日となりました。しかしコンディションの方はよいとは言えず、無線はゼロの日となりました。
 そろそろ春のコンディションになることを期待しているのですが・・・。

 さてそんな中、先日、PCサーバーを入手しました。
 過去には古いデスクトップパソコンをサーバーに仕立て、ファイルを保存したりしていたこともありましたが、今回入手したのはサーバー機です。180203-01.jpg
 入手したのはヒューレット・パッカードの「ProLiant MicroServer」です。
 現在は生産終了しているモデルで、5年くらい前のモデルです。既に後継機と思われるモデルが発売されています。
 古いモデルですが格安で入手できました。スペックはそれなりですが(^^;)。
 当時のこんな記事があります。

180203-02.jpg 現在はクラウドサービスも充実していて、個人の電子ファイル(写真など)はクラウドへアップロードして管理するというのが主流になってきていますが、そこをあえて手元にサーバーを置いて集中管理しようというものです。
 これはもうマニアックな世界としかいいようがありません(^^)。
 インストールするOSはCentOS。デスクトップPCのようにキーボートとマウスを使っていろいろなソフトを使う訳ではありませんので、それほどスペックは要らないと思います。

 DVDドライブも搭載していますが、CentOSはUSBメモリからブートして、インターネットからOSをインストールできますので必要ありません。
 とかく故障しやすいDVDドライブは搭載していない方がシンプルだったりしますが、これは致し方ないところ。

 サーバー機なのでむろんハードディスクはRAID構成になっています。ここは通常のデスクトップPCとは大きく異なるところです。
 方式はRAID1(ミラーリング)です。
 写真のように4本のSATAのHDDをセットすることができます。簡単に取り外し・挿入ができます。

180203-03.jpg

 そしてサーバー機なので騒音も気になるところですが、このモデルは大きなファンを搭載していてとても静かです。180203-04.jpg

 小型なので置き場にも困りません。写真のよう足元に置いてみました。
 サーバーとして完成すればキーボードは要らないのですが、とりあえずOSのインストールや設定のために必要となるキーボードを取り付けてあります。

180203-05.jpg 
 またOSのインストールや設定にはモニタが必要ですので、片付けてあった17インチのTFTモニタ(なんとスクエア型)も出して接続したりしています。なんだかんだで場所を取っています。完成すればモニタも撤去ですね。

 クラウドを使わず、ローカルエリアネットワーク内で単にファイルを集中管理して複数のパソコンで共有するということであれば、ネットワークストレージを使う方法が手っ取り早いと思います。
 そこをあえてサーバーを構築して管理するというマニアックな世界へ突入です・・・(^^;)。

 経過は改めてということで・・・。

posted by GECKO at 20:05| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

フォトレタッチソフトの紹介

 とても蒸し暑い日となりました。コンディションもよくなかったので無線なしの日となりました。そんな状況なので、今回は「フォトレタッチソフト」について少し・・・。

 私はかれこれ20年近く「GIMP」(ギンプ)というフォトレタッチソフトを使っています。ご存知の方も多いかも知れません。
 このブログに掲載する写真は、もちろんGIMPを使って加工しています。
 GIMPがどのようなフォトレタッチソフトであるかはググっていただければたくさんの情報が見つかりますが、フリーソフトでありながらとても多機能です。むろん誰でも使うことができ、日本語版も用意されていますし、日本語による説明サイトもたくさんあります。
 私は現在、Windows7で「GIMP 2.8」(正確には2.8.18)を使っています。170729-01.png

 このソフトに出遭ったのは20年位前のことです。
 ちょうどLinux(リナックス)というUNIX系のOSが流行り出した頃で、もともとUNIX好きの私は、当時のDOS/Vパソコン(死語!)にLinuxをインストールして動作させたりしていましたが、その時にLinuxのGUI環境にこのソフトがバンドルされていたのです・・・。当時のバージョンは1.xでした。

 余談ですが、当時はLinuxを「ライナックス」と呼ぶ人も多かったです。私もライナックスと呼んでいましたが、いつの間にか業界では「リナックス」が定着しましたね・・・という古い話はさておき。

 少しGIMPを使ってみてびっくり!もともとフリーソフト(オープンソース)文化が根付いていたUNIX(Linux)の世界では、こんなFBなソフトが無料で使えるのかと感動したものです。
 むろん当時のパソコンではスペック不足で高速には動作しませんでしたが。

 そしてしばらくするとWindowsにも移植(←この表現も死語?)されていることが判明し、早速、使い慣れた当時のWindows2000にインストールしましたが、まだ当時のWindows版は動作が不安定でよくフリーズしたものです。その後は改善がなされ、現在のWindows版はとても安定して動作しています。

 ところでなぜこのような記事を書いたかと言いますと、本日、ちょっと大き目の書店にいったら「できるクリエイター GIMP 2.8 独習ナビ」なる書籍を見つけ購入したからです。170729-02.jpg

 実は長年GIMPを使っていますが、実のところまったく使いこなせていないという現状でしたので、目に止まったこの書籍を思わず購入してしまいました。
 使いこなせていない・・・というよりは、使いこなす必要がない、というのが実際のところですが、これまでに撮影した膨大なデジタル写真がありますので、いろいろ加工すると面白いかな?という興味によるところが購入した理由です。(たぶん三日坊主です)

 カメラで撮った写真をトリミングしたり、リサイズしたり、Exif情報を削除したり、という程度の加工であればもっとシンプルな画像加工ソフトで十分です。
 しかしもう少し高度な加工がしたいという方は、高機能な「GIMP」をぜひ使ってみて下さい。Mac版も存在するようですね。

 さて、それでは書籍に沿って勉強を始めるとします。

posted by GECKO at 21:04| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

Happy Hacking Keyboard Professional2(HHKB)を使ってみる。

 暖かい日となりました。しかしコンディションは相変らずですね。
 夕方に14MHz帯をワッチしましたが、CWで台湾が入感、JT65ではEUが-20dB程度の強さでスイスなどが入感していましたが、コールせずじまいとなりました。いやはや・・・。

 そんな訳で、前回に続きキーボードネタの第2弾です!

 今回紹介するのは少し前に購入した、PFU社の「Happy Hacking Keyboard」シリーズの「Professional2」モデルの 白色(英語配列)です。170325-01.jpg
 「ハッピー・ハッキング・・・」怪しげな名称ですが、このキーボードは少々高額・・・いやかなり高額(^^;)なので、購入にはかなり思い切りが必要です。
 それでいて独立したテンキーもなくファンクションキーもないので不便極まりない?キーボードですが、それを以ってしても購入する価値のあるキーボードだと個人的には判断したためです。

 どんなキーボードかは「HHKB」などでググってみて下さい!

 購入にあたっては、墨カラーの無刻印モデルにするか、刻印ありモデルにするか。また日本語配列モデルにするか英語配列モデルにするか・・・結構悩みました。何しろ高額なキーボードなので・・・。

 まずキー配列については英語配列モデルにしました。
 というのも日本語配列モデルはキーが多すぎて見た目があまりかっこよくありません(個人的見解ですが)。
 見比べてみて下さい。日本語配列モデル 英語配列モデル
 結構、見た目で選ぶ性格なのです。しかしこれが後に仇となることに・・・。

 次に無刻印モデルか刻印ありモデルかについて。
 日本語配列ならばともかく、英語配列は記号などのキーの位置が日本語配列とは異なります。よって、ローマ字日本語入力はほぼ問題ないもものの、記号を入力する際に指が迷子になること必至です(^^)。よって刻印ありモデルにしました。しかも白色で。

170325-02.jpg

 使用感については、パソコンに付属してきたメンブレン式の安価な(失礼!)キーボードとは明らかに違うことは、キー入力した瞬間に実感できます。
 いわゆる「メカニカルキーボード」とも違う独自のタッチだと思います。
 キーのガタつきも少なくカタカタと心地よい音と共に軽快に入力できます。異次元のタッチ・・・というのは大げさですが、タッチは素晴らしいの一言です。
 キーボードなんてどれも同じ、980円のキーボードで十分・・・という考え方が間違っていることを実感できます。
 (動画サイトでもこのキーボードを紹介した動画がたくさんあります)
 造りもしっかりしていて、電鍵と同様に一生モノになるかも知れません。

 ただ英語配列なので、記号のキーの場所の違いは日本語配列に慣れきった指先だと結構大変です。特にカッコ「()」はキーひとつ分ずれていますし、アスタリスク「*」もまったく位置が異なるので要注意です。
 無意識に右小指で「*」をパンチしたつもりが「’」が表示されてしまいます(++)。英語配列はまだまだキーボードを見ないとパンチできません。
 もし英語配列の無刻印モデルを購入していたら、恐ろしいことになっていたと思います(^^;)。
 ちなみに英語配列キーボードをWindows7で利用する場合は、OSのキーボードの設定を変更する必要があります。メーカーからは簡単に切り替えできる「切替ツール」がダウンロードできます。

170325-03.jpg

 結局、購入はしてみたものの、いまだに使いこなせない自分がいます。
 キーの数が少ないので、109日本語キーボードなどでは単独で存在する多くのキーが「Fn」キーと同時押しで実現することになります。これは慣れるまではキー入力速度と正確さにおいて大きなネックになります。

 ただでさえ少ないキーに苦労しますが、英語配列に慣れない者が英語配列モデルを購入したことが輪をかけています。無謀な選択でした。日本語配列の刻印ありモデルにしておけばよかったかな〜と思うこともありますが、これから慣れていくしかありません(^^;)。
 日本語入力がメインなので、やはり日本語配列かな?と実感しています。

 という訳で、新しいキーボードの紹介でした。

posted by GECKO at 20:52| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

パンダグラフ式キーボード「SKB-SL20BK」を使ってみる。

 寒い一日となりました。コンディションは相変らず良くない状況です。そんな中で本日は、7MHz帯のRTTYで1局とJT65で2局のみの交信となりました。

 コンディションも悪く交信ネタもないので、今回はキーボードネタです(^^;)。

 個人的にはパソコンのキーボードには多少のこだわりを持っています。仕事がら・・・というのもありますが、コンピューターと人間を繋ぐ重要なインターフェースだからです。
 自宅では、HP(ヒューレットパッカード)のデスクトップPCを使っていて、これに付属品として付いてきたキーボードを主に使っています。
 いわゆる「メンブレン式」のキーボードです。
 付属品のキーボードには粗悪(失礼!)なものも多いですが、このHPのキーボードのタッチがわりと自分に合っていたのでメインのキーボードとして使ってきました。しかしどうにもシックリこないところもあったので、ノートパソコンなどに採用される「パンダグラフ式」のコンパクトなキーボードをデスクトップPCでも使用したいと思い、先日購入して来ました。サンワサプライの「SKB-SL20BK」というモデルです。170122-01.jpg
 キーボードには主に「メンブレン式」「パンダグラフ式」「メカニカル式」「静電容量無接点方式」があります。それぞれの方式の構造や特徴は詳しいサイトで確認下さい。
 パンダグラフ式はノートPCによく採用されれていますが、簡単にいうと、キーのどの部分を叩いても違和感がなく、ストロークが浅いことが大きな特徴です。
 今回はできるだけ小型のパンダグラフ式にしました。(というかショップでたまたま見かけたというのが実態です・・・Hi)。

170122-02.jpg

 こんな感じのキーボードです。ノートパソコンさながらのキーボードです。
 ストロークは浅いです。
 実際に叩いてみると、ノートパソコンのような感じですが、フルサイズのキーボードとキーの大きさはほぼ変わらないので、ホームポジションから指が迷子になることはありません。確実に指が目的のキーを捉えます。

170122-03.jpg

 正面を斜め上から見るとこんな感じです。とても薄いです。このスタイルはなかなか気に入っています。
 しばらく打ち込みをしてみましたが、最初はやはりメンブレン式とのストロークの違いに違和感を感じたものの、すぐに慣れて快適に打ち込みできるようになりました。

170122-04.jpg

 デスクトップPCに付属のメンブレン式のキーボード(下)と今回購入したパンダグラフ式のキーボード(上)を並べたところです。大きさの違いが実感できると思います。
 ここまで小さいと、マイキーボードとして持ち歩くことも可能です。打ち難いキーボードのノートPCへ繋いで使う事もできます。
 しばらくはこのキーボードで打ち込みしてみようと思っています。

 ・・・という訳で、キーボードのネタでした。

posted by GECKO at 19:42| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする