toppicture-block_r.jpg

2019年09月15日

中部「道の駅」スタンプブック へ久しぶりにスタンプゲット!

 とても暑い一日でした。コンディションはあまり良くないようで無線運用はなしとなりました。無線のネタに窮していますが、アマチュア無線には関連が深い「道の駅」に関する記事です(^^;)。

 中部地方の方ならご存じ!(でもないのかな?)この地方には 中部「道の駅」スタンプブック なるものがあります。
 写真は私が所有するものです。古いバージョンなので、前述のリンク先にあるものとは異なります・・・。

190915-01.jpg

 あちこちの道の駅を回ってスタンプを集めていましたが、途中であきらめて放り投げてありました(^^;)。その間、スタンプブックに載っていない新たな道の駅がオープンし、いよいよやる気がなくなっていました(^^;)。

 中部なので愛知・岐阜・三重・静岡に加え、長野の南部の道の駅が対象になっています。愛知・岐阜と長野南部はそこそこスタンプをゲットしていますが、三重と静岡はかなり未ゲットの道の駅が残っています。

190915-02.jpg

 先日、このスタンプブックの存在を思い出し、その後に「道の駅もっくる新城」へ行く機会があったので持っていき、もの凄〜く久しぶりに新たにスタンプをゲットしました。
 私のスタンプブックには掲載されていない新しい道の駅で、そういった場合は「追加スタンプブック台紙」から台紙イメージをダウンロードして印刷すればよいのですが、台紙を印刷していないので、余白に押したというマヌケです。
 スタンプ台のインクが少なく、薄っすらとスタンプされました(++)。

190915-03.jpg

 静岡はまだこんな状態・・・。この秋に時間があったらゲットしに行きたいと思います。

190915-04.jpg

 アマチュア無線とは関連が深い道の駅に関する記事でした。
 道の駅Get'sより攻略が難しいかも!?

posted by GECKO at 19:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

アナログレコードを引っ張り出しました。

 このところ、このブログの記事には、バイクが出てきたり、FM/AMチューナーが出てきたり、フィルムカメラが出てきたり、もはやアマチュア無線のカテゴリーを完全に逸脱しています・・・(^^;)。

 アマチュア無線ネタがないので、またしても所有物の紹介です。
 以前には古い携帯電話の記事も書いたりしましたが、今回はアナログレコードです。(以前にQueenが出てきたりしましたが)

190824-01.jpg

 ちょっと訳があって、片付けてあったアナログレコードを引っ張り出してきました。プレイヤーがないので聴くことができないのですが、密かにレコードプレイヤーを購入して聴いてみようなどと画策しております(^^)。
 本筋ではないかもしれませんが、レコードを再生するという目的であれば、PHONOイコライザー内蔵の安価な製品もありますね。

 アナログレコードは「物」としての所有感があっていいです!
 コンパクトディスク(CD)は少し迫力がありません・・・。まあ現在はダウンロードが普及して「物」として存在できなくなってしまいましたが・・・。

 引っ張り出してきたレコードの中で一番古いものをピックアップしてみました。ここでいう「古い」というのは、アルバムとしてのリリース時期の古さではなく「物として古い」という意味です。
 物として一番古いのは以下のレコード盤です。おそらく私が生まれる前のものではないかと推測しています。
 まだアナログプレイヤーを所有していた頃(10年以上前のことです)に、ネット通販で購入したものです。

190824-02.jpg190824-03.jpg


190824-04.jpg

190824-06.jpg

190824-07.jpg

 レコードプレイヤーがなくても、アナログレコードはなぜか手放せません。CDはすっかり売り払ってしまいましたが・・・。
 そしてレコードプレイヤーも欲しくなってしまいます。物欲は止まりません(^^;)。

 ということで、とりとめのないアナログレコードの紹介でした。

posted by GECKO at 22:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018年のGECKOのおすすめベスト3

 ついに大晦日になってしまいました。
 昨日の記事に書きましたよう、2018年はアマチュア無線活動においては、著しいアクティビティの低下がありました。
 その代わりといっては何ですが、アマチュア無線以外でおすすめしたい、
 「2018年のGECKOのおすすめベスト3」
を紹介します。

181231-01.png

(第3位)「ボヘミアン・ラプソディ」とクイーン
 年末に観た映画「ボヘミアン・ラブソディ」には感動しました。クイーンというバンドを知らない方でも、映画として楽しめるものではないかと個人的には思います!
 私はこの映画を観て過去のクイーン熱が再燃してしまいまして、クイーンのアルバムを聴き漁っている毎日です(^^;)。これからクイーンを聴こうという方はこの映画のサントラ盤などから入られるのがよろしいかと思いますが、機会があれば「クイーンU」(2ndアルバム)をおすすめします。ちょっと重たいアルバムかもしれませんが。(→記事へ

(第2位)Linux Mint
 もしスペックが低くてWindwos10が動かせないようなPCがありましたら、ぜひ「Linux Mint」をインストールしてみて下さい。一昔前とは違い、まるでWindowsをインストールするほどの手軽さです。デバイス関係もほとんど自動認識します。
 特に Linux Mint の「Mate」というデスクトップ環境はとても軽く快適です。最近はウェブサイトの閲覧やブログ投稿などは Linux MInt ばかり使っています。Linuxの世界への第一歩としておすすめのディストリビューションです。(→記事へ

 そして、栄えある第1位は、

(第1位)レーダー級海上特殊無線技士
 プロの無線の免許を取得(むろん実際に業務に就く訳ではなく、腕試しの位置づけで)されたい方におすすめするのが「レーダー級海上特殊無線技士」です!
 難易度は高くなく(無線関係のプロの資格ではもっとも低いと思われます)、数字の「?級」ではなく「レーダー級」という名称なので、心得のない人にはかなりすごい免許だと思われること請け合い(^^;)です。(嘘です)。また多くの無線の免許の下位免許なので、この免許を単独で持っているという人も少ないように思われるため、レア度も高いのでは?と思います。(→記事へ

 という訳で、2018年のGECKOのおすすめベスト3でした。
 本年の後半は、アマチュア無線とはかけ離れた記事が多かったです(^^;)。無線ネタを期待してご訪問いただいておられた方もいらっしゃったかも知れません。
 来年も同じような状況になる予感ですが、どうぞよろしくお願いします。
 では良いお年を。

posted by GECKO at 20:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」とアルバム「オペラ座の夜」

 このところ無線の活動が停滞してしまい、このブログの記事も「Linux MInt」だったり「ハーレー試乗会」だったりと安定しません(^^;)。
 まあ笑って許して下さい。今回も無線とは関係ない記事です・・・。

 遅ればせながら、フレディ・マーキュリー(クイーン)の半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。クイーン好きにはたまらない映画ですね。
 なかなか感動しました。
 観ていない人へのネタバレになるので内容については述べませんが、クイーンのギタリストである「ブライアン・メイ」役の役者さんがそっくりで驚きました。グウィリム・リーという俳優さんだそうです。

 私自身は、クイーンは10代後半から20代前半頃によく聴いていました。
 年齢がバレてしまいますが、LPレコードからCDへ切り替わる頃に10代後半を過ごした世代ですので、過去に購入したロックのアルバムはLPレコードとCDが混在していますが、ことクイーンに関しては大半をLPレコードで所有しています。
 残念ながらレコード・プレイヤーは壊れてしまい、現在は手元にないので再生はできませんが・・・。

 クイーンの作品については、個人的には「クイーンU」という2作目のアルバムが好きなのですが、「ボヘミアン・ラプソディ」が収録された4作目の「オペラ座の夜」も好きなアルバムの一つです。この映画を観て、ふと、保管してあるLPアルバムはどうなっているか確認したくなり、物置の中から引っ張り出しました。
 アルバム「オペラ座の夜」を始め、「クイーンU」「シーア・ハート・アタック」「華麗なるレース」「ジャズ」「ライブ・キラーズ」は無事に見つけることができました。
 クイーンのLPレコードが無事に見つかってさらなる感動です。
 ちなみに1作目の「戦慄の王女」はなぜかCDで所有しています。そう、「クイーンU」と「ジャズ」はCDでも所有しています。

 ・・・あれ、前期のアルバムばかりだぞ!?

 クイーンの楽曲の魅力は?と問われるととても答えるのが難しいです。強いて言うなら「分厚い音」とオペラを彷彿とさせた「美しいハモり」でしょうかね。

 さてクイーンの楽曲の評論はさておき(^^;)、今回の映画のタイトルにもなった「ボヘミアン・ラプソディ」が収録されたアルバム「オペラ座の夜」のジャケットの中からライナーノーツやLPレコードを取り出したりしました。LP独特のジャケットの紙の匂いがします。

181223-01.jpg

 なんとか無事だった「オペラ座の夜」のLPレコード。でも残念ながら、いわゆる「帯」がない状況・・・。

181223-02.jpg

 ジャケットは折り畳み式になっていて、開いた中には、収録されたすべての楽曲の歌詞が書かれています。その下には若き頃のクイーンのメンバーの顔写真が載っています。

181223-03.jpg

 ライナーノーツも健在。

181223-04.jpg

 レコード盤の表面も問題なしでした。
 すでにレコード・プレイヤーがないので聴くことができませんが、歴史的価値のあるもの?として今後も保管しておくことにしました。

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」。まだ観ていない人で興味のある方はぜひ!

posted by GECKO at 19:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

ハーレーダビッドソンの展示&試乗会へ

 無線運用もそこそこに、今日は豊田市で開催されていた「ハーレーダビッドソンの展示&試乗会」へ行ってきました。
 もともとハーレーダビッドソン(ハーレー)には興味があって、もう10年以上も前から時々ですが展示や試乗会に行っております。
 実はハーレーには二輪車として興味はあるものの、モデル名にはとても疎く、パパサン(883)やローライダーを知っている程度です。まずはモデル名を覚えなくてはいけませんねぇ。

181222-01.jpg

 開催されていたのは「FREE[ER] CHRISTMAS RIDE in 豊田スタジアム」で、試乗は公道を走行できるというもの。一応ヘルメットなどは持っていきましたが、クローズされたコースならばともかく、一般車が走る公道であの巨大なボディーを倒してしまうリスクを考え、試乗はやめました。←ちょっと後悔(^^;)

 これまでに、他の試乗会で数回ハーレーには試乗していますが、基本的には自動車学校のコースなどを借りて開催されるクローズされたコースでの試乗会がメインです。一度だけ試乗会で、公道でハーレーを走らせたことはありますが。

 大排気量の空冷V型ツインエンジンが放つパワーは強烈で、専門的に言うとトルクが太い・・・という表現でしょうか。ちょっとアクセルを開くと、いやほとんどアクセルを開かなくても太い低速トルクでグイッと引っ張られるトルク感と加速感はハーレー独特のものかも知れません。
 そして走り出すと、もうあのボディーの重さなど全く感じず、スーッと加速していきます。
 V型ツインエンジンが放つ振動もなかなかなものですね。

 会場は老若男女の大勢の人がいましたが、概して年齢層は高いですね。ハーレーだからなおさらなのでしょうが、そんな訳でハーレーの試乗はしなかったものの、展示会で雰囲気だけは味わってきました。
 いつかはハーレーのオーナー?
 ・・・いや、それまでの先は長いのです。

posted by GECKO at 17:58| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

新旧のカーナビの比較(新ナビの気になるところ)

 先日、カーナビを自力で交換しましたが、その後、しばらく新しいカーナビを使ってみての感想です。
 いずれもトヨタ純正の古いモデルで、旧ナビは2004年頃のパナソニックのモデル、新ナビは2012年頃のパイオニアのモデルです。ここでは「新ナビ」なんて表現していますが6年も前のモデルです(^^;)。
 写真の左が旧ナビ、右が新ナビです。

181202-01.jpg181202-02.jpg


 機能や画素数・地図の新旧など、製造年に依存される部分は比較しませんが、ナビ機能については新旧を比較して気になるところがあります。
 
1.案内する女性の音声が変わった
 案内する女性の音声が変わったことは一番違和感があるところです。
 これは慣れの問題かもしれませんが、好みもありますね・・・Hi (^^;)。個人的には旧ナビの音声の方が好みなのですがねぇ・・・。

2.「まもなく左折です」といったアナウンスのタイミングが変わった
 ナビゲーションで右左折が近づいた時のアナウンスが、旧ナビはブレーキを踏んで減速するくらい近づいたタイミング、新ナビはそれよりもかなり前のタイミングであります。
 旧ナビに慣れた体には、新ナビのタイミングはちょっと早すぎて、逆に焦ってしまいます。これも慣れの問題ですね。

3.再検索(リルート)の考え方違う
 ナビの示すルートから外れた場合、旧ナビは最初に決定したルートとは関係なく新たにルートを検索、新ナビは最初に決定したルートに戻そうとする傾向がある・・・ように感じます。これまで使用したところの印象です。
(設定によるものかも知れませんが未確認)

と、こんな具合に気になる違いがあります。

 近年、スマホのナビアプリはたくさん存在します。
 すべて使った訳ではないですが、1については・・・微妙です(^^;)。2については新ナビが、3については旧ナビがスマホアプリに近い動作をします。
(いずれも個人的な見解です)

 ちょっと離れたところへマイカーで行く場合、頻繁に行くところでもナビゲーションをしてみると意外なルートの発見があったりします。こんな行き方もかったのか!というような。
 最近は地図が常に最新のスマホのナビアプリを使うことも多くなりましたが、パケット消費や電源のことを考えると専用機も捨てがたいところがあり、うまい使い分けが重要ですね。

posted by GECKO at 19:30| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

カーナビを交換(自力で)

 晴天の一日となりました。
 今日は午前中から所用で外出していて無線ゼロとなりました。どっちにしても最近は無線運用のアクティビティーが低下しておりますが・・・(^^;)。

 という訳でネタ切れなので、先日、故障したカーナビを交換した時のことを書いておきます。

181117-01.jpg

 故障したのはいわゆるオーディオ一体型ナビで、ナビ機能は正常に動作していたのですがオーディオ機能だけが動作しなくなりました。
 トヨタ純正のカーナビですが、オーディオ機能がないとラジオも聴けずなんとも寂しいので、同じくトヨタ純正の別のモデルを入手、自分で交換しました。
 (写真の奥が旧ナビ、手前が新ナビです)

 ネットでググれば欲しい情報が出てくる時代です。ネットで旧ナビと新ナビの背面図を見つけることができました。
 どちらもトヨタ純正ナビなのでコネクター類の取替や変換は一切不要です。旧ナビの配線を外し新ナビに接続するだけですが、唯一の違いは旧ナビには付いていなかったワンセグが、新ナビでは付いていること。
 ワンセグのアンテナも新ナビに付属していたのですが、ほとんど観ないワンセグのアンテナを車内に張るのはあきらめました(++)。GPSのアンテナは旧ナビのものをそのまま使いました。
 写真の左が旧ナビの配線、右が新ナビの配線です。
181117-02.jpg181117-03.jpg

 話が前後しますが、一番苦労したのは、実はインパネ回りの内張りを外すことでした。オートバックスで「内張りはがし」を買ってきて隙間に差し込んで、気合一発!で外しました。基本的にはすべてはめ込みなので、上手く引っ張ることで外れましたが、一番緊張したところです(^^;)。
 このあたりもネットでググって外し方の情報を入手・・・。いやはや便利な世の中になったものです。

 話は戻りますが、新ナビを取り付けたところで、オーディオが正常に動作するか確認しました。

181117-04.jpg

 ラジオもCDも正常に聴こえました。(ワイルドな写真で失礼!)

 次にナビゲーションシステムの動作確認です。GPSアンテナは旧ナビのものをそのまま使っているので正しく動作するかちょっと気になりましたが、案の定、とんでもない座標を示していました。
 いやはや示しているのは数百キロ離れた場所・・・。

 ちょっとした罠がありました(^^)。

 やはりGPSアンテナがダメなのかな?と思いつつ、マニュアルを見てGPSの電波の受信状況を確認するとなんと「良好」な状態・・・。そこでマニュアルを再度確認すると、「3Dハイブリッドセンサーのメモリーのリセット」をしなければならない様子・・・。
 早速実行するとすぐにナビは現在位置を示しました(^^)。
 その後はナビゲーションをしてみたりしましたが、トンネル内でも現在位置がほぼずれることがないので、車速センサーも正常に働いている模様です。

181117-05.jpg

 最近はスマホを使えば最新の道路マップでナビゲーションができます。ナビもスマホに取って代わる様相ですが、やはりインパネにすっぽり収まるナビは使い勝手がよいですね。
 しばらくはこれで我慢?ですね(^^)。

posted by GECKO at 22:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

EBL iQuick充電器 (USB入力付き)

 天気予報は外れ、暑く晴れた天気になりました。夕方はF層がよく発達していて秋のコンディションを思わせましたが、実はリグのスイッチは入れておらず、イオノグラムからの推測です。
 実際のコンディションはどうだったのでしょうか。

 という訳で無線以外のネタです。今回はニッケル水素(Ni-MH)電池のUSB充電器の紹介です。先日ネット通販でついポチッてしまいました(^^;)。180922-01.jpg
 購入したのは写真のものです。EBL社のiQuickというもの。
 単三と単四が1本から4本までUSB電源から急速充電できるというもので、説明書には「互換性のある電池に対応できます。」とだけ書いてあります。
 純正品ともいえるEBL社のニッケル水素電池は購入しなかったので、まずは手持ちのニッケル水素電池を充電してみようというところです。正常に充電できるのでしょうか・・・。むろん何が起きても自己責任ですね。

 さてこの充電器の実力はどうなのでしょうか。結果は追って・・・。

180922-02.jpg

posted by GECKO at 20:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

CBCラジオ岐阜中継局が閉局になります。

 一昨日からお盆休みに入りましたが、なかなか無線運用できずにいます。
 本日も片付けものなどをしていて無線運用はゼロとなりました。よって無線ネタではありません。

 以前に、CBCラジオ岐阜中継局を見て来たと言う記事を書きましたが、なんと、近々にこの中継局は閉局になるようです。

 詳しくはこちら

 CBCラジオに限ったことではありませんが、このところ中波放送(AM放送)の多くが、補完中継局からFM放送されているようで、CBCラジオでは93.7MHzで放送されています。この電波でカバーできるため、ということのようです。

 当局シャックでも、ポケットラジオで93.7MHzのFM放送を確認すると、とてもクリアかつステレオワイドでCBCラジオが受信できます。もはやAM放送には戻れない・・・そんな感じです。
 その他にはインターネット経由でRadikoでもクリアに聞こえますので、確かにこの中継局は不要かな?とも感じます。

 このアンテナも、閉局後は撤去されてしまうのでしょうか。
 何か寂しい感じがします。

180421-03.jpg

posted by GECKO at 21:21| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

ダイソーのニッケル水素電池「ReVOLTES」

 台風が近づいて曇りの一日となりました。
 本日は午前中にEsが発達していてハイバンドが好調でした。CQは出しませんでしたが、10,14,18,24MHzの各バンドで呼び回りして、1時間ほどで合わせて9局と交信できました。

 ということですが、交信ネタはここまで・・・(^^;)。

 本日は午後に外出する予定がありましたが、そのついでにダイソーに寄ってきました。そこで100円(税別)ポッキリ!の単3型の充電式のニッケル水素電池「ReVOLTES」を購入して来ました。以前に7エリアのOMさんにこのReVOLTESの情報をいただいて初めてその存在を知ったのですが、ネットで確認するとずいぶん前からダイソーで売っているのですね。180728-01.jpg
 専用の充電器も売っていましたが、100円の充電器ってどうかな?(失礼!)ということで、たったの100円ですが充電器は購入せず帰ってきました。エネループの充電器で充電できる模様です。むろんネットの口コミ情報で自己責任になりますが・・・。

 それにしてもニッケル水素電池が100円で購入できるなんて、すごい時代になったものです。性能はこれから確認ですが、既にネット上ではいろいろと実験報告がアップされていて、まずまずの性能のようです。

180728-02.jpg

 エネループと比較してよいのかどうか判断に悩むところですが、エネループが1900mAhであるのに対しReVOLTESは1300mAhとなっておりますので容量はエネループに比べて約3割少ないといったところです。
 容量は少ないですが、用途次第ですね。

180728-03.jpg

 現在、C501ではエネループを使っています。
 いつ充電したか思い出せないくらい長持ちしていますが、このエネループが空になったらReVOLTESに交換しようと思います。

 結果は改めてということで・・・。

posted by GECKO at 18:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする