toppicture-block_r.jpg

2017年01月07日

祝! JT9を初運用

 相変らずコンディションの悪い状況が続いています。
 NYP以来、モチベーションが下がりっぱなしの状況で、本年の幸先の悪い無線運用のスタートを切っていましたが、本日、JT9を初運用することができ、モチベーション向上といったところです。

 JT9の運用にあたり、いつも情報提供くださる7エリアのOMさんにいろいろ伝授いただきました。VY TNX!

 以前から気になっていたJT9。JT65との違いは詳しいサイトをご覧下さい。「WSJT-X」というソフトを使えば、JT9の運用は可能です。
 このソフトはJT65も運用できますので、JT65の運用でもこの「WSJT-X」を利用していればJT9も身近だったのかもしれませんが、「JT65-HF」を利用していたため盲点・・・というか疎遠になっていたと思います。
 設定や操作方法をOMさんにを教えていただき、すぐに運用可能な状況となりました。やはり解っている人に教えていただくと早いですね。TNX!

 設定完了した頃には夕方になっていて、既に3.5MHz帯の国内がオープンし始めている時間帯になっていました。170107-01.png
 OMさんが3,531.00kHz(3.5MHz帯の国内QSO周波数)にてJT9でCQを出されるということでしたので、早速ワッチするとOMさんのCQがいとも簡単にデコードされました。
 少し操作をミスりましたが、コールするとすぐにピックアップいただき、無事に交信成立となりました。レポートは、His-18dB,My-26dBでした。なんとこちらの電波は-26dB。なんとか届いてくれたようです。(画面キャプチャーではバンドが14MHzになっていますが、これは設定変更ミスです)

 そんな訳で、超速攻JT9運用となりました。今後はJT9の運用も楽しめそうです。
 7エリアのOMさん、VY TNX! です。

posted by GECKO at 19:05| Comment(0) | JT9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする