toppicture-block_r.jpg

2016年01月31日

JT65の交信方法

 この土日はJT65ばかり運用していました。
 まだまだキャリア不足ですが、JT65をまだ運用されていない方むけに交信方法の下手な解説を少し・・・。とても楽しいモードなのでぜひ・・・。
 ソフトウェアのインストールやリグとの接続については、他に詳しいサイトがありますのでそちらで確認下さい。
 ここでは交信の手順(ここがイメージが湧きにくいところなので)を簡単に。

 JT65は、1分間隔で送受信を繰り返して交信します。
 すべての運用局が標準時にタイミングを合わせて一斉に送受信するので、まず大前提として運用するパソコンの時計は秒単位で標準時に合わせておく必要があります。そうでないと、送受信のタイミングが他局とずれてしまい交信ができません。

 交信は大体以下のような感じです。

 まず標準時の00秒から約48秒まで受信します。受信が終わるとその間に受信した複数の信号が一斉にデコードされます。
 デコードされると、複数の交信の様子が表示されますが、その中にCQ局があればコールすることができます。コールすると次の00秒から自動的にコールを始めます。
 コールしなければ、引き続き次の00秒から受信に入ります。
 コールした場合は、約48秒まで延々と自局の電波が送信されますが、送信が終わった時点ではピックアップされたかどうかはまだ判りません。
 引き続き次の00秒から約48秒かけて受信することで、自分がピックアップされたかどうかが判ります。ピックアップされると自局の信号強度(dB)が送信されてきます。
 ピックアップされたら、引き続き次の00秒から約48秒かけて相手の信号強度(dB)を送信します。更に次の00秒からは相手から73が送信され、次の00秒からはこちらから73を送信し・・・。といった流れになります。


 基本的にはボタンひとつでソフトウェアが自動的に上記のことをやってくれますが、このように1分間隔で交互に送受信して交信するため1つの交信に6分程度かかります。

 このような特殊な方法で交信を行うJT65ですが、実際に運用してみると、うわさ通りとても弱い電波でも交信できることと、CWでもあまりお目にかかれないような、珍しいエンティティーに遭遇できることに驚きました。

 JT65を運用するためのソフトウェアは複数あるようですが、私は「JT65-HF」を使っています。このソフトウェアについては、こちらに詳しく書かれています。
 まずはリグのオーディオ出力をパソコンのマイク入力に接続して、受信から始めるのも面白いかと思います。ぜひ!

<本日のDX>
14MHz JT65 Alaska
14MHz JT65 Italy

posted by GECKO at 20:01| Comment(0) | JT65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

JT65を始めました。

 とても寒い一日となりました。本日は特に外出する予定がなかったので午前中からリグに向かっていましたが、国内近距離のコンディションはあまりよくない様子・・・。
 そこでJCCサービス局の呼び回りを中断(^^;)し、以前より気になっていた「JT65」の運用を始めるため、重い腰を上げることにしました。

 ラジオテレタイプ(RTTY)の変更申請の際にJT65も併せて申請しているので運用開始は可能だったのですが、なんとなく複雑そうなJT65は先延ばしになっていたのです。

 さてそのJT65の運用ですが、RTTY同様にリグをパソコンに接続し、パソコンに専用のソフトウェアをインストールする必要があります。これらの設定のうち、リグとパソコンの接続はRTTYで使っているI/F(インターフェース)と設定がそのまま利用できました。
 次にソフトウェアですが、最初はネットで見つけた「JT65-HF-HB9HQX-Edition」をインストールしたのですが、なんとなくこのソフトのネット上で情報が少ない感じでした。
 そんな中、ツイッターで、JT65に詳しいOMさんより他のJT65用のソフトと動画サイトの情報をいただき(TNX!)、「JT65-HF」の方がネットの情報が多いようでしたので「JT65-HF」に切り替えました。160117-01.jpg
 インストール後、一通りの設定を行いました。・・・といっても設定するところは少なく、ほとんどデフォルトのままです。
 こちらのサイトがとても参考になりました。

 次にいよいよ運用です。JT65はRTTYとは異なり、受信データをリアルにデコードしないというのが特徴的なところです。正直最初はよく分からなかったのですが、こちらのサイトの情報からなんとなく理解できました。ポイントは1分間隔で送信と受信を繰り返すということですが、そのためにはパソコンの内蔵時計の時刻が秒単位で標準時と一致していないとダメです。
 とりあえずは受信かな?ということで受信を始めることにしました。
 周波数は14,076.0kHz,リグのモードをUSBに設定し受信すると「ヒュルヒュル」といったJT65の受信音が聴こえていました。
 画面を見るとRTTYのままの設定では入力信号のボリュームが大きすぎるようでしたので、ソフト側でボリュームを調整、その状態でしばらく受信していると、画面に複数の交信状況が表示されました(^^)。
 とりあえず受信はOKのようで・・・。

 次に送信ですが、上記サイトの説明に従って、CQを出していたEUの局に出力5Wでコール。1分間でCQ局を確認し次の1分間でコール、更に次の1分間でコールバックを待つ・・・というとても時間がかかるものですが、送信は正しくできているもののコールバックなしの状態が続いていました。
 QRPに強いモードだとはいえ5Wでコールしていましたので30Wに出力をアップ。別の局にコールするとコールバックがあり交信成立となりました。

 そのような要領で何とかJT65で3局と交信。とりあえず交信できた・・・というレベル(^^;)なので、これからもう少し研究しようと思います。
 これはハマりそうです!

<本日のDX>
14MHz JT65 China
14MHz JT65 European Russia
14MHz JT65 Austraria

posted by GECKO at 22:40| Comment(0) | JT65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする