toppicture-block_r.jpg

2019年09月28日

2019 CQ WW RTTY Contest

 雨は降りませんでしたが、とても蒸し暑い一日でした。
 このところすっかりアマチュア無線運用から遠のいていましたが、本日は久しぶりに運用しました。

 ウェブサイトでコンテスト情報を見ると「CQ WW RTTY Contest」が開催されている!ことが分かり、久しぶりのRTTYで呼びまわることにしました。

 夕方。14MHzのRTTYの周波数付近をワッチすると、RTTYが入感していました。このところJT65やFT8を運用する局が多くなりRTTYはすっかり静かになっている感がありましたが、コンテストだとRTTYがにぎやかになり嬉しいですね。個人的にはJT65やFT8よりもRTTYが好きなのです。
 「ラジオテレタイプ」という響きもFBですね・・・(^^)。

 この低迷しているコンディションの中、入感するのはアジアばかりでしたが呼びまわりをして、何とか14MHzと21MHzで6局と交信できました。
 MMTTYの使い方・・・というか、マクロの設定をすっかり忘れてしまっていて思い出すのに苦労しました(^^;)が、問題なく運用できました。
 次々に画面にリアルに文字が流れるRTTYはいいですねぇ〜。他のデジタルモードよりRTTYの方が性に合っていると再認識しました。

 これからもアマチュア無線運用はアクティブに行こう!と意気込んだ運用となりました。

<交信結果>
14MHz RTTY New Zealand
14MHz RTTY Hong Kong
21MHz RTTY Indonesia
14MHz RTTY European Russia
14MHz RTTY Taiwan
14MHz RTTY Asiatic Russia

posted by GECKO at 19:58| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

6m AND DOWN コンテスト でナンバー交換

 この土日は「第49回 6m AND DOWN コンテスト」が開催されました。本日9:00から11:00の2時間ほどですが、コール側のみで参加しました。

 50MHz以上は、地上高が10mほどの50/144/430MHzの3バンドのGPアンテナが1本立ててあるのみ。あまりFBなアンテナではないので、この時点で固定局からの運用は限界を感じてしまいます・・・。
 しかし移動運用する十分な設備もないので、例年通りエアコンの効いた快適なシャック(^^)からの運用となりました。

 リグは、超〜久しぶりのIC-706MKUGです。
 久しく第一線から退き、放置状態でしたが、何とか無事に電源は入りました。長らく使っていないのでSWRレベルの表示方法など忘れてしまい、説明書を引っ張り出してきたという忘却ぶりです・・・。

190707-01.jpg

 まずは144MHzのCWをワッチすると、2〜3局のCQが聴こえていました。このコンテストにあっては毎回、大抵同じような状況です。順次コールしました。
 これまでに交信したことのある局が多いですが、その中で3エリアからのCQを見つけました。ハムログでチェックすると、なんと2010年に7MHzのSSBで交信いただいた大阪府の局でした。
 144MHzのCWで再会です!
 コンテストナンバーを送って交信は終わりですが、この大阪府のOMさんも同じことを感じられたかもしれません。当時の私はまだCWができずSSBばかりでしたので、特に感慨深いものがあります。
 それにしてもVHFの地上波で大阪府まで届くとは・・・。

 ・・・と感動に浸っていましたが、その後には144MHzのCWで和歌山県と福井県、更には徳島県の局ともナンバー交換できました。
 大阪府で驚いていましたが、さらに遠方の徳島県まで飛んだのは意外でした。
 3バンドのグランドプレーンでも144MHzはよく飛んでいくものですね。もっとも、相手局のアンテナがFBでそれに助けられた形ですが。

 結果、9局とナンバー交換できました。内容は、50MHzが1局,144MHzが7局,430MHzが1局、すべてCWです。短い時間でしたが、何とか参加できたので良しとしましょう!

<本日の結果>
50MHz CW 1局
144MHz CW 7局
430MHz CW 1局

posted by GECKO at 19:33| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

NYP(QSOパーティ)は7MHzのCWで27局

 前回(大晦日)の記事で2018年のおすすめを挙げましたが、今年の年末にはアマチュア無線関係のおすすめの記事にしたいものです。
 そんな訳でアマチュア無線のアクティビティを挙げるべく、一年の最初のNYP(QSOパーティ)にはもちろん参加しました。
 実はステッカーの収集が最たる目的だったりするのですが(^^;)。

 第1日目の9:00からワッチを始めましたがコンディションが悪く、10MHzについては、ここ2エリアでは6エリアや8エリアの局のCQが辛うじて入感している状況で、それにコールするそれ以外のエリアの局はすべてスキップゾーンに入ってしまい、全く入感しない状況でした。
 次に7MHzへQSYするとこちらも同じような状況でしたが、1エリアの局はかすかに入感する程度でした。
 何も入感しない周波数はわりと多くあったのでCQを出そうとも思いましたが、スキップゾーンのエリアの局がその周波数でCQを出している可能性があり、その場合、6エリアや8エリアの局へは混信という形で入感してしまいます。そのような危惧があったのでしばし様子見としました。

 10:00頃になるとコンディションは向上していて、1エリアの局もかなり入感していましたが、案の定この状態だと空き周波数がほとんど見つからない状況でした。何とか下の方で空いている周波数を見つけ、CWで CQ NYP を出したところ意外とコールが続き、50分ほどで27局からコールをいただきました。

 27局と交信したところでコンディションが低下したようで、プツンとコールがなくなりましたのでここで終了しました。ノルマ達成です\(^^)/。
 さっそくステッカーを申請します!
 このようなコンディションでしたが、交信レートは2分に1局程度でまずまずだったと思います。

 第2日目は運用なしでした(^^;)。

<NYPの結果>
7MHz CW 27局

posted by GECKO at 22:58| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

連休のコンテストに参戦予定。

 台風の影響でしょうかとても蒸し暑い日となっています。
 この連休は「JLRS 第47回パーティコンテスト(電信)」と「第39回全市全郡コンテスト」が開催されていますが、参戦するか思案中となっております。

 このところ少し無線から遠のいてしまっていますが、それに比例してモールス符号の聴き取り能力も劣化してしまいそうなので、ランニングとサーチ&ポーズの両方で参戦しようかな?といったところです。

 話は変わりますが、全市全群コンテストというと2010年の初参戦の時のことがいまだに強烈なイメージで残っています。
 当時はまだCWはまったく運用しておらず電話オンリーでしたが、このコンテストでレポートの最後が「H」(100W超)の局が多くいらっしゃることに衝撃を受け、「100W超えで送信できる2アマになろう!」と決心したのです。そして2011年早々に2アマになりました。
 しかしその後は興味はどちらかというと電信(CW)に移ってしまい、結局はそれ以降もレポートの最後は「M」ですが、CWだとわりと低い出力でもOKなので最近はあえて10Wで「L」にしたりもしています。

 話がそれましたが、年内最後のメジャーコンテストなので、ゆる〜く(^^;)、CWで参戦したいと思っています。

posted by GECKO at 21:23| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

FIFA記念局 と ALL ASIAN DX Contest

 晴天で気温もそれほど高くなく、清々しい一日となりました。
 このところ少しばかり無線運用から遠のいていますが、本日は夕方に少しだけ運用しました。本当に少しだけ・・・で、先に結果を述べますと、成果は3局で、7MHzのCW,18MHzのCWとRTTYといったところです。

 この中のRTTYの局は、各国から運用されているワールドカップの記念局の中の1局で香港の局でした。サフィックスは「FIFA」でした。

 WARCバンド以外では「第59回 ALL ASIAN DXコンテスト」が開催されていますが、コンディションが良くないせいか、あまり聴こえてきませんでした。
 このコンテストはナンバーがRST+年齢(YL局は00でもOK)というユニークなもの。7MHzでは59920といった若いオペレーターの局もありました。
 こちらのコンテストではグアムの局と7MHzでナンバー交換しました。もう1局はコンテスト外で、18MHzのCWで8エリアの局と交信でした。

 たった3局なのに「無線をした感」があります。このところ運用から遠のいていたからですね。

<本日のDX>
18MHz RTTY HongKong (Football World Cup 2018)
7MHz CW Guam (ALL ASIAN DX Contest)

posted by GECKO at 21:04| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

2018年のQSOパーティー(NYP)の結果 2日目

 恒例のQSOパーティー(NYP)の2日目となりました。昨日なんとか20局との交信は達成していますが、本日は少し時間も取れたので午前中と午後にNYPを運用しました。
 午前中は昨日と同じようなコンディションでしたが、午後にはコンディションが改善し、7MHz帯ではここ2エリアでも1エリアや3エリアの近距離が入感していました。

 結果は、午前中に11局、午後に18局、併せて29局という結果でした。
 時間にすると午前中は約20分、午後は約25分でしたので、約45分間で29局といったところです。
 これまでのNYPでは、複数バンドや複数モードを運用したり、呼び回りもしましたが、本年は7MHz帯のCWのみ、すべてCQ側で呼び回りはゼロという徹底振りです!(結果的にそうなっただけです・・・Hi)

 そのような訳で本年のNYPは、1日目が21局、2日目が29局で、計50局という結果になりましたが、ちょっと驚きは、全50局中、全バンド全モードを通してファーストQSOが23局、なんとファーストQSO率は46%!半数に迫る数です。

 最後に再開局後の2011年からのNYPの推移のグラフを載せておきます。

<NYPの結果>(2日目)
7MHz CW 29局

170103-01.png

170103-02.png

posted by GECKO at 22:44| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

2018年のQSOパーティー(NYP)の結果 1日目

 新年になり、年明け恒例の「QSOパーティー」(NYP)が開催されました。
 1日目の本日は午後からどうしても外せない用事で外出しなくてはならないため、午前中のしかも10:30頃までには20局を達成することを目標に挑みました。
 むろん2日目の明日があるのですが、本日の午前中に20局達成して安心して午後から外出したかったからです。
 明日20局交信できるという保証はないですからね(^^;)。

 7MHz帯のCWでCQを出せば1時間程度で20局との交信は可能・・・なんて気楽?に構えていましたが、このコンディションの悪さと、CQを出すための空き周波数の確保に苦戦しました。

 開始直後の9:00台は近距離がスキップしてしまっていて、7MHz帯ではここ2エリアでは、1エリアや3エリアがスキップゾーンになっていてまったく入感しない状況・・・。それでも空き周波数を見つけるのに苦労しました。
 やっとの思いで空いている周波数を見つけてCQを出すも、空振り状態・・・。コールがあったかと思うと、その局はどうやら別の局のCQにコールしている模様。スキップゾーンになっていてまったく聴こえない1エリアの局が、同じ周波数でCQを出しているようで、そちらにコールしているようです(++)。

 そんな状況の中、遠方の6,7,8エリアの局からポツりポツりと呼ばれ始めましたが長続きせず・・・。更に私のCQに気付かず他局が同じ周波数でCQを出し始めたり・・・。かなりの苦戦を強いられました。
 そんな状況でしたが、10:00過ぎには少しコンディションが向上し、1エリアや3エリアの局も僅かに聴こえる状況になりました。9:15にCQを出し始め、途中で一時的にCQをやめていましたが、10:24に20局目との交信を終え、午前中に何とか20局との交信は達成できました。
 なんだかんだで1時間程度で20局との交信はできたのですが、いろいろと苦戦を強いられる1日目のNYPでした。

 明日はどうなることやら。

<NYPの結果>(1日目)
7MHz CW 21局

posted by GECKO at 21:49| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

2017 CQ WW RTTY Contest

 いろいろと用事があって無線運用が少ない土日となりました。

 そんな中、この土日は「CQ WW RTTY Contest」が開催されています。せっかくRTTYも運用できるようになっているので、入感していたら呼び回りしてみようと、本日の夕方の僅かな時間ですがリグのスイッチを入れました。
 最近はコンテストくらいしか積極的に運用できなくなっています(^^;)。
 このコンテストのナンバーは、「RST+ゾーンNO」を送るというものですので日本国内の局は「599 25」となります(JD1の局は27)。
 毎回同じナンバーなので、RTTYコンテスト初心者には優しいです・・・Hi.
 このコンテストへの参加は2年ぶりです。

 コンテスト局のバンド内の様子はというと、所詮は当無線局のワイヤーダイポールでのレベルですが、日中のは14MHz帯と21MHz帯でアジア圏を中心に入感していました。ロシア,中国,香港,タイ,ベトナム,シンガポールといったところですが、強くありません。
 それ以外の地域はまったく入感なし。アンテナもアンテナですが、コンディションが悪いことも影響していると思います・・・。

 コールするもQRZ?が返ってくることもしばしば・・・。結局、14MHz帯でたったの2局のみで終わりました(^^;)。まあ、それでもRTTYで何とか交信できたのでよしとしています。

<本日の結果>
14MHz RTTY Vietnam
14MHz RTTY Asiatic Russia

posted by GECKO at 20:06| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

「6m AND DOWN コンテスト」で呼び回り

 蒸し暑い日となりました。
 この土日は恒例の「6m AND DOWN コンテスト」(6D)が開催されました。
 2010年の再開局以来、毎年のように「今年の6Dは高い山に登って・・・」と目論むものの、7年間、実現できずにいます。そして今年も・・・(^^;)。

 このコンテストは、エアコンの効いた自宅シャックから、細々とCQ局にコールすることが恒例となっています。

 そのような訳で、昨夜と本日、例年と同じく常置場所から運用しました。
 50MHz帯,144MHz帯,430MHz帯のいずもれも自宅に上げたGPアンテナがメインですので知れていますが、それでも144MHz帯では淡路市まで届いたりするので侮れません。特に当局の自宅からは西方向が開けていて、京都府や兵庫県あたりまで飛んで行きます。
 同じアンテナでかつては144MHz帯や430MHz帯のFMを中心に交信していて(かなり前です・・・Hi)、3エリアの局と交信できたことは一度もありませんが、兵庫県と交信できるのはやはりCWだからですね。
 さらに144MHz帯以上になるとHFと比べてノイズがかなり少ないので、HFだとノイズに埋もれてしまう蚊の鳴くような信号でも了解できます。そんな局にコールすると、コピーしてもらえるから驚きです。

 昨夜と本日の断続的な運用で、CQは出さずコールに専念しましたが、圧倒的に運用時間が短かったため、50MHz帯CWで2局,144MHz帯CWで13局,430MHz帯CWで7局の計22局という結果でした。

 普段、VHFやUHFを運用することはほとんどないので、このコンテストはそれらを積極的に運用する数少ない機会となっています。
 参加することに意味がある・・・そんな状況となりました。

posted by GECKO at 20:11| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2017年のQSOパーティー(NYP)の結果 2日目

 QSOパーティー(NYP)の2日目となりました。
 昨日、ステッカーを申請できる20局との交信をクリアしたため、早々と提出書類を作成して投函する準備をしてしまいました。その結果、自分的には今回のQSOパーティーは1日目を終わって完全に終了モードとなり、2日目の本日はモチベーションの著しい低下を招いてしまいました(^^;)。

 20局を達成しても提出書類の作成はQSOパーティーの期間終了後まではしないことが、モチベーションを低下させないコツですね。

 そんな状況でしたので、昨日のQRT以降はHFでの交信はゼロ。その代わりに時間の許す限り細々と144MHz帯のCWを運用し、昨夜と今夜で3局交信できました。結果、本年のQSOパーティーは全26局となりました。
 昨年と比べて、こちらも著しい交信数の低下です・・・Hi。
 ただ144MHz帯のCWで京都の局と交信できたことはちょっと嬉しい出来事です。
 今回は10MHz帯は交信ゼロ。このコンディションでは致し方ないことですが、本年の幸先の悪い?出足となりました。本年はどうなることやら。
 先が思いやられます(^^;)。

 まあとりあえずぼちぼちと・・・。 

<NYPの最終結果>
7MHz CW 22局
7MHz RTTY 1局
144MHz CW 3局

posted by GECKO at 20:58| Comment(2) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする