toppicture-block_r.jpg

2015年06月21日

未交信の1郡,1区と交信!

 前回の記事で、市,郡,区のWKD,CFMとWanted!の状況を載せました。
 郡については30郡、区について13区がWanted!となっていましたが、なんとこの土日にそのうちの1郡1区と交信することができました(^^)。
 いやはや、交信できる時はできるものですね。
 交信できたのは、
「北海道十勝郡(JCG01047)」
「京都府京都市伏見区(JCC220109)」
で、それぞれ10MHz帯と7MHz帯(いずれもCW)です。

 これらの郡,区と交信でき、お腹一杯になってしまいました(^^;)。

 DXはというと、18MHz帯CWでインドネシア,パラオと交信できました。
パラオの局は日本人のオペレーターのようで軽いパイルアップとなっていましたが、交信することができました。

<本日のDX>
18MHz CW Indonesia
18MHz CW Palau

posted by GECKO at 22:55| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

JCC,JCG,KUの交信状況 (2015.6.14現在)

 アマチュア無線を運用する上で、全市,全郡,全区との交信(アワードでいえば「WACA」,「WAGA」,「WAKU」)はひとつの目標になると思います。
 これにこだわり過ぎるとなんとなく堅苦しいものになってしまいそうですが、意識して運用してきたことは確かです。 
 バンド,モード,(自局の)運用場所にはこだわらず、交信できたという実績で今日時点の市郡区(JCC,JCG,KU)との交信状況を確認したところ表のようになりました。(参考までにDXCCも載せました)
TARGETWKDCFMWanted!
JCC8138047829
JCG38035032930
KU17516215413
DXCC34010146239

 未交信の市郡区と交信するにあたって「Jクラスター」の存在を無視することはできません。Jクラスターのスポット情報を頼りに交信できた市郡区が多いことは確かです。
 しかし地道なワッチでCQを発見して交信できた市郡区も少なくありません。地道なワッチはとても重要です。
 また自らCQを出し、コールいただいた局の運用地が未交信の市郡区だったということもありました。

 未交信の市郡区の残りは少なくなってきましたが、全市,全郡,全区との交信を達成するにはしばらく時間がかかりそう・・・。まだまだ先は長いのです。

posted by GECKO at 22:42| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

24MHz帯CWでAJD達成

 本日は午前中にEsが発生しハイバンドで国内局がたくさん入感していました。

 本日は「CQ World-Wide WPX Contest」も開催され、9:00以降は14MHz帯や21MHz帯は国内外のコンテスト局がたくさん聴こえていて、JCCサービスされている局を見つけることができませんでした。そこで、コンテスト対象外のWARCバンドを中心に渡り歩くと、24MHz帯のCWで9エリアの局のCQを発見しました。

 21MHz用のダイポールにアンテナチューナーで同調させてコールするとコールバックがあり交信となりました(^^)。
エリアバンドモード初交信日
124MHzCW2013-05-06
224MHzCW2013-06-01
324MHzCW2014-06-29
424MHzCW2014-06-15
524MHzCW2013-06-01
624MHzCW2011-07-31
724MHzCW2011-07-24
824MHzCW2012-07-22
924MHzCW2015-05-30
024MHzCW2013-06-01

 24MHz帯はアンテナがないため積極的には運用していませんが、このバンドでは残すところ9エリアのみが未交信となっていて、今回の交信で24MHz帯のCWでAJD(国内の全エリアと交信)を達成しました。

 交信ログを見ると24MHz帯のCWでの交信は、2011年7月24日の7エリアでの交信で始まり、本日(2015年5月30日)の9エリアとの交信で全エリアを制覇。約3年と10ヵ月を要したことになります(^^;)。
 積極的に運用すれば、それほど時間はかからないのでしょうが・・・。

 余談ですが、9エリアは、ここ2エリアからは近いエリア(^^;)なので、ハイバンドでは実は21,28MHz帯でも未交信の地域となっています。

 初心者向けアワードといわれるAJDですが、個人的にはやっとの思いで24MHz帯で達成できたので、カードが届いたら申請しようと思います。
 「24MHz」「CW」「同一県内」という特記付きですね。

posted by GECKO at 20:15| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

不安定なコンディションでした。

 本日は午前中と夕方を中心とした運用となりました。

 朝の早い時間帯に21MHz帯をチェックすると、なんとカナダからRTTYの CQ TEST が599で強力に入感していました。ネットで確認すると「Aegean RTTY Contest」なるものが行われているようで・・・。
 国内のRTTYのコンテストはとても少ないですが、海外ではわりと多いように思います。RTTYのコンテストで入感するエンティティーは既にCWで交信済みがほとんどですが、RTTYに限定して改めてエンティティーを追いかけるのも、またそれなりの楽しみがありますね(^^)。
 これもRTTYを始める前には想定していなかったうれしい誤算です・・・。

 ところでこのカナダですが、RTTYについていえば18MHz帯で既に交信済みとなっています。しかし21MHz帯ではまだ未交信なので交信すべきでしょう・・・ということでコールすると、すぐにコールバックがありナンバー交換できました。送ったナンバーは599001です(^^)。

 その後は国内交信に移り、Esの発生を期待してハイバンドを行ったり来たりしながら、同時にパソコンでイオノグラムをチェック・・・。早い時間帯からEsは発生していたものの50MHz帯がオープンする程の強力な発生は私がチェックしていた時間帯ではありませんでした。それどころか、いまにもF層が消えそうな状態もあり、7MHz帯や10MHz帯でさえもパッとしないコンディションが続いていました。
 夕方にも各バンドをチェック。同じようにイオノグラムをチェックしましたが、相変らずの状態・・・。Esの発生で29MHz帯のFMで6エリアが入感していましたが、50MHz帯がオープンするほどの強いものではなかったようです。一方の7MHz帯や10MHz帯はまずまずのコンディションで、たくさんの国内局が入感していました。18MHz帯でも国内局が入感していました。

 そのような訳で、コンディションが不安定ですこし消化不良な一日となりましたが、まあこんな日もあるでしょう・・・ということで、また次の土日に期待しています(^^;)。

<本日のDX>
21MHz RTTY Canada
21MHz RTTY Hong Kong

posted by GECKO at 20:49| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

スポラディックE層で沖縄県と小笠原村がオープン

 本日も早朝から目覚めてしまい(依存症)ましたので、クルマを30分ほど走らせて某市から7MHz帯のCWとRTTYを運用しました。早朝はコンディションもよく、たくさんの局と交信できました。
 まあこれについてはこれくらいにして・・・。

 本日の特筆すべきは、正午前と夕方にわりと強いスポラディックE層(Es)が発生し、50MHz帯が賑やかだったことでしょう。

 正午前、イオノグラムを見るとEs特有の状況が確認できました。
 「これは大変!」とばかりに50MHz帯をチェックすると、案の定、50.0370MHzの沖縄のビーコンが589位で入感していました。一方の千歳のビーコンは何も入感していませんでした。
 期待してバンド内を一通りチェックしましたが、さすがにこの時間帯はCWが1局とフォーンが数局入感したのみでした。

 そして夕方。正午前と同じような状況になりました。
 早速50MHz帯をチェックすると、CW,SSB,RTTYで合わせて5〜6局ほどの局が入感していました。最近フォーンはまったく運用していないので、CWで沖縄県の2局と交信しました。
 フォーンもたまには運用しないと運用の要領を忘れてしまいます。フォネティックコードも怪しくなりますね(^^;)。

 更に、バンド内をチェックすると強いCWの局を発見!小笠原村(JD1)の局でした。沖縄だけでなく小笠原村もオープンしていました。
 1UP指定となっていましたがすぐに交信でき、50MHz帯初の小笠原村との交信となりました。

 これからのシーズンはEsから目が離せませんね。

posted by GECKO at 22:39| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

石垣市 21,080.00kHz RTTY 他

 本日はコンディションのよい一日でした。午前中は21MHz帯で北米やアジアがよく聴こえていましたし、午後からは7MHz帯や10MHz帯より上の18MHz帯や21MHz帯まで国内が聴こえていました。

 この好コンディションの中、各バンドやモードをいったり来たりしていましたが、7MHz帯RTTYで氷見市(JCC2805)とあっさり交信できたり(^^)、14MHz帯CWで淡路市(JCC2727)と交信できたり、21MHz帯RTTYで石垣市(JCC4704)と交信できたり、更には21MHz帯CWで小笠原村(JCG10007)と交信できたり・・・、短時間に複数のバンドとモードで、たくさんの局と交信できました。

 氷見市(JCC2805)は、開局以来5年目にして初めてCQに遭遇したJCCで、本日のRTTYでの交信で未交信市が1つ減になりましたが、なんと初の交信が7MHz帯RTTYだったというのは驚きの事実です!全バンド・全モードを通していままで一度も交信していないJCCでした。
 むろんいままではタイミングが合わなかった・・・というこでしょうが、大牟田市(JCC4008)も同様に未交信だったところを10MHz帯RTTYで初交信できたという事実があり、他のモードではまったく交信できなかったJCCをRTTYで補えたことは、偶然とはいえ少々驚いています(^^)。

 これに味を占め(^^;)、国内外共に更にRTTYの運用をアクティブにしたいところです。

posted by GECKO at 16:37| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

ちょいと移動運用など・・・。

 晴天で気温も高い土日となりました。花粉さえなければ快適だったのですが・・・。

 昨日は「東海QSOコンテスト」が開催されました。昨年と違い本年は呼び回りもほとんどせず、個人的にはまったくアクティブではなかったのですが、コンディションもあまりよくなかったように思います。
 その後の「大都市コンテスト」は呼び回りもまったくせずじまいとなりましたが、夕方に21MHz帯のCWでチリ,カザフスタンと交信できました。

 本日はモービルによる移動運用をしました。
 CWに加えRTTYも運用しましたが、コンディションがよくなかったこともありRTTYは少々苦戦を強いられました(^^;)。モービルホイップで10Wという設備なので過大な期待はしていませんでしたが・・・。
 結果、CWが10局、RTTYが7局でしたが、かかった時間がまるで違います。CWは10分でRTTYは40分でした。むろんそれぞれのモードの運用者の人口が違いますので、一律に時間で比較はできませんが。
 以前、同じ設備でフォーンを運用したことがありますが、その時の散々な結果と比べるとRTTYもなかなかなものだというのが正直な実感です。

 ・・・モービル運用ではハプニングがありました。
 ひとつはバッテリーが途中で切れてしまい、自動車のバッテリーに切り替えました。こういう状況を回避するため、自動車のバッテリーからダイレクトにケーブルを引っ張ってきてあるのです!
 満充電して1週間経っていますが、いままでは運用中に切れたことはありません。購入して2年半ほど経ちましたがいよいよ弱ってきている感じです。
 もうひとつは運用中にボールペンが紛失!カバンに入っていた別のボールペンを使いましたが、普段使っているものでないと何か馴染めません。
(あとから発見しましたが・・・)。
 バッテリーもボールペンも予備があってよかったです。備えあれば何とか・・・ですね。

 移動運用の課題はアンテナだと思っています。ダイポールを張ればいいのでしょうがね。いや、私にはモービルホイップくらいがちょうどいいのかも知れません。

posted by GECKO at 20:18| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

本年も残り僅かとなりました。

 さて本年も残すところ5時間あまりとなりました。
 本年最後の記事になりますが、昨日のブログで書きましたよう1年間の総括はしないことにします・・・Hi.

 大晦日を迎えて思うことは、来年も今年同様に一年間アマチュア無線を平凡に続けらればいいね・・・ということです。多くは望みません(^^)。

 最後に本年のエリアとバンド別の交信状況を載せておきます。
 一年間、私のつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
 それでは皆さん良いお年を。

141231-01.png

posted by GECKO at 19:00| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

CWでの未交信地域

 さて本年も残すところ10日あまりとなりました。
 この時期になると、各局さんのブログで一年間の総括が載せられたりします。当ブログも例外ではありませんが、まだ総括には早い状況・・・。とりあえず本年という枠にとらわれず、過去のすべての交信を見ていました。141220-01.png
 すると、2011年6月19日を境に、交信モードがSSBからCWへシフトしていました。この日はCWデビューの日ですが、その日から見事にCW一辺倒に・・・。
 SSBからCWへ徐々にシフト・・・という感じではなく、突然CWに変わった感じです。自分でも驚くばかりの変化です。
 当時は10W局だったので、呼んでも呼んでもコールバックがなく、パイルが収まらない状況のSSBから、10Wでもさほど待つことなく交信できるCWに一気にシフトしたのです!

 これからCWを始めようという方は、あと先考えずCWで599BKでデビューしてしまうと、一気にCWスパイラルに巻き込まれること請け合いです(^^;)。

 そんな訳で、過去の全交信の中でSSBの比率は4.5%となっていますが、興味があったのでSSBでしか交信していない市郡区があるかどうか(ないことを期待して)調べたところ、表のようになりました。なんと予想以上に多く存在していて驚きました。
 SSBで交信した市郡区はCWですべて網羅したと思っていましたが・・・。
 今年中にすべてCWで網羅したいです(←無理です)。

 いや、年内にせめて1市くらいはCWで交信したいですね。

posted by GECKO at 19:39| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

アクティビティーが低下

 寒い土日となりました。先週ころから急に寒くなり、朝の起床も遅くなります(^^;)。
 本日のコンディションはというと、早い時間帯(7:00JST頃)は7MHz帯で海外局がよく聴こえていて、今朝はウクライナの局が聴こえていました。
 一方、この時間帯は国内JCCサービス局はスキップしていて入感せず、ここ2エリアでは6エリアや8エリアの局のみが入感していました。つい最近まで、早朝からJCCサービス局がたくさん聴こえていましたが、すっかりコンディションは変わってしまいました。

 9:00JSTころになると、7MHz帯や10MHz帯で近距離が聴こえ始めてきたので、バンドを落ち着きなく切り替えながらCQ局をチェックし数局と交信できました。10MHz帯のFBなコンディションは相変わらずで、たくさんのJCCサービス局が入感していました(^^;)

 来年のニューイヤーパーティーまでこのコンディションが続くといいのですがね(^^)。

 夕方にはモンタナ州からQRVしているW1AW/7が18MHzで入感!パイルになっていなかったためコール一発でコールバックがあり交信となりました。

 ・・・そんな訳で、目立った話題もなく、アクティビティーが低下した土日となりました。

<本日のDX>
18MHz CW United States of America

posted by GECKO at 21:54| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする