toppicture-block_r.jpg

2019年08月17日

再開局からこれまでの交信状況(2019/8/17現在)

 台風一過とはならず、曇り空で暑い2エリアです。
 無線運用はというと、コンディションは時間帯によってはまずまずといったところで、本日も10MHzで多くの局が入感していました。しかしながら交信はたったの2局となりました。

 最近は交信数も伸び悩んでいますが、再開局(2010年3月)からこれまでの交信状況がちょっと気になったのでグラフにしてみました。
 全交信数は11,358。これらを「モード別」「バンド別」「エリア別」でグラフにしています。

 交信モードはぼぼCW専門で時々デジタルモードというスタイルですが、フォーン(SSB,FM,AM)での交信も僅かながらにあります。
 しかしフォーンで運用したのはかなり前で、ログで確認したら、交信モードごとの最終交信日は、SSBが2013/7/14,FMが2014/7/6,AMが2011/6/25、といったところで、もう5年以上フォーンでの交信はないことが分かりました(^^;)。

 お盆も終わり秋が近づいています。コンディションの向上を期待して、アクティブに行こうと思います。

190817-01.jpg

190817-02.png

190817-03.png

posted by GECKO at 21:58| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

7〜50MHzの8バンドで交信達成!(CW)

 曇りで蒸し暑い日が続いています。
 この土日は珍しく、わりとシャックにいる時間が多かったですが、アマチュア無線運用に費やす時間がなかなかなく、本日の午前中のコンディションが良いタイミングで運用できました。

 特筆すべきは、1時間ほどの運用で8バンド交信したことでしょうか。

 スポラディックE層(Es)が出ていたので、ハイバンドを中心にワッチすると、50MHzから7MHzまですべてのバンドで交信が入感していました。順番に・・・ということではなく(^^;)、ランダムにバンドを選んで、強く入感する局に順次コールしました。190721-01.jpg
 すべてのバンドのアンテナがある訳ではありませんので、マッチングしないバンドはアンテナ・チューナーでマッチングさせることにしました。

 過去の経験上、Esが出ている時は、559(CWの場合)程度で入感する局であれば、こちらはかなり弱い電波でも届きます。むろん相手局の設備にもよりますが、無理やりアンテナ・チューナーでマッチングさせれば大丈夫です(^^)。
 そんな中で24MHzを皮切りに、

 24 → 18 → 21 → 28 → 14 → 7 → 10 → 50

の順に各1局ずつ交信し、8バンド交信を達成!です。すべてCWです。
 これらの交信は、おおむね1時間程度で達成できました。コンディションさえよければ、さほど難しいものでもないと思います。

 実は1年前にも同じことしているので(^^;)、珍しいことではないのですがね。まあ個人的な志向と自己満足の世界です。

 なかなか楽しめた運用でした。

posted by GECKO at 18:58| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

7MHzのCWで国内JCCサービス6局と交信

 暑い一日となりました。
 今日は少し外に出る機会がありましたが、とても暑くでめまいがしそう(^^;)でした。

 無線の方はというと、午前中は運用できず・・・。コンディションはどうだったのでしょうかね?
 午後は時間が取れたので、Esを期待して15:00頃からワッチを開始しましたが、イオノグラムを見ると、今日は普通?にF層が出ていて7MHzの国内交信が好調、Esの方は私が運用していた夕方の時間帯はまったく発生しなかったようで、ハイバンドはとても静かでした。

 そんな状況でしたので、国内の7MHzのCWのJCCサービス局にコールし、6局交信したところで終了しました。
 未交信の市郡区との交信はなかったですが、このところ無線運用が停滞(5/6は除く!)していますので、有意義なものとなりました。

 さて明日はどうなるでしょう?

posted by GECKO at 19:37| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

ゴールデンウィーク最後のEsオープン

 ゴールデンウィーク最後の日となりました。
 今日は午前中は散々なコンディションでしたが、15:00頃にイオノグラムを見てびっくり。強いスポラディックE層(Es)が発生していました。190506-01.png
 リグのスイッチを入れると、ハイバンド、特に18MHz以上のバンドはとても賑やかな状態でした。
 27MHz帯のCB無線のチャンネルもワッチしてみましたが、たくさんの局が運用されていて混信状態でした。

 このチャンスに18MHzから50MHzまでのバンドを行ったり来たりしてコールしましたが、次から次へ新しい局がCQを出されている感じで、なおかつそれほどパイルアップになっていなかったため、次から次へ(^^;)コールし、ほぼ確実に交信できました。
 自分も少しCQを出したりしましたが、パイルアップにはならないものの、いい具合に次々にコールいただきました。
 久しぶりに50MHzでも交信できました。

 CQ局にコールしていて感じたのは、CQ局の多くが固定局だったことで、ゴールデンウィークの最終日にこの良好なコンディションを迎え、固定局から積極的に運用されたのではないか?と推測されます。
 更に、下から上へ(または上から下へ)バンドを変えながらCQを出されている局もいらっしゃって、同じ局に複数バンドで出会いました(^^)。

 一昨日、強いEsが発生したもののタイミングを逸しました、今日はそのリベンジとなり、またゴールデンウィークの最終日にたくさん交信できて腹一杯の一日となりました。

 いや、それにしても明日からの仕事が苦痛・・・(^^;)。

<本日の交信記録>
18MHz CW 18局
24MHz CW 7局
28MHz CW 2局
50MHz CW 6局
posted by GECKO at 21:32| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

3.5MHzで国内交信1局のみ

 このところデジタルアンプの記事が続いていましが、久々に無線運用をしましたので無線の記事です。
 とはいっても、3.5MHzのCWで国内局1局のみ交信という状況でした・・・(^^;)

 本日は夕方にまずはFT8をワッチしました。
 10MHzと14MHzを中心にワッチすると海外局がたくさんデコードされました。出力は30Wでアンテナは地上高10mほどのフルサイズのダイポールです。
 遠方はダメだとあきらめ、香港やロシアなどのそこそこ?近いところのCQを見つけて数局コールしましたがまったくコールバックなし。CQ局は引き続きCQを出しています。

 届いていないようですね・・・(++)。

 コンディションが良くないようです。まあ、設備も褒められたものではありませんが(^^;)。

 そこで心機一転。FT8はやめてCWへ・・・。
 久しぶりに3.5MHzをワッチすると国内JCCサービス局が入感していました。コールすると一発でコールバックがあり交信となりました。
 国内局とCWで交信するのはN.Y.P.以来となりました。

 今日はこの1局との交信で終了です。
 アクティビティーを徐々に上げていきたいところです。

posted by GECKO at 19:30| Comment(2) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

2018年のアクティビティは散々・・・。

 本年も残すところ明日1日となりました。
 当局のアマチュア無線活動における今年の漢字は「」です(^^;)。著しいアクティビティの低下がありました。
 唯一、1月だけはN.Y.P.で交信数を稼ぎましたが。
 このブログでも「コンディションが悪く交信数が稼げない」と嘆いていましたが、他局さんのブログを拝見すると、多く交信されている局もいらっしゃるので、結局のところ努力が足りなかったということですね。

 コンディションが悪いなりに、打つ手はあったのではないかと思います。

 過去3年の月別の交信数のグラフは以下の通りです。時々交信数が増えている月がありますが、全体的には順調?に低下しています。
 2018年は総交信数252で、そのうちのDXは20という結果です。

181230-01.png

 来年は、右肩上がりの交信数にしたいところです。
 コンディションの急激な向上はないでしょうから、何らかの工夫をして交信数を伸ばさないといけません。
 まずはN.Y.P.ですね(^^;)。

posted by GECKO at 22:51| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

大阪市阿倍野区(JCC250119)をゲット!

 12月に入っても暖かい日が続いています。
 今日は久々に無線運用しましたが、それでも交信はたったの1局です。でもとても意味のある交信でした。

 11:00前にイオノグラムを確認すると、いつになく良いコンディションで、7MHzでは1エリアや3エリアといった近距離の局が599+で入感していました。そんな中、未交信の区である、大阪市阿倍野区(JCC250119)の移動運用局のCQを発見しました。
 コンディションが偏っているのか、珍しくない区なのか、それともパイルが終わった後なのか、は判りませんが、特にパイルアップになっている様子ではなく2回目のコールですんなりとコールバックをいただきました\(^^)/。
 少なくとも私個人としては、とっても貴重な交信となりました。
 移動運用局さんTNX!

 これで全区との交信もリーチがかかり、未交信の区は残すところ京都市北区(JCC220101)のみとなりました。

 このブログの右のメニューにもありますが、当局の市郡区とDXCCの交信状況のリンクを貼っておきます。

 JCC , JCG , KU , DXCC

 市もリーチがかかっていて、未交信の市は熊本県菊池市(4310)のみとなっています。ここからが長いのです。

<本日の交信>
7MHz CW 大阪市阿倍野区(JCC250119)

posted by GECKO at 20:18| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

福岡県那珂川市(JCC4037)をWKD

 絶好の行楽日和の一日となりました。
 本日は久しぶりに無線運用をしました。・・・といっても交信したのはたったの1局のみでしたが。
 ハムログを見ると10月はなんと10MHzで1局交信したのみで、10月の総交信数は1局でした。2010年の再開局以来、このような事態は初めてです(^^;)。

 本日は午前中に10MHzで、10月より市制となった福岡県那珂川市(JCC4037)の局が運用されていましたのでコールし交信となりました。交信はこの1局のみでしたが、かなり意味のある交信となりました。

 そこから引き続いて交信・・・というのが従来のパターンですが、10MHzのバンド内をチェックしてもこの局以外には何も入感しないので後が続きません。7MHzもあまり聴こえていない状況ですし、14MHzもさっぱり。18MHzで8エリアの局が聴こえていましたがコールはせず・・・。
 その後に自分でCQを出すということもせず、QRTしました。
 それでも那珂川市と交信できたので良しとします。

 那珂川市が市制になった直後に全市全郡コンテストがありましたが、そこでも那珂川市の局とは交信していません。
 そもそも全市全郡コンテストはゼロQSOに終わっていて、いかにアクティビティーが低かったが判ります。

 とりあえずは11月の交信ゼロは免れました(^^)。レベルの低い話ですが・・・。

<本日の交信>
10MHz CW 福岡県那珂川市(JCC4037)

posted by GECKO at 20:23| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

7〜50MHzの8バンドで交信達成!

 昨日に続いて猛暑の一日でした。本日はシャックにこもりっ放しで、いろいろとやりたいことをしていました。

 朝の9:00過ぎには、昨日と同様に強力なEsが発生していました。昨日はタイムオーバーで8バンド交信はなりませんでしが、本日は時間もあるのでチャレンジ(というほどでもないですが)しました。
 すべてコール側、すべてCW、ということで始め、9:30過ぎにまずは24MHzでCQ局を見つけて交信。昨日もそうですが最初の交信は24MHzです。このバンド、なぜか好きなんですよね。普段は静かなのにEsが発生すると結構賑やかになるバンドです。

 次に21MHzで交信。このバンドはEsが出ても24MHzより運用者が少ない感じ・・・。DXバンドというイメージが強いのでしょうか。

 その後は、28MHz,18MHz,10MHz,14MHz,7MHzで無事に交信・・・。最後にVHFの50MHzだけが残ってしまいました(^^;)が、ちょうどEsも弱まってしまっていて、昨日は入感していた7エリアのビーコンや、6エリア,8エリアのビーコンもまったく入感しない状況・・・。しかしSSBやラジオテレタイプでは6エリアや8エリアの局の交信が聴こえていたので、パスはあったようです。
 ・・・しかしCWは誰もCQを出していません(++;)。
 そんな状況の中、しばらくすると50MHzのCWでCQを出している局を遂に発見!交信できました。

 結果、7〜50MHzの8バンドで、すべてCWで交信できました(^^)。交信いただいた各局さんTNX!

posted by GECKO at 17:35| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

強いEsが発生し5バンドで交信

 とても暑い一日でした。全国各地で猛暑となったようです。
 当地も例外ではありませんでした(++;)。

 本日は午前中に、いつも情報を提供いただく7エリアのOMさんから、Esが発生していてコンディションがFBだという情報をいただきました(VY TNX)。早速イオノグラムをみてみると、臨界周波数が25MHzを超えていました。180714-01.png
 これは大変!(^^)ということで、リグのスイッチを入れて各バンドをワッチすると、50MHzでは7エリアのビーコン(JE7YNQ 50,027kHz)が559程度で入感、千歳市のビーコンも539程度で入感していました。

 興味があってCB無線の1〜8CHをチェックしてみると、ものすごい混信。同じチャンネルで複数の交信が行われているチャンネルもありました。

 以前に強いEsが出ていた時に、8バンドで交信したということがありましたが、今日もそのパターンかな?と思いましたが、午前中に遠方へ出かける所用があり、時間が足りなさそうな予感でした。
 もたもたしている間に時間が経過し、運用できる時間が30分程になっていました。

 必至に各バンドのCQ局を追いかけ、10:30過ぎに 24MHz での交信に始まり、28MHz50MHz21MHz18MHz の順に約20分間で5局との交信を達成、この時点で外出の11:00が迫り交信終了しなければならず、8バンド交信は達成できず残念な結果となりました。
 時間が十分あれば、残りの 14MHz,10MHz,7MHz は間違いなく交信できたと思います!

 なお8バンド交信のアンテナですが、当無線局は、7MHz,10MHz,14MHz,18MHz,21MHz の5バンドのダイポールがあります。一部は給電点を共用化していて、結構いい加減な造りです・・・Hi。
 そしてなんと、7MHzのフルサイズのダイポールに 50MHz がバッチりマッチングします。よってマッチングしないのは24MHzと28MHz。これらのバンドはチューナーでごまかして?います。

 明日のコンディションはどうでしょうか。8バンド+3.5MHzで9バンド交信・・・なんてことは欲張りすぎかもしれませんね。

posted by GECKO at 19:52| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする