toppicture-block_r.jpg

2019年03月03日

デジタルアンプ「D302J+」でパソコンの音楽を聴く。

 随分暖かくなりましたが、花粉が飛散してマスクが必須アイテムになっています・・・。

 先般、デジタルアンプ「D302J+」を購入し、iPad mini をAUX端子に接続したり、CDのプレイヤーをCOAXIAL端子に接続したりしましたが、続いてはパソコンとD302J+をUSBケーブルで接続してみようというものです。

 まず最初にお断りですが、サンプリング周波数が高いいわゆるハイレゾ音源を再生する訳ではありませんのでご了承下さい(^^;)。
 単にパソコン内にあるMP3(AAC)音源を、USBケーブルを介してD302J+を通して聴いてみるというものです。
 
190303-01jpg


 写真のように、パソコンとD302J+をUSBケーブルで接続します。D302J+側はUSBのType-Bとなっています。190303-02.png
 今回接続したパソコンはGatewayのノートPCでOSはWindow10です。
 パソコンと接続後にD302J+の電源を入れると自動的にデバイスドライバーがインストールされました。

 ・・・超簡単!(^_^)

 設定画面の「サウンド」の項目を確認すると、出力デバイスの選択欄で「スピーカー(NFJ FDigiD302J+)」が選択できるようになりましたので、これを選択しました。
 ・・・パソコンの設定はたったこれだけです。

 あとはパソコン側で適当?なソフトで音楽を再生するだけです。再生された音楽はパソコンのスピーカーではなく、USBをケーブルを介してD302J+へ送られます。
 私は「AIMP」という音楽再生ソフトを使いました。

190303-03.png

 D302J+にイヤホンを接続して聴いてみると・・・いい音が聴こえました。トーンコントロールもできるので低音を強調できるところがいいですね。しかし、パソコンに直接イヤホンを接続して聴いた場合と比べてどうなのかというと、そこまでの厳密の比較はしていません(^^;)。
 悪くはないとは思いますが・・・。

 という訳で、これまでにD302J+に、AUX,COAXIAL,USBのそれぞれで入力して聴いてみましたが、やはりイヤホンやヘッドフォンではなくスピーカーで聴きたいところです。
 ブックシェルフスピーカーも欲しくなってしまいますが、物欲には限がないので(^^;)ちょっと先送りです。
 新たなる試みがあったら記事にします・・・ということで。

posted by GECKO at 18:59| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。