toppicture-block_r.jpg

2019年01月19日

QSLカードを1つのケースにすべて収納

 今日も無線運用はゼロとなってしまいました。
 その代わり・・・と言っては何ですが、再開局(2010年3月)以降に届いたQSLカードが煩雑な管理になっていたので整理しました。
 いままでは文庫本を収納するケースにエリアごとに分けて保存していましたが、エリアごとに枚数の増分に差があるため管理が大変です。1エリアは2ケース必要なのに、他のエリアは1ケースでも余裕がある・・・といった状態。
 この状態を続けるのも大変なので、2018年末までに届いた分は、エリアごとに集めて1つのケースに収納しました。

 効率よく収納できるケースがないか近所のホームセンターへ行って物色すると、「これしかない」というくらいピッタリのブラスチックのケースがありました。そしてそれにカードを詰めた状態が下の写真です。

190119-01.jpg

 見ての通り、3列×2段で、幅と高さ共に計ったようにピッタリです。もっとも、QSLカードはハガキサイズなので、ケースそのものがそれを想定した寸法になっているようにも思いますが。

 カードの枚数は9,600枚ほどなので、収納した後で計算すると、1列に2,000枚でそれが6列(3列×2段)で約12,000枚収納できることになります。すべてのカードを収めましたがまだ余裕があります。

 このケースに収納したカードは一旦これで完結です(開局から2018年までの到着分ということで)。今後届いたカードはこのケースに割り込ませて収納するのではなく、これまでの文庫本ケースに改めて収納していくことにします。
 これだとアワード申請の際のカードチェックが大変ですが、そもそもエリアごとにしか分けておらず、各エリアは到着順になっていますので、どっちにしてもカードチェックは大変です。

 それにしてもQSLカードの管理って大変ですね。

posted by GECKO at 20:21| Comment(0) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。