toppicture-block_r.jpg

2019年01月14日

モールス聴き取り練習は Linux Mint で。

 先般のNYPでは久しぶりの交信となりましたが、そこで気づいたことはモールスの聴き取り能力が劣化していることでした。
 コールサインはほぼ問題いのですが、レポートの「599/XXX」のハンドル名が入る「XXX」の部分でミスコピーが2〜3回ありました。
 「継続は力なり」ともいいますが、やはり1日5分でもいいのでモールスの聴き取りをしないといけないかな?と思います。

 少し前にPCに直接 Linux Mint をインストールしてとても快適に使っていますが、今回はWindowsでは有名なモールス聴き取り練習ソフトである「Learning Morse」と「CW MANIA」が Linux Mint 上で動かないか?という試みです。

 結論から述べますと、Linux Mint 上でも動きました\(^^)/。

190114-01.png

 Windows用のソフトなので最初からWindowsで使えばいいんじゃないの?というツッコミがありそうですが、それはさておき。
 詳細は省略しますが、Linuxには「Wine」というソフトがあって、これをインストールするとLinux上でWindowsのソフトが実行できるようになります。むろんすべてのソフトが実行できる訳ではありませんが。
 そういった意味では、Linux Mint 上で動いた・・・というよりはWine上で動いたというのが正しい表現ですね。

190114-02.png

190114-03.png

 ざっと動かしてみましたが、いずれもエラーは発生しませんでした。今後、何らかの実行エラーが見つかる可能性はありますが。
 見ての通り、部分的に文字がボタンに隠れたりしていて、100%の再現性ではありませんが、Linux Mint 上でこれらのソフトが実行できただけ十分です(^^)。

 という訳で、Linux Mint でもモールスの聴き取り練習ができるようになりましたので、三日坊主にならないよう聴き取り練習をしよう、と意気込んでいます。
 さていつまで続くのやら(^^;)。
posted by GECKO at 20:16| Comment(2) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メジャー所のアプリ達ですね。
私のPCにも両方インストールしてあります。
(但し、WINDOWS版です)
画面に表示される文字数に合わせた
受信用紙を作成しておくと、
答え合わせがしやすくなりますよ。
Posted by UVO at 2019年01月14日 20:32
>UVOさん、

同じソフトご使用でしたか。いずれも優れたソフトですね。
苦手文字をはっきりさせるために答え合わせをしていますが、文字数や行数を合わせた用紙があると確かに確認が素早くできそうですね。
それにしても、苦手文字がなかなか克服できません。

Posted by GECKO at 2019年01月14日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。