toppicture-block_r.jpg

2018年12月22日

ハーレーダビッドソンの展示&試乗会へ

 無線運用もそこそこに、今日は豊田市で開催されていた「ハーレーダビッドソンの展示&試乗会」へ行ってきました。
 もともとハーレーダビッドソン(ハーレー)には興味があって、もう10年以上も前から時々ですが展示や試乗会に行っております。
 実はハーレーには二輪車として興味はあるものの、モデル名にはとても疎く、パパサン(883)やローライダーを知っている程度です。まずはモデル名を覚えなくてはいけませんねぇ。

181222-01.jpg

 開催されていたのは「FREE[ER] CHRISTMAS RIDE in 豊田スタジアム」で、試乗は公道を走行できるというもの。一応ヘルメットなどは持っていきましたが、クローズされたコースならばともかく、一般車が走る公道であの巨大なボディーを倒してしまうリスクを考え、試乗はやめました。←ちょっと後悔(^^;)

 これまでに、他の試乗会で数回ハーレーには試乗していますが、基本的には自動車学校のコースなどを借りて開催されるクローズされたコースでの試乗会がメインです。一度だけ試乗会で、公道でハーレーを走らせたことはありますが。

 大排気量の空冷V型ツインエンジンが放つパワーは強烈で、専門的に言うとトルクが太い・・・という表現でしょうか。ちょっとアクセルを開くと、いやほとんどアクセルを開かなくても太い低速トルクでグイッと引っ張られるトルク感と加速感はハーレー独特のものかも知れません。
 そして走り出すと、もうあのボディーの重さなど全く感じず、スーッと加速していきます。
 V型ツインエンジンが放つ振動もなかなかなものですね。

 会場は老若男女の大勢の人がいましたが、概して年齢層は高いですね。ハーレーだからなおさらなのでしょうが、そんな訳でハーレーの試乗はしなかったものの、展示会で雰囲気だけは味わってきました。
 いつかはハーレーのオーナー?
 ・・・いや、それまでの先は長いのです。

posted by GECKO at 17:58| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。