toppicture-block_r.jpg

2018年09月24日

ウィルコム WX310SA

 晴れの一日でした。無線に興味がなくなった訳ではないのですが、このところコンテストにも参加せず無線運用から遠のいてしまいました。
 秋のコンディションに変わってきている感じですので、アクティブに無線運用したいところです。

 という訳で今回も無線ネタではありません。
 以前に「デジタル・ムーバ NU HYPER」の記事を書きましたが、今回は別の端末の紹介です。これも私の物置に眠っていたものです!
 余談ですが、もともと無線とか通信に興味があった私は、'93年頃から「テレメッセージ」というポケベルを使っていましたが、その後'95年に携帯電話である「デジタル・ムーバ」に移行、その後はドコモの機種をいろいろと変更し、次には「ウィルコム」のPHSへ移行しました。その時に使っていたのが写真の「WX310SA」です。三洋製のPHS端末です。180924-01.jpg
 契約がいつ頃だったかまったく記憶がないのですが、2006年頃だったように思います。

 PHSは携帯電話のような大きなタワーではなく、小さなアンテナが数百メートル間隔くらいで設置されていました。
 高速移動体からの通話には弱いとされていましたが、車でゆっくり走る程度ならば、最寄の基地局に切り替わって通信ができていました。
 当時のPHSは070で始まる番号でしたが、現在は070は携帯電話に割り当たっていますね。現在PHSはどうなってしまったのでしょうね。
 当時は「NTTパーソナル」や「アステル」などのキャリアがありましたが。

 その後には、W-ZERO3シリーズの「Advanced/W-ZERO3[es]」へ機種変更しましたが、その後にはiPhoneに変更し現在に至っています。

180924-02.jpg

 という訳で、古いPHS端末の記事でした。

posted by GECKO at 19:23| Comment(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。