toppicture-block_r.jpg

2018年07月01日

C5600とC501からの脱却!?

 とても暑い一日でした。本日は19:30頃にイオノグラムを確認するとEsがよく発達していました。リグのスイッチを入れると案の定、14MHzで1エリア,18MHZで0エリアや9エリアなどの近距離が入感していました。
 お隣の9エリアの局と18MHzで交信できました。
 交信後にログを確認したところ、これまでに9エリアの局と18MHzでの交信はたったの6交信しかなく、気がつけばわりと貴重な交信でした。

 話は変わります。

 当無線局にはこのブログで何度も登場している「C5600」と「C501」という2台の古い無線機が、主に「広域受信機」として活躍しています。
 いずれも20年以上前の無線機で、'95年から約15年間のQRT中は物置に放置されながらも、2010年に復活を果たしたタフな2台です(^^;)。
 こんなに長期間、電源を一度も入れることなく、過酷な環境に保管していましたが、10年後、まったく壊れることなく快調に動作したことには少々感動しました。これは構造がシンプルだからなのかも知れません。
 そんな中、最近の無線機や広域受信機に比べ、「メモリーは少ない」「スキャンは遅い」「大きい」おまけに「受信できる周波数範囲が狭い」といったデメリットが目立っています。
(といいつつ最新の無線機や広域受信機は所有していませんが)
 そんな訳で、これらの2台は本来の用途である「無線機」になってもらい(それにしても古すぎる)、新たに広域受信機を購入したいと思ったりしています。

 余談ですが'85年の最初の開局の頃は、VHFやUHFのアナログで消防や防災や救急など多くの交信を受信することができましたが、徐々にデジタル化が進み、遂には消防や救急までデジタル化されてしまいました。
 今後は更にデジタル化が進みそうですが、エアバンドと国際VHFだけはアナログのまま残って欲しいところです。
 
180701-01.jpg

180701-02.jpg

180701-03.jpg
posted by GECKO at 21:37| Comment(0) | Rig(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。