toppicture-block_r.jpg

2018年05月13日

第四級海上無線通信士[四海通]になろう!(その5)

 前回の記事で「第四級海上無線通信士」の合格通知が届いた!という記事を書きました。その後、総務省のサイトから免許申請のための書類一式をダウンロードして申請書を作成し郵送しました。

 申請書の作成でこれまでの「二アマ」や「一陸特」の免許申請書と大きくことなるところは、所持人自署の欄がある!ということ。字が汚い人には辛いところです(^^;)。他人に書いてもらう訳にもいかないですしねぇ〜。180513-01.jpg
 その他の記入欄は、二アマや一陸特と同じです。手数料も同じ。
 既に過去に無線の免許を取得している人は、その免許番号を記入することによって氏名及び生年月日を証する書類の提出を省略できます。

 写真は例によって例の如く?、名機D40で自撮りしたものを使用。1,750円分の収入印紙を貼って3月某日に簡易書留で郵送しました。・・・そして1ヵ月ほど経ってから届いた免許証が下の写真です。個人情報を消しまくりで恐縮です。
 一陸特は10日ほどで届いたことを考えると、四海通は一ヵ月程かかったのはなぜでしょうね?

 一陸特の免許証は英語表記がないためずいぶんあっさりしていましたが、四海通の免許証はアマチュア無線の免許と同じく英語表記があります。
 なんだかごちゃごちゃしています・・・。
 英語表記では「Maritime Fourth-Class Radio Operator」となっています。

180513-02.jpg

 そして裏面には所持人自署が・・・。申請書に記入したものがそのまま転写されており、それを保護するための表面にコーティングが施してあります。ここは二アマや一陸特の免許証とは異なるところです。
 所持人自署は日本字(漢字)で書きましたが、ローマ字で書かれる人も多いようですね(左下写真)。隠してありますけど・・・(^^;)。
 また四海通では免許証の交付が「総務大臣」となっています。「総合通信局長」ではありません。

180513-03.jpg180513-04.jpg


 そのような訳で、免許証が届き、恥ずかしながら四級とはいえ海上無線通信士となることができました。
 ちょっとボートで海へ出たくなりました(^^;)。
 ・・・ん!ボートもないし船舶免許も持ってないぞ!?

posted by GECKO at 19:05| Comment(0) | 四海通受験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。