toppicture-block_r.jpg

2018年04月29日

シャックのownCloudのその後。

 晴天で絶好の行楽日和といった感じの一日でした。
 自分はといえば、午前中は野暮用で外出、午後は自宅にいましたが無線はゼロとなりました。「ALL JA コンテスト」が開催されていますが、コンディションが良くないためサーチ&ポーズもなしでした。

 以前にシャックにサーバーを構築したと書きましたが、その時にそのサーバーに自前で構築したownCloudによるストレージは快調に動作しています。
 構築直後は24時間稼動させていてとても安定して稼動していましたが、単に電気代のムダ(^^;)と判り、その後は必要に応じてサーバーの電源を入れています。
 サーバー電源を入れるとownCloudが稼動し、それまでPCに新規に保存したファイルと変更がかかったファイル、更に削除したファイルがすべて自動的に同期されます。iPhoneで撮った写真もサーバーに同期されるので便利です。
 同期されて二重化されますが、バックアップではありませんので、メイン側を削除したらownCloud側も削除されてしまうので要注意です。

 しかし、賢いことに!ownCloudは内部にファイルのバージョンを保存しますので、削除してしまっても取り戻せます。更にファイルに何らかの変更を加えて保存すると、保存前の状態が内部に過去のバージョンとして残ります。
 過去のバージョンはすべて残るので(設定次第で自動削除可)、いつでも必要な過去のバージョンに戻せます。
 思わず上書きしてしまった!なんて時に重宝します。

 ownCloudが稼動しているのでリソースをかなり消費していると思いきや、OSはLinuxなのでコマンドを叩いて見ると、

$ free -m
total used free shared buffers cached
Mem: 1885 297 1587 0 15 80
-/+ buffers/cache: 202 1682
Swap: 4031 0 4031

と表示。なんと消費メモリは202MBです。
 OSを起動した直後というのもありますが、とても軽いですね。メモリーは2GBしか積んでいないのですが、メモリー不足って事はないようです。もっとも、巨大なファイルの操作を繰り返すとどうなるか判りませんが。

180429-01.jpg

 そんな訳で、ownCloudがとても重宝しているという記事でした。
 なんだか最近は無線運用の記事が減ってしまいました(^^;)。

posted by GECKO at 21:41| Comment(0) | サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。