toppicture-block_r.jpg

2018年03月25日

第四級海上無線通信士[四海通]になろう!(その3)

 第四級海上無線通信士(四海通)の国家試験の話。その3です。
 今回は国家試験の申請と学習について。
 国家試験の申請をしたのは、昨年の12月上旬ですが、問題集はそれよりもかなり早い10月中旬には購入していました。
 その時点では受験するかどうかは決まっておらず、まずは問題集をパラパラと読む程度。そこでこの試験の感触を確かめたのですが、感じたのは「その1」の記事にも書きましたよう、法規についてはこれまでの二アマや一陸特のもとはずいぶん内容が異なっていて、これまでの法規の知識でカバーできない部分がかなりあるということ。

 ちょっと恐れをなしました。決して侮れない四海通!

 一方の無線工学は楽勝(^^;)、と書くと語弊がありますが、こちらは二アマや一陸特の無線工学の知識でほぼカバーできるイメージでした。

 そして、後先考えず(←これ結構重要です)国家試験を申請しました(^^;)。

 基本的な学習は過去問を反復するというものですが、法規については少々苦戦。「電波法令集」も併せて確認しましたがまったく頭に入らず頭痛をもよおすばかり・・・(^^;)。しかし問題集を3周ほど反復すると、出題の傾向も何となく掴めてきました。
 特に、遭難通信・非常通信・安全通信の取り扱い、遭難通信の受信と送信の時のルールについては、いろいろな切り口で出題されているようです。
 ここは重要なとろこです。

 そんな状況でしたが、一日平均1時間程度の学習を約2ヵ月半続け、2月の試験に挑むことになりました。以前に受験した「一陸特」よりも多く学習したように思います。それだけ法規に苦戦したということです。

 続きは次回ということで・・・。

posted by GECKO at 19:32| Comment(0) | 四海通受験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。