toppicture-block_r.jpg

2018年02月04日

入手したPCサーバーのスペックなど。

 本日も無線運用ゼロでしたので、昨日に続いてサーバーネタです。
 (昨日の記事で無線はゼロと書きましたが、1交信だけありました)

 さて、入手したサーバーですが、スペックは以下の通りです。
 ・CPU : Athlon2 Neo 1.3GHz
 ・RAM : 2GB(2,048MB)
 ・HDD : 250GBx2 (RAID1構成)

 ハードディスクはSeageteの SATA 250GB 7,200RPM を2本搭載していますが、RAID1(ミラーリング)構成なので全体容量は250GBです(^^;)。
 昨今のファイルの巨大化にあっては少々少ないですね。
 ユーズド品なのでハードディスク自体の故障も少々心配。1TBくらいのものに交換したいところですがね。まあ気が向いたらということで。

180204-01.jpg

 あとCPUの速度は年式からみて致し方ないところ、RAMが2GBというのも昨今のデスクトップPCやノートPCよりも少ないですね。ただインストールするOSがCentOSであることと、それ自体を操作して作業する訳ではないサーバーとしての用途から見た場合、2GBが少ないのかどうかは検証が必要です。
 とりあえずRAMの増設はなしです。

180204-02.jpg サーバーとしての静音性ですが、これは少し?です。
 ファンが大きいのでとても静かなのは確かですが、いつも使っているhpのデスクトップPC(pavilion)があまりに静か過ぎるので、これと比べた場合、耳を凝らすと少しファンの音が目立ちます。それでもかなり静かであることは間違いありません。
それにしてもpavilionはどこまで静かなのでしょう(^^)。

180204-03.png このサーバーにはCentOSをインストールします。
 Linuxのディストリビューションのひとつですが、サーバー用途としての情報も多いことが理由です。
 またLinuxは最小インストールをしておいて、必要なサーバー機能を順次追加していくという構築ができるので、本当に必要な機能だけを稼動させることでスペックの低いサーバーでも結構いける!というのも理由です。

 ということで、サーバー構築ネタは続きます・・・。
 あまり期待しないで下さい(^^;)。

posted by GECKO at 19:38| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。