toppicture-block_r.jpg

2018年01月21日

1.9MHz帯を運用

 天気のよい2日間となりました。しかしかなり寒かったです。
 無線の方はコンディションがもうひとつだったこともあって、ほとんど運用していませんが、本年に入ってから少しだけ1.9MHz帯を運用しました。
 自宅に35m程のワイヤーをL字型に張り(35mの根拠はあまりありませんが、手元にあったワイヤーがちょうどその長さだったのです)、カップラーに接続して運用したというものです。
 このあたりの設備はいずれ記事にしたいと思います。

 1.9MHz帯といえば中波で、いわゆるAMラジオ放送に近い周波数です。私は'70年代のBCLブームにばっちりハマった世代ではありませんが、中学生の頃、夜な夜なAMラジオ放送を好んで聴いていました。
 AMラジオ放送は、夜間になると昼間は聴こえない遠方の放送局が混信してきますが、その理由が当時はよく解らずそのままになっていました。
 その謎が解けたのがアマチュア無線を始めてからです。電離層の影響ですね。

 そのような謎を秘めていてたAMラジオ放送のすぐ隣の周波数で、自らが電波を放って交信するということには何か感慨深いものがあります。
 タイミング的にも技術的にも難しいバンドですが、もう少し工夫してアクティブに運用したいところです。

 ということで、今回は1.9MHz帯を運用した・・・という記事でした。

posted by GECKO at 20:00| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。