toppicture-block_r.jpg

2017年10月28日

ワイヤレスイヤホン(Bluetooth)を購入

 台風が近づいて雨天となりました。日中にリグのスイッチを入れ、7MHz帯と10MHz帯でJT65とCWで数局と交信しましたが、これといったトピックはありません(^^;)。

 そのような訳でワイヤレスのイヤホンの記事です。

 以前に自分のスマートホンをiPhone7に変更しましたが、iPhone7は防水仕様になったことで、従来のイヤホンジャックが廃止されたことはiPhone7をご利用の方はご存知のとおり。充電端子を使った変換ケーブルが付属しますが、どうもシックりこないので、Bluetoothのワイヤレスのイヤホンを購入しました。

 話は反れますが、”スマートフォン”というと、andoroidやiPhoneなど画面をタップするタイプの携帯端末とのことを差すと思われがちですがそうではありません。まだ折りたたみ式携帯電話の全盛の時代に、当時としては聴きなれない”スマートフォン”と呼ばれる端末が存在していました。ウィルコムの「W-ZERO3」がそれにあたります。171028-03.jpg
 私は当時「Advanced/W-ZERO3 [es]」を使っていました。
 この記事を公開した後、当時使っていたAdvanced/W-ZERO3 [es]の写真が見つかりましたので載せておきます!タッチパネルをタップするのに、NintendoのDSのタッチペンを流用していました。
 ”スマートフォン”と呼ばれる携帯端末としては、現在の画面タップ式の一歩先を行っていたこれらの端末は、現在は影も形もないような状況ですね。

 話を戻します。
 そんな訳で、購入したのは写真のBluetoothのワイヤレスイヤホンです。地元の大型家電量販店で購入しました。171028-01.jpg
 オーディオメーカー製の10,000円近いものもありましたが、事前調査はまったくしていませんし、そもそも「ケーブルがないのは果たして快適なのか?」という懐疑的なところもあったので、もしハマっても気にならない金額ということで一番安いものを選んだ次第です。それでも2,000円は超えました。
 購入後は自宅に戻って開封しました。説明書やUSB充電器も付属していますが、本体は写真のようにすっきりしています。
171028-02.jpg
 50cmくらいのケーブルの両端にイヤホンが付いていて、ケーブルの途中にはコントローラーが付いています。ボタンひとつのコントローラーですが、ボタンの長押し、ダブル押し、トリプル押しで色々な機能が使えます。
 iPhone7で音楽を聴くのが中心ですが、使ってみた感じは、音質は有線式に及ばないものの問題なし。端末をデスクの上に置いて部屋中を動き回れる、更に2階に端末を置いたまま1階へ降りても途切れない・・・。
 えっ、Bluetoothってそんなに電波届くの!と驚きました。
 購入したイヤホンのBluetoothの規格はClass2で2.5mW出力。10m程届くそうです(^^;)。知りませんでした。

 ということで、結構使えるね!という好印象です。

 ・・・でちょっと考えたのが無線機での利用。Bluetoothトランスミッターがあれば、ワイヤレスで快適無線運用?となるかもしれません。
 私は受信はイヤホンを使っていますが、ケーブルがじゃまに感じたりします。
 気になるのはデコードにかかる時間。再生までに僅かに遅れが生じるらしいので、交信にどう影響するかはわかりません。もうひとつはBluetooth機材は充電が必要ということですね。充電のタイミングには工夫が必要です。肝心な時に電池切れ!は勘弁してほしいですね(^^;)。

 ということでワイヤレスイヤホンの記事でした。

posted by GECKO at 19:49| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。