toppicture-block_r.jpg

2017年09月03日

JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)とNAVTEX(航行警報テレックス)

 晴天の一日となりました。まだまだ暑かったです。
 コンディションの方もまだ夏のコンディションでしょうか。あまりよくなく、午前中にすこし移動運用しましたが交信数は伸びませんでした。

 そんな状況でしたので、モービルホイップで「JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)」の7,793.10kHzを受信してみましたが、さすがにここの電波は強くモービルホイップでもわりと強力に受信できました。
 パソコンも持ち合わせていましたので接続し、以前にインストールした「KG-FAX」を起動すると、何とか描写はされましたが画質は悪かったです。170903-01.jpg
 とはいっても、ここまで描画できればいいかな?というところです。
 それにしても、出先の車の中でパソコンと無線機でラジオFAXを受信するなんてマニアック度満点です。傍から見たら理解に苦しむこと必至ですよね(^^:)。

 そうこうしているうちに、以前から気になっていた「NAVTEX(航行警報テレックス)」の受信を思い立ちました(^^;)。帰宅後にシャックのパソコンに「KG-NAVTEX」をインストールしましたが、これは中波なので日中は入感しないため、夜間再度受信することにしました。170903-02.jpg
 和文を受信したかったのですが、上記サイトによれば21時から送信される模様、その時間にアマチュア無線機で424kHzを受信。
 モードをCWに設定し、KG-NAVTEXを起動すると、パソコンに信号が取り込まれ文字が現れました。アンテナは7MHz帯にマッチングしたダイポールアンテナで、中波の受信にはちょっと向かないのですが、なんとかデコードできるレベルで入感しました。これもまたマニアック度満点ですね(^^;)。

 そんな訳で、ちょっとマニアックな受信をした休日となりました。

posted by GECKO at 22:09| Comment(0) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。