toppicture-block_r.jpg

2017年08月14日

アメリカ合衆国 10,138.0kHz JT65

 曇り空の蒸し暑い日となりました。
 コンディションは時間帯によりかなり変動したと思いますが、ハイバンドはもう一歩だったように思います。

 本日は午前と午後に少し時間を取って呼び回りをしました。
 7MHz帯をはじめ10,14,21MHz帯といったバンドでも聴こえていましたので、コールして計9局と交信できました。
 強いEsの発生を期待していましたが、21MHz帯止まりとなりました。期待の24MHz帯は時々運用局が弱く入感していましたが、コールバックがあるほどの強さではなくコールせずじまいとなりました。
 一方、14MHz帯では3エリアの滋賀県や大阪府と交信できたりしました。14MHz帯としてはかなりの近距離交信だと思います。

 夕方にはEsもほとんど消え去ってしまったので、久しぶりにJT65をワッチすると10,138.0kHzでアメリカ合衆国の局がデコードされました。なんと-22dB。ちょっと弱かったのですが、30W(JT65ではQROですね)でコールすると一発でコールバックがあり交信できました。
 なんとこちらの電波は-14dBで届いていたようです。先方のアンテナやリグの性能のよさが伺えます。

 JT65での海外局との交信は久しぶりでした。10MHz帯ともなればなお更です。たまには各バンドのJT65を覗いてみないといけませんね。

<本日のDX>
10MHz JT65 United States of America

posted by GECKO at 19:51| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。