toppicture-block_r.jpg

2017年07月15日

第一級陸上特殊無線技士[一陸特]になるぞ!(その3)

その2」から続く。

 さていよいよ合否結果です。
 試験場で試験が始まる前の説明で、7月5日に合否通知を一斉郵送します、という説明があり、首を長くして待っていましたが、翌6日に郵便受けに合否通知が届いていました。開いてみると「合格」の文字がありました(^^)。いやはやどんな試験でも合格はうれしいものです!170715-01.jpg

 早速、無線従事者免許の申請を行うため、インターネットのサイトから申請書類をダウンロードしました。
 早めに申請する予定ですが、念のため合格日から申請するまでの有効期間を調べましたが、どこにも有効期限についての記載はないようです。・・・ということは今回の合格通知をもとに10年後に従事者免許の申請をしてもいいということなのでしょうか。通知には「早めに手続きを行って下さい」としか書いてありませんが。

 あと従事者免許証の申請には写真が必要となるのはハムの方ならご存知の通り。基本的には受験票に添付した写真と同じものでよいのですが、受験票の写真はショッピングセンターなどで見かけるコイン式自動撮影証明写真ボックスで撮影したもので、とても写りが悪く、褒められたものではありません。
 運転免許証のように5年間ごとの書き換えで写真が変わるものならばともかく、無線従事者免許証の写真は一生ものです。そこで模造紙を用意して壁に貼り付け、その前に座って、名機「D40」で三脚を使って撮影することにしました。
 これで、何となく綺麗に撮影できた・・・気がします。いや明らかに受験票の写真よりは写りがいいです。
 こちらの「不適当な写真例」にも当てはまらないようなので、プリンターで光沢紙に印刷し、既定の大きさにカッターでカットして完了です。
 便利なソフトがこちらにあります。

 写真は用意できたので、次に「無線従事者免許申請書」書類に必要事項を記載して1,750円の収入印紙と写真を貼り付けました。書類には「氏名及び生年月日を証する書類」も必要ですが、ここは他の無線従事者免許証の番号を記載すれば書類は省略できるということで、あえて3アマ(2アマではなく)の番号を書いておきました。深い意味はありませんが。
 更に従事者免許証の返信用の封筒に自分宛の住所を記載、返信は簡易書留が安心なので、82円(基本運賃)+310円(簡易書留料金)の切手を貼って、朱書きで「簡易書留」と記載しておきました。

 という訳で、無線従事者免許申請のための必要な書類が揃いました。写真の準備に時間がかかってしまったので、書類の郵送は週明けになりそうです。
 面倒だけれども、なんとなくワクワクする申請書類の準備でした。

posted by GECKO at 21:26| Comment(2) | 一陸特 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合格おめでとうございます。
向上心を持つということは大切なことだけれども、大変なことでもありますね。特に年を取ると(失礼、私のことです)新しいことにチャレンジする気持ちもなくなりますし。「一陸特」という資格がどんなものかはよく知りませんが、プロ資格ですよね。すばらしいことです。
Posted by MITS at 2017年07月17日 22:19
>MITSさん

ありがとうございます。なんとか合格できました。
確かに年齢のロスはありますよね。なかなか覚えることができませんでした(^^;)。
資格があっても経験もなく年齢からみても仕事上で必要になることはないでしょうけれど、達成感が味わえてよかったです。次は四海通(第四級海上無線通信士)を取りたいと思っています。まだ先ですが(^^;)。こちらは技術士ではなく通信士です。プロの通信士の資格に魅力を感じています。自己満足の世界ですが。
Posted by GECKO at 2017年07月18日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。