toppicture_ts680v_3.jpg

2017年07月09日

第一級陸上特殊無線技士[一陸特]になるぞ!(その2)

その1」から続く。

 6月某日。「第一級陸上特殊無線技士」の国家試験を受験するために、東海地区では無線関係の試験会場としておなじみの名古屋市東区にある「中産連ビル」へ向かいました。

 試験は9:30からですが8:40頃にはビルに入ることができました。
 到着後は1階のロビーで少し休憩し9:00前に2階の試験室入りましたが、すでにかなり大勢の受験者が席に着いていて、年齢層がとても若い!考えてみれば資格の性質上、学生や若い社会人が多いことはうなずけるところです。170709-01.jpg
 むろん私を含む(^^;)中高年の方もいらっしゃいましたが割合は低く、2アマの試験の時の、大半が中高年、という状況とはずいぶん異なっていることには少々衝撃を受けました(^^;)。アマチュアもこれくらい年齢層が若いといいのですがね・・・。

 座席は自由ということでしたので、入り口ドア付近に近いところを陣取りました。程なく9:15頃から試験官による試験の説明が始まりましたが、なんとその時点で「腕時計を忘れてきた!」ことに気付きました(^^;)。
 普段、時計を持たない生活をしているのでついうっかり・・・。まあこの試験に限っては時間はたっぷりあって時間を気にする必要ないので大丈夫ですが、時間との勝負の試験では致命的です。

 そして9:30になって試験が開始されました。一陸特は法規が12問,無線工学が24問出題されます。いずれも6割正解で合格ですので、法規は不正解4問、無線工学は不正解9問がぎりぎりのラインです。
 法規は思いのほか梃子摺り4問不正解か?という状況、無線工学は計算問題と新問題に時間を取られました。計算問題はうまく解けませんでしたが、これ以上考えてもムリと割り切り、解答用紙を提出して試験時間がかなり残っている状況で退室しました。170709-02.jpg

 試験会場を後にして、昼が近づいていたので、最寄のファミレスに入りミートスパゲッティーを食べながら自己採点。その結果、法規はおそらく不正解は1問だけであろうと推測。ちょっと安心しました。無線工学は5問不正解の模様。とりあえず合格ラインでした。怖いのはマークミスですね。
 ファミレスを出て、帰路に着きましたが、結果が郵送されてくるまでは「終わった感」がないのは、2アマの時と同じです。やはり結果を見ないとね。

 帰宅後、有志による模範解答がネットにアップされていました。こちらと照合したらやはり法規は1問不正解、無線工学は4問が不正解。なんと計算問題の1問がヤマ勘で正解しているようです。あとは通知を待つばかり・・・。
 通知は7月5日に郵送されるということです。そして先日結果が届きました。
 結果は次の記事で。

posted by GECKO at 21:45| Comment(0) | 一陸特 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。