toppicture_ts680v_3.jpg

2017年07月08日

第一級陸上特殊無線技士[一陸特]になるぞ!(その1)

 以前にこんな記事を書きました。
 思わせぶりな記事でしたが、その後「第一級陸上特殊無線技士 試験問題集」なる書籍をアマゾンで購入。更に受験申請してしまった自分がいました(^^;)。
 試験日は6月15日。当時は4月上旬だったので残りは2ヵ月あまりといった状況でしたが、後先を考えず受験申請し、あとはなるようになれ的発想でした。

 第一級陸上特殊無線技士は「一陸特」などと呼ばれ、私の職業には必要ないのですが、ひとつはプロの資格が欲しいと思ってました。

 さすがにワンランク上の「一陸」には及びませんが、「一陸」とはいえ難易度は2アマ程度ともいわれます。できる人は1ヵ月程度の勉強でも合格できるらしいのですが、いかんせん基礎がなっていない(^^;)私にはムリ。
 なおかつ仕事が忙しい時期と重なり、ちょっと無謀かな?という状況だったことは確かです・・・。170708-01.jpg

 受験申請してしまい、あとに引けない状況になってしまいましたので(^^;)、ネット閲覧やテレビ観賞などのあまり身にならない時間?をバッサリと切り捨てテキストと問題集による学習に充てました・・・。
 と書くと、とても努力したようにみえますが、いえいえサボり癖は治らず、いまから思うと1日平均で1時間以下の学習時間だったと思います。

 ところでこの「陸上特殊無線技士」という資格は、携帯電話の基地局の保守や調査、ケーブルテレビ関連の技術者になるのに必要なのだとか・・・。しかしどの級をもっていても残念ながらアマチュア無線を運用することができません(++)。まあアマチュアは別で持っているのでいいのですけれど。
 無線従事者の資格は23種類もあるようで、それぞれの操作範囲との相互関係はこのようになっているようです。

 ・・・そして6月15日に名古屋で試験を受け、その結果はどうであったか。
 それは次回の記事で!

posted by GECKO at 21:37| Comment(0) | 一陸特 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。