toppicture-block_r.jpg

2017年06月17日

Es大爆発!?

 暑い一日となりました。
 本日は午前中から所用で出かけており、帰宅後の夕方の17:30頃にリグのスイッチを入れました。

 最初にハイバンドをチェックするとコンディションがとてもよく、イオノグラムを見るとなんと!赤いスポラディックE層(Es)のラインが横向きに一直線になっていて、臨界周波数が20MHzを越えている状態・・・。
 そこでリグのバンドを50MHz帯に合わせてバンド内をチェックすると、予想通り、ここ2エリアへは、6エリアと8エリア、そして7エリアの北部から50MHz帯の電波が強力に入感していました(^^)。そこでCWでのCQ局を順次コールしていきました。170617-01.jpg
 ここまで50MHz帯がオープンしているので、再度HFのハイバンドに戻って28MHz帯からチェックすると、こちらも先ほどと変わらず大賑わい!10mFMはもちろんのこと、CWのCQ局もたくさん入感していました。
 アンテナがないのでチューナーで無理やりマッチングさせていましたが、結果、28MHz帯CWで4局交信できました。このバンドでは4局でも大満足です。
 その後に、24MHz,18MHzと下がっていきましたが、いずれも賑わっている状況で、たくさんの局との交信ができました。

 ちょっと興味があったので、市民ラジオ(CB無線)の周波数をワッチすると、なんとこちらも大賑わいで、すべてのチャンネル(全8チャンネル)が埋め尽くされそうな勢いでした。
 ここまで賑わっていた市民ラジオには初めて遭遇しました。

 その後、再度50MHzに戻りましたが、19:30を過ぎても相変らずの状況。8エリアの2局と交信しましたが、驚いたことにこの2局共、私が再開局したばかりの頃に50MHz帯SSBで交信いただいた局でした。
 HFでのCWの交信の場合、その局と過去にSSBで交信していた・・・という状況は結構稀です。HFではそれだけCWとSSBのいずれかに偏る傾向がある(と思われる)のですが、50MHz帯では、同じ周波数でCWとSSBを切り替えて運用する局も多く、運用局のモードの偏りが少ないのかもしれません。

 そのような訳で、短時間ながら楽しめた運用となりました。

posted by GECKO at 21:59| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。