toppicture-block_r.jpg

2017年05月21日

24MHz帯も積極的に

 昨日に続きとても暑い一日となりました。真夏日です・・・Hi.
 お空のコンディションの方はどうだったかというと、この時期特有のEs(スポラディックE層)の発生はどうもはっきりしない状況でした。
 夕方にEsは少し出ていましたがハイバンドはパッとせず、代りにEs反射だったのでしょうか、10MHz帯の近距離がとてもFBなコンディションとなっていました。

 強いEsが発生するとハイバンドの近距離交信が楽しめるようになりますが、このところ少し興味が湧いたのが24MHz帯です(^^)。というのも、いつも情報を下さる7エリアのOMさんが24MHz帯をアクティブに運用されるとのことで、それに影響を受けてしまったからです。
 地味なバンドであるところがFBです(^^;)。
 この24MHz帯ですが、HFの中でももっとも運用者の少ない地味なバンドだということに異論を唱える人は少ないと思います。理由として、コンテストのないWARCバンドであること、開放が1990年頃で歴史が浅いこと、などが挙げられると思いますが、同じWARCバンドの10MHz帯や18MHz帯はそれほど地味なイメージはありません。
 21MHz帯と28MHz帯の間に挟まれ、資格上の運用の制約もなく、伝播も目立った特長が感じられないというのも理由のひとつではないでしょうか。
170521-01.jpg
 そんな24MHz帯をもう少し積極的に運用してみようと思い立ち、第一電波工業の「HFシリーズ」のHF12FXを購入しました(^^;)。
 冬場はほぼ使う用途がなく、この時期にモービルから国内QSOのためだけに購入したといっても過言ではありませんが、常置場所のアンテナも含めて24MHz帯にマッチングしたアンテナがひとつもないため、1本くらい持っていてもいいかな?と思い散財(失礼!)してしまいました。

 まだまだEs発生の季節は続くので、24MHz帯を積極的に運用したいですね。

posted by GECKO at 22:17| Comment(0) | 24MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。