toppicture-block_r.jpg

2017年04月23日

デジタル一眼レフカメラ Nikon D40

 晴天の一日となりました。しかしコンディションはもうひとつですね。そろそろ18MHz帯が賑やかになって欲しいですね。
 再開局してまもなく、当時は18MHz帯のフォーン(SSB)で北海道の局と交信できて感激した記憶があります。18MHz帯はそういった意味で、個人的には思い入れの深いバンドです。

 さて、ネタ切れですのでカメラの話です。

 このブログに掲載している写真のほとんどはNikonの「D40」というデジタル一眼レフカメラ(デジイチ)で撮影しています。このモデルは、デジタル一眼レフカメラを一般に普及させた初心者用などともいわれたものです。
 トップの写真ももちろんこのD40で撮影しています。
 このカメラ、購入したのが2009年で、当時はモデル末期という状況でした。もう8年も前のことです。1704239-01.jpg
 写真がそのD40ですが、これはやむなくiPhone6のカメラで撮影しています。自分で自分は撮れないですからね(^^)。

 さてスペックですが、こちらの通りです。たかだか6.1メガピクセル(約600万画素)です。なんとiPhone6よりも少ないのです!
 その他のスペックはというと・・・たくさんの数値が並んでいますが、これらが一体どの程度のものなのか、さっぱり解りません。そんな状態で8年間使っています。
 撮影モードもフルオートに近い「P」(プログラムモード)ばかりです。いろいろ設定できるのでしょうが、まったく使いこなせていません。電源をいれてシャッターを押す・・・それだけです。

 ボディーが大きいので、持ち歩くのは苦痛です。よって外出での撮影のほとんどはiPhone6ばかりです。iPhone6だとかなりカメラも良くなっているのですが、やはりそれなり感はあります。それを承知の上で撮影しています。
 むろん、旅行などでは必ずD40を持っていきます。「カシャ」という撮影時のシャッター音が何とも堪らないです。Nikonはいい音がします。

 アマチュア無線をされる方にはカメラに詳しい方もいらっしゃいますので、私のようなカメラ初心者の記事はこれ位にしておきます(^^)。

 最後に、D40とiPhone6のサクラの撮影の比較です。撮影時刻に若干の時間差がありますが両方で撮影したものです。どちらもオートの設定ですので、被写体に向けてシャッターを押しただけです。
(両者を比較することにあまり意味はありませんが)
 一眼レフの場合、レンズが重要ですよね。ここではD40では、
Nikon NIKKOR 18-55mm 1:3.5-5.6 GU ED
というレンズを使っています。購入時に付属していた標準ズームレンズです。
 フォトレタッチソフトでサイズを縮小して文字を入れています。Exif情報は削除しています。
 こんなページもありました。

170423-02.jpg

170423-03.jpg

posted by GECKO at 18:53| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。