toppicture_ts680v_3.jpg

2017年03月25日

Happy Hacking Keyboard Professional2(HHKB)を使ってみる。

 暖かい日となりました。しかしコンディションは相変らずですね。
 夕方に14MHz帯をワッチしましたが、CWで台湾が入感、JT65ではEUが-20dB程度の強さでスイスなどが入感していましたが、コールせずじまいとなりました。いやはや・・・。

 そんな訳で、前回に続きキーボードネタの第2弾です!

 今回紹介するのは少し前に購入した、PFU社の「Happy Hacking Keyboard」シリーズの「Professional2」モデルの 白色(英語配列)です。170325-01.jpg
 「ハッピー・ハッキング・・・」怪しげな名称ですが、このキーボードは少々高額・・・いやかなり高額(^^;)なので、購入にはかなり思い切りが必要です。
 それでいて独立したテンキーもなくファンクションキーもないので不便極まりない?キーボードですが、それを以ってしても購入する価値のあるキーボードだと個人的には判断したためです。

 どんなキーボードかは「HHKB」などでググってみて下さい!

 購入にあたっては、墨カラーの無刻印モデルにするか、刻印ありモデルにするか。また日本語配列モデルにするか英語配列モデルにするか・・・結構悩みました。何しろ高額なキーボードなので・・・。

 まずキー配列については英語配列モデルにしました。
 というのも日本語配列モデルはキーが多すぎて見た目があまりかっこよくありません(個人的見解ですが)。
 見比べてみて下さい。日本語配列モデル 英語配列モデル
 結構、見た目で選ぶ性格なのです。しかしこれが後に仇となることに・・・。

 次に無刻印モデルか刻印ありモデルかについて。
 日本語配列ならばともかく、英語配列は記号などのキーの位置が日本語配列とは異なります。よって、ローマ字日本語入力はほぼ問題ないもものの、記号を入力する際に指が迷子になること必至です(^^)。よって刻印ありモデルにしました。しかも白色で。

170325-02.jpg

 使用感については、パソコンに付属してきたメンブレン式の安価な(失礼!)キーボードとは明らかに違うことは、キー入力した瞬間に実感できます。
 いわゆる「メカニカルキーボード」とも違う独自のタッチだと思います。
 キーのガタつきも少なくカタカタと心地よい音と共に軽快に入力できます。異次元のタッチ・・・というのは大げさですが、タッチは素晴らしいの一言です。
 キーボードなんてどれも同じ、980円のキーボードで十分・・・という考え方が間違っていることを実感できます。
 (動画サイトでもこのキーボードを紹介した動画がたくさんあります)
 造りもしっかりしていて、電鍵と同様に一生モノになるかも知れません。

 ただ英語配列なので、記号のキーの場所の違いは日本語配列に慣れきった指先だと結構大変です。特にカッコ「()」はキーひとつ分ずれていますし、アスタリスク「*」もまったく位置が異なるので要注意です。
 無意識に右小指で「*」をパンチしたつもりが「’」が表示されてしまいます(++)。英語配列はまだまだキーボードを見ないとパンチできません。
 もし英語配列の無刻印モデルを購入していたら、恐ろしいことになっていたと思います(^^;)。
 ちなみに英語配列キーボードをWindows7で利用する場合は、OSのキーボードの設定を変更する必要があります。メーカーからは簡単に切り替えできる「切替ツール」がダウンロードできます。

170325-03.jpg

 結局、購入はしてみたものの、いまだに使いこなせない自分がいます。
 キーの数が少ないので、109日本語キーボードなどでは単独で存在する多くのキーが「Fn」キーと同時押しで実現することになります。これは慣れるまではキー入力速度と正確さにおいて大きなネックになります。

 ただでさえ少ないキーに苦労しますが、英語配列に慣れない者が英語配列モデルを購入したことが輪をかけています。無謀な選択でした。日本語配列の刻印ありモデルにしておけばよかったかな〜と思うこともありますが、これから慣れていくしかありません(^^;)。
 日本語入力がメインなので、やはり日本語配列かな?と実感しています。

 という訳で、新しいキーボードの紹介でした。

posted by GECKO at 20:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。