toppicture-block_r.jpg

2017年02月19日

JT65による交信のRST欄の記載

 暖かい一日となりました。
 何となく春めいてきた感じがしますが、コンディションは相変らずですね。本日は午前中に、とある場所から少しモービル運用しました。7MHz帯のCWとRTTYですが、近距離の1,3,9エリアなどが入感していましたが、それより遠方のエリアはほとんど入感しない状況でした。

 そんな訳で、運用ネタではなくJT65のRST欄の記載ネタです。

 このところJT65での交信も増えてきましたが、JT65では相手局の信号強度をRSやRSTといった形ではなくdB(デシベル)で送ることは運用されている方ならご存知のこと思います。
 交信時にdBでレポートを送りますので、当然、交信証(QSLカード)にもRSTではなく「-15」といったdBで記載することになります。ハムログの場合はRST欄に「-15」というように入力すればそのように印刷されますが問題は項目名のところで、項目名のところが「RST」のままで内容が「-15」というのは違和感があります。

 JT65で交信いただいた各OMさんから送られてくる交信証を見ると、「RST」の表示を「Report」に変更して内容に「-15dB」と記載されているパターンや、「RST」の表示を「dB」に変更して内容に「-15」と記載されているパターンなどがありますが、私は後者にしています。
 ハムログの印刷定義では以下のように条件分岐を設定しています。
 (JT9も同様なので分岐条件に含めています)

? Data7! "JT65";     ←モードがJT65以外
? Data7! "JT9";      ←モードがJT9以外
#Print 990, 215, "RST"  ←「RST」を表示
? Data7 "JT65";      ←モードがJT65
#Print 995, 215, "dB"   ←「dB」を表示 
? Data7 "JT9";      ←モードがJT9
#Print 995, 215, "dB"   ←「dB」を表示

 これがいいやり方なのかどうか判りませんが、一応これで印刷できています。JT65やJT9で交信の場合のRST欄の記載には工夫が必要ですね。

posted by GECKO at 21:04| Comment(0) | JT65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。