toppicture-block_r.jpg

2017年02月05日

Eスポが発生していました。

 昨日は一時的にコンディションが向上し、10MHz帯の近距離が入感しました。
 本日は昨日のそれにあたる時間帯は外出していて、午後には帰宅したものの、本日の無線運用はなしかな?なんて思っていました。
 ところが15:30頃にイオノグラムをチェックすると、なんとEスポが長く伸びていて、まるで春のEスポシーズンのような状況でした。そこでまずは29MHz帯のFMをチェックすると、なんと!メーター振り切れで7エリアの局が聴こえました。
 フェージングが強く、時々ノイズが被っていましたが。

 そこで、ちょっと興味があったのので、いわゆるフリーライセンスラジオであるCB無線の各チャンネルをチェックしてみました。すると8チャンネル(27.144MHz)で岩手の局がCQを出していて、それにたくさんの局がコールしているところが聴こえてきました。多くの局がコールしているようでしたが、残念ながらコールする局は僅かに聴こえる程度でした。

 その後、18MHz帯をチェックすると、こちらもオープンしていて7エリアや8エリアの局のCQが強く入感し、それに多くの局が次々にコールしているころが聴こえました。チェックすると1エリアの局のCQもここ2エリアで強力に入感していました。
 呼び回りして、3局と無事に交信できました。

 この季節にEスポが出ていたのはあまり経験がなかったので、なかなかラッキーな状況だったと思います。本年初のEスポ交信を楽しめた運用となりました。

posted by GECKO at 19:46| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。