toppicture-block_r.jpg

2017年01月22日

パンダグラフ式キーボード「SKB-SL20BK」を使ってみる。

 寒い一日となりました。コンディションは相変らず良くない状況です。そんな中で本日は、7MHz帯のRTTYで1局とJT65で2局のみの交信となりました。

 コンディションも悪く交信ネタもないので、今回はキーボードネタです(^^;)。

 個人的にはパソコンのキーボードには多少のこだわりを持っています。仕事がら・・・というのもありますが、コンピューターと人間を繋ぐ重要なインターフェースだからです。
 自宅では、HP(ヒューレットパッカード)のデスクトップPCを使っていて、これに付属品として付いてきたキーボードを主に使っています。
 いわゆる「メンブレン式」のキーボードです。
 付属品のキーボードには粗悪(失礼!)なものも多いですが、このHPのキーボードのタッチがわりと自分に合っていたのでメインのキーボードとして使ってきました。しかしどうにもシックリこないところもあったので、ノートパソコンなどに採用される「パンダグラフ式」のコンパクトなキーボードをデスクトップPCでも使用したいと思い、先日購入して来ました。サンワサプライの「SKB-SL20BK」というモデルです。170122-01.jpg
 キーボードには主に「メンブレン式」「パンダグラフ式」「メカニカル式」「静電容量無接点方式」があります。それぞれの方式の構造や特徴は詳しいサイトで確認下さい。
 パンダグラフ式はノートPCによく採用されれていますが、簡単にいうと、キーのどの部分を叩いても違和感がなく、ストロークが浅いことが大きな特徴です。
 今回はできるだけ小型のパンダグラフ式にしました。(というかショップでたまたま見かけたというのが実態です・・・Hi)。

170122-02.jpg

 こんな感じのキーボードです。ノートパソコンさながらのキーボードです。
 ストロークは浅いです。
 実際に叩いてみると、ノートパソコンのような感じですが、フルサイズのキーボードとキーの大きさはほぼ変わらないので、ホームポジションから指が迷子になることはありません。確実に指が目的のキーを捉えます。

170122-03.jpg

 正面を斜め上から見るとこんな感じです。とても薄いです。このスタイルはなかなか気に入っています。
 しばらく打ち込みをしてみましたが、最初はやはりメンブレン式とのストロークの違いに違和感を感じたものの、すぐに慣れて快適に打ち込みできるようになりました。

170122-04.jpg

 デスクトップPCに付属のメンブレン式のキーボード(下)と今回購入したパンダグラフ式のキーボード(上)を並べたところです。大きさの違いが実感できると思います。
 ここまで小さいと、マイキーボードとして持ち歩くことも可能です。打ち難いキーボードのノートPCへ繋いで使う事もできます。
 しばらくはこのキーボードで打ち込みしてみようと思っています。

 ・・・という訳で、キーボードのネタでした。

posted by GECKO at 19:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。