toppicture_ts680v_3.jpg

2017年01月14日

7MHz帯のダイポールで50MHz帯を運用する

 寒い一日となりました。朝は少し積雪があり、その後は溶けたのですが、夜半からまた降り出す予報・・・。明朝は今朝以上に積雪があるかもしれません。

 アマチュア無線運用の方はというと、相変らずの冴えないコンディションのため、もはやCWはワッチする気にもなれず最初から7MHz帯のJT65をチェック。
 ここだけは賑やかですね〜。
 ただし、いつも通りの5Wではピックアップしてもらえないことも多く、30WというJT65としては超QROともいえる出力でコールしていました。
 相手局からは「5W 73」なんて返してもらっていましたから、アンテナがよければ5Wで十分なのでしょうね。

 本日はひょんなことで、以前より設置している7MHz帯のフルサイズのダイポールで50MHz帯を受信する機会がありました。
 50MHz帯のJT65はどうなのかな?と思いアンテナは7MHz帯のダイポールのまま、周波数を50,276.0kHz(JT65の運用周波数)へ切り替えたのです。
 結果として何も入感しなかったのですが、送信はどうなのかな?と思い、周波数をずらしてCWで送信するとなんとSWRが1.7程。ATUも要らない状況でした(^^)。

 いやはや、いまさらながら気付いた次第です。

 計算上は7MHzの7倍なので、高調波アンテナとして同調するのは理屈上は解るのですが驚きました・・・。というか発見でした。
 ただし、一応はSWRが低いというだけでアナライザーで成分を測定した訳ではありませんので、実力の程は判りませんが。

 とりあえず、Esシーズンが楽しみになりました。

posted by GECKO at 22:25| Comment(0) | アンテナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。