toppicture-block_r.jpg

2016年12月29日

2016年の出来事@ JT65の運用開始

 本年も残すところ2日となってしまいました。
 とても早く過ぎ去った一年のように感じますが、運用を振り返るとけっこう長かった一年だったとも感じたりします。そんな一年(まだ2日残ってますが)でしたが、本年の特筆すべきひとつはJT65の運用を開始したことです。

 デジタルモード自体は2014年にラジオテレタイプ(RTTY)の運用を開始しましたが、それ以来、思いのほか低出力でも交信できるデジタルモードにハマって(^^;)いました。そしてその後、気になっていたJT65の運用を開始したのが本年1月17日でした。161229-01.png
 初めは交信の方法がまったく解らず???状態でしたが、得意?のグーグル検索で見つけた良質なサイトがあったことと、ツイッターで親切なOMさんから指導いただけたことなどがあり、すぐに運用を開始できました。

 その後、約一年運用しましたが、確かにQRPで遠方へ届く(正確には微弱電波でもデコードできる)モードであることは間違いないと思います。
 CWでは100Wでもなかなか相手局に届かず散々苦労したスイスが、JT65では30Wであっさり交信できたことには驚きました。
 更にCWで苦労した南アフリカともあっさり交信・・・。むろんいずれもCWの時とは違う局なので相手局の設備の違いやコンディションの違いは否定できませんが、個人的には衝撃を受けたことは確かです。
 更に予想外だったのは、7MHz帯では国内局同士の交信も盛んなこと。ただし移動局は少なくいままでに交信したJT65の移動局10局です。

 そんなJT65ですが、まだ運用されていない方にお奨めします。

 ちなみに、これまでのJT65による交信は、国内局が165局,海外局が66局といったところです。交信に時間がかかることと、運用人口の少なさを考慮するとまずまずかな?といったところです。
 2017年も引き続きJT65での運用をアクティブに行きたいと思っています。そしてCW,RTTYも更なるアクティブな運用を目指すとしましょう。

posted by GECKO at 22:41| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。