toppicture-block_r.jpg

2016年12月11日

フリーライセンスラジオの電波を受信。

 コンディションが良くない一日となりました。このところコンディションが低下気味なので、無線運用のモチベーションも低下しています(^^;)。
 そんな中、フリーライセンスラジオで「UHF-CBオンエアミーティング」が本日開催されるということでしたので、ワッチしてみることにしました。
 最近はCB無線機や特定小電力トランシーバーなどのいわゆるフリーライセンスラジオで、不特定多数の局との交信を楽しむ方が増えており、こういったイベントも開催されているのですね。

 私はフリーライセンスラジオは運用しませんが、CB無線機と特定小電力トランシーバーのいずれもアマチュア無線機の受信改造で受信は可能です。161211-01.jpg
 今回はスタンダードのC501でのワッチを試みました。
 本来はフィールドへ出てワッチするところなのでしょうが、出不精の私は自宅で受信してみることとしました。
 自宅なのでホイップアンテナでは能力不足、そこでアンテナは自宅に設置しているアマチュア無線の430MHz帯のGP(グランドプレーンアンテナ)を接続することにしました。
 地上高さ10m程ですので、微弱な電波を受信するには適していると思います。

 昼過ぎにワッチを開始。特定小電力トランシーバーのチャンネル周波数をワッチしていると近所のスーパーの駐車場案内の電波が入感したりしましたが、422.2250MHzでオンエアミーティングらしき電波をキャッチしました。
 キー局は残念ながら入感しませんでしたが、それにコールする局が「メリット5です」といった返信をしていました。しかしながら入感したのはこの1局のみでした。

 特定小電力トランシーバーーの電力は10mW。よく飛んでくるものです。アマチュア無線のQRPとは次元が違う世界ですね。

posted by GECKO at 19:18| Comment(0) | フリーライセンスラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。