toppicture_ts680v_3.jpg

2016年10月02日

フランス 10,138.0kHz JT65 (-23dB)

 暑い一日となりました。
 本日はリグの配置換えなどを行い、必要となった電鍵の延長ケーブルなどを作成したりしていました。

 16:30頃。コンディションの向上を期待し、まずは14MHz帯からJT65をチェック。するといつになく賑やかでたくさんのDX局がデコードされました。EUはイタリアとスイス、南米はアルゼンチンがCQを出していました。
 イタリアの局に狙い?を定めコール。しかしコールバックがありません・・・。
 届いていないようです(++)。
 先日からそうですが、14MHz帯のJT65はまったくダメです。届かないか、他局とのコール合戦に負けるか・・・。10m高のワイヤーダイポールに、30Wで送信していますが歯が立たないのでしょうか。
 それでもフルサイズのワイヤーダイポールが張れるのは恵まれた環境だと思っています、上を見たら限がありませんね・・・Hi。
 そして私のようにJT65で30Wの大パワーで送信する局は少ないと思います、JT65の世界では30WはQROです(^^)。

 JT65はQRPでもDX局と交信できる・・・確かにそうです。

 しかし実際は小電力(QRP)同士の戦いになり、最終的にはアンテナの性能勝負になります。FBなアンテナ設備の局が有利という図式は他のモードと何ら変わりません。
 それどころか1回の交信に4〜5分かかるので、コールできるタイミングも限られていて、珍局との交信は絶望的です・・・Hi.
 
 早々に諦め(^^;)、10MHz帯へQSY(ちなみに21MHz帯はまったく入感せず・・・)してみると、例によって大都会から田舎へ来たような状況・・・。しかし南アフリカとフランスがデコードされていました!161002-01.png
 フランスの局に狙いを定めますが、CQの入感強度がなんと-25dB!とても弱いです。
 しかし閑散としていて競争率も低そうなのでコールしてみると、なんと一発でコールバックがありました。
 10MHz帯も同じ10m高のワイヤーダイポールの30Wですが、飛びがいいのでしょうか。または相手局のアンテナがFBなのでしょうか。こういった想定外が起きるから侮れません(^^)。
 そして送られてきたこちらの強度は-18dB。当然のことながら弱いですが、JT65での初フランスとなりました。
 (こちらからのレポート送信時点では、相手局の強度は-23dBに改善)

 何となくこの時と同じような状況となりました。あまりに賑やかで競争率の高い14MHz帯よりも、閑散とした10MHz帯の方が交信もしやすく珍なエンティティーに巡りあえるのかな?・・・そんなことを改めて感じました。
 たまたまそういったタイミングだっただけかも知れませんが。

<本日のDX>
10MHz JT65 France (His-23dB,My-18dB)

posted by GECKO at 19:07| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。