toppicture-block_r.jpg

2016年09月19日

モービルホイップアンテナでの移動運用

 蒸し暑い一日でした。
 あまりの蒸し暑さにシャックにこもっていましたが、CWで富山県の移動局と交信、更にはちょっと訳があって通信テストをしたり・・・。
 本日の運用はそれだけとなりました。

 そこで、まったく関係ないのですが、モービルホイップアンテナの話です。

 当局のHF帯の移動運用のアンテナはモービルホイップ(アンテナ)ばかりです。
 すべて第一電波工業の「HFシリーズ」で統一。所有しているのは、3.5MHz , 7MHz , 10MHz , 14MHz , 18MHz , 50MHz の6本です。
 車にはハッチバック用の基台を取り付け、塗装を少し剥がしてビスをボディーに接触させています。車が古いのでなせる業です(^^;)が、これが適度なアースになっているようで、6バンドすべてがきちんとマッチングします。

 HF帯での移動運用では、ダイポールを張ったり垂直系を立てたりすれば、電波の飛びもよく、より多くの局にサービスできるのでしょうが、モービルホイップでもそこそこいける・・・いや、それなりにサービスできると感じています。
 アパマンハムの方が、ベランダのモービルホイップだけでDXCCを完成させたりされている事例もあり、決してモービルホイップの性能は侮れません。

 いままでに、ダイポールを張ったり、VCHを立てたりしたことも数回あり、確かにモービルホイップにはない飛びのよさを感じましたが、それをもってしても、モービルホイップには以下のようなアドバンテージがあります。

 ・アンテナのセッティングが短時間で可能(アンテナを立てたまま走行も可)
 ・バンド切り替えが短時間で可能(アンテナごと付け替えるだけ)
 ・雨天でも運用可能
 ・とにかく目立たず周りに威圧感を与えることがない


 特に個人的には雨天でも運用できることと、混んでいる駐車場でも気兼ねなく?運用できるところを重視しています。

 そしてそれでも「HFでモービルホイップなんて飛ばないでしょう」とお嘆き?の声もあるかもしれませんが、私の過去ログのデータでは、モービルホイップでの運用で以下のような記録があります。

<交信数記録ベスト3>
 HF30FX 10MHz CW 10W 71局 所要時間 91分
 HF30FX 10MHz CW 10W 56局 所要時間 61分
 HF40FXW 7MHz CW 10W 56局 所要時間118分

<交信距離記録ベスト3>
 HF20FX 14MHz CW 50W Argentina
 HF40FXW 7MHz RTTY 10W Asiatic Russia
 HF16FX 18MHz CW 50W Republic of Korea


 ダイポールを張ったりすれば3桁交信は容易なのでしょうけれど、モービルホイップで3桁交信はまだ達成できていません。
 しかしながらお手軽モービルホイップでの運用も中々なもの・・・ということで、これからも続けたいと思います。
 多くはコールいただく各局さんの優れたアンテナでのピックアップに頼っているのだと思います。弱い電波でご迷惑おかけします。

posted by GECKO at 20:43| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。