toppicture_ts680v_3.jpg

2016年09月17日

430MHz帯 FM

 台風の影響でしょうか。蒸し暑い日となりました。
 本日は午前中と夕方に7MHz帯のラジオテレタイプ(RTTY)でJCCサービス局3局との交信のみとなりました。

 夕方。久々にほぼ受信機と化しているC5600で430MHz帯のFMを聴いていると、兵庫県養父市(JCC2723)の移動局が当無線局で入感していました。メーターの振れは7。RSで表現すると57です。
 直線距離にしてざっと200km(by Googleマップ)。こちらはGPアンテナです。ワッチしていると、なんと1エリアの局とも交信されていました。
 いやはやよく飛ぶものです。

 430MHz帯のFMは個人的には思い入れのあるところです。というのも初開局('85年)は430MHz帯FMのハンディー機1台だったからです。
 たった1台のハンディー機で開局。免許状には「435MHz F3 10W」と1行だけ書いてあったと記憶します。そして最初はホイップアンテナで超ローカル局と夜な夜なラグチューしていました。
 その後、マスプロの「ウェーブハンター」(いまはなくなりましたね)の430MHz用の8エレアンテナとアーム、そして10mの5D-FBとコネクター一式(M型とBNC)購入。更に屋根馬とマストとステーを購入し、屋根によじ登って我流でアンテナを立ててハンディー機に接続しました。
 その時、それまでのホイップアンテナとは別世界で衝撃を受けたことを鮮明に覚えています。メインチャンネルの賑やかさ、そして1.5W出力で50km越えの局と交信・・・。
 この時、無線は出力ではなくアンテナ次第だということを悟りました。
 そして8エレアンテナだったので指向性とはこういうものなのだな、ということを体験・・・。むろんローテーターなど買えるはずもなく、アンテナは都会へ向けて固定していましたので(^^;)。

 古い話で恐縮です。

 そして途中で15年ほどのブランクを含めて現在に至ります。現在はHFのCW専門(時々デジタル)というまったく異なるスタイルになってしまいました。
 現在は430MHz帯FMでの交信は皆無ですが、自分のハムとしてのルーツはここにあったのだと、ハタと気づいた日となりました。

posted by GECKO at 20:06| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。