toppicture-block_r.jpg

2016年09月11日

パソコンで「スペクトラムアナライザー」を使ってみる。

 暑い日となりました。いろいろと用事があり外出したりして、無線運用は少なくなりましたが、コンディションはなんとなく秋の様相になってきているように感じました。

 さて無線運用もそこそこに、本日は以前に見つけた、フリーソフトの高速リアルタイムスペクトラムアナライザー「WaveSpectra」をインストールし、リグの信号を取り込んで波形を見たりしていました。

 まずはこちらから最新版をダウンロード。Windows10パソコンにインストール(ZIPファイルを解凍して適当なフォルダに置くだけ)したところ、問題なく動作しました。
 ヘルプファイルを読まずして手探りで設定。TS-680Vの音声信号を取り込んだところ、すぐに波形が現れました。色々な設定ができるのでしょうけれど、とりあえずほぼデフォルトの設定で表示させました。
 以下、いろいろなモードでの波形です。

シグナルなし
 まずは何も入感していない状態です。
160911-none-01.png

CW(フィルターなし)
 CWをIFフィルターをオフで受信したところです。波形のピークの近接周波数も広い範囲の信号を受信しています。ピークが900Hz付近にありますがサイドトーンは800Hz。ゼロインが100Hzほどズレているようです(^^;)。
160911-cw_filteroff-02.png

CW(フィルターあり)
 次に上の状態のまま500HzのCWフィルター「YG-455C-1」をオンにした状態です。近接周波数の信号がカットされた波形になっています。当然ですがフィルターの効果は絶大です!
160911-cw_filteron-03.png

SSB
 続いてSSB(LSB)のフォーンの交信を受信しているところです。
160911-ssb-04.png

RTTY -AFSK-
 最後がRTTYをAFSK(LSBモード)で受信したところです。 横軸のスケールの関係で見難いですが、マーク周波数「2,125Hz」とスペース周波数「2,295Hz」のところに波形のピークが見えます。フィルターがないので近接周波数の信号も受信しています。
160911-rtty-05.png

 こんな感じで色々なモードの周波数成分が確認ができました。
 多くの設定や表示ができるようでいろいろと使えそうです。フリーソフトなので作者の方に感謝です。

posted by GECKO at 20:01| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。