toppicture_ts680v_3.jpg

2016年09月03日

RTTYモービル運用でロシアからコール

 暑い一日となりました。残暑が厳しいです(^^;)。
 本日は日中は出かけていたりしていましたが、夕方に少しだけ時間が取れましたので、モービルを運用しました。
 レノボのWindows10パソコンと、いつものTS-680V(10W機)、そして第一電波工業モービルホイップを載せて出陣!目的地(内緒)に到着後、7MHz帯でCWを少し運用した後にRTTYを運用しました。

 RTTYでCQを出し始めると最初はなかなかコールがなかったのですが、粘り強くCQを出しているとなんといきなりRで始まるコールサインからコールがありました。
 えっ、ロシア・・・ですか。
 こちらのCQはコールサインの後にJCCコードを付けたいわゆるJCCサービスなので、まったく予想していなかった想定外の状況に少々に焦りました。
 何しろ UR 599 BK みたいな簡単なマクロしか用意していないので、どう返せばよいのやら。・・・と考える暇もなくこちらの送信になりました。QSL 73 TU SK SK のような通り一編のショートQSOのパターンで返してしまいました。

 その後のロシアの局は日本語で「SAYOUNARA」と送ってきました。
 さすがです。

 RTTYはマクロに頼ってばかりですが、いろいろなマクロを用意しておかなくてはいけませんね。またダイレクトキー入力でもいいのですが、なかなか苦手なもので・・・。

 それにしても、第一電波工業のモービルホイップアンテナ「HF40FXW」に10W出力でもロシアまで飛んでしまうとは驚きです。RTTY、侮れませんね。

<本日のDX>
7MHz RTTY Asiatic Russia

posted by GECKO at 21:20| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。