toppicture_ts680v_3.jpg

2016年08月28日

ハンディー機でCWとSSBを聴く

 曇り空の蒸し暑い一日となりました。
 ほとんどどこにも出かけず、かといって無線もあまり運用しなかった一日でした。時々コンディションもチェックしましたが、ほぼ一日中よくなかったように思います。

 そんな中で、ちょっとネットを徘徊してハンディー機のサイトを見ていたら、144MHzと430MHz帯のFMハンディートランシーバーで、0.1〜1300MHzの広帯域ワイドバンドレシーバーを内蔵していてCWとSSBも受信できるケンウッドの「TH-F7」が目についてちょっと欲しくなったりしました。
 結構古いモデルですね。
 広帯域ワイドレシーバー内蔵のVHFやUHFのハンディー機はたくさんありますが、ほとんどのものが受信可能な電波の形式が FM / WFM / AM であるのに対し、この機種はCWとSSBも受信できるのですね。
 TH-F7は発売されてから随分経つので、ネット上では既に情報が出尽くしているようですが、逆に情報量が多い分、弱点なども判っていて安心できます。
 ケンウッドからは、更にパワーアップした「TH-D74」というモデルが発表されたようですね。

 最近はスマートフォンで、出先からでもJクラスターやイオノグラムをチェックするという、正に無線依存症に陥っていますが、更にCWやSSBが受信できるハンディー機を持ち歩いて受信もしてしまおう・・・という依存症に拍車をかけようという状況です(^^;)。
 まあTH-F7が、どこまで受信能力があるか判りませんが、出先でハンディー機でCWがワッチできるというのはFBですよね・・・。などと考えるのは私だけでしょうか。

 そんな構想をしながら、夕方に14MHz帯のJT65をワッチするとアラスカの局のCQを発見しました。コール一発でコールバックあり。交信成立です。
 更にハワイからのCQも発見したのでコール。こちらも交信となりました。
 その他にも、たくさんのDX局が入感していました。
 さすがに出先でハンディー機でJT65をワッチする・・・というのは難しいですね。

<本日のDX>
14MHz JT65 Alaska
14MHz JT65 Hawaii

posted by GECKO at 20:38| Comment(0) | Rig(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。