toppicture_ts680v_3.jpg

2016年08月13日

CWでの 「K」 と 「AR

 CWにデビューして5年余りが経過しました。
 2010年の再開局後1年間はフォーン(SSB)ばかりでしたが、CWデビュー後はCWばかりになりました。最近はデジタルも増えましたが。

 さて5年余りのCWの運用で、いまだによく判らないことがあります。それはCQの最後と、それにコールする局の最後に付ける KAR の使い分けです。
 CQに関していえば、以下の3つのパターンがよく聴かれます。
CQ CQ CQ DE JA2○○○ PSE K
CQ CQ CQ DE JA2○○○ PSE AR
CQ CQ CQ DE JA2○○○ PSE AR K

 一方、CQにコールする場合に関しては以下の3つのパターン。
DE JA1□□□ (何も付けない)
DE JA1□□□ K
DE JA1□□□ AR

 各種文献によれば、K は「受信に入ります、送信して下さい」の意味で、AR は送信終了符号ということです。
 シンプルに考えれば、いずれも K でよいと思いますが、K は交信中の相手に対する「マイク(キー)を渡します」的な意味合いが感じられ(私見です)、CQやCQ局へのコールではまだ交信相手が決まっている訳ではないので、 K ではなく送信終了符号の AR を使うのもありかな?と思います。

 5年間のCWの運用では、CQの最後は9割以上が K または AR K であり、 AR は少数派のように思います。(入門書もCQの最後は K になってます・・・Hi)
 またCQにコールする局は9割以上が何も付けないように思いますが、JA1□ ? AGN のように返ってきた時に、 K を付ける局がありますが、むしろ、
DE JA1□□□ AR
とされる局の方が多いように見受けられます。特に経験の長いOM局に多いように思いますが、調査した訳ではなく定かではありません。
 ちなみにA1クラブのこちらのページAR の使い方をみると、・・・のようです。

 まあアマチュアなので、厳密な使い分けは必要ないのでしょうけれど・・・。ちょっと気になっていましたので記事にしました。

posted by GECKO at 21:14| Comment(0) | CW交信方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。