toppicture-block_r.jpg

2016年07月30日

アマチュア無線機でCB無線を聴く。

 とても暑い日となりました。
 7:00前、イオノグラムを見るとF層が薄っすらと出ている感じ・・・臨界周波数は7MHz位でした。あまり良いコンディションではないのでリグのスイッチをいれることなくパソコンでネットを徘徊・・・その後、部屋の片付けなどを行って10:15頃に再びイオノグラムを見ると、なんと!7:00頃とはまったく違う状況となっていました。160730-01.jpg
 なかなか見られないような状況です。さぞかしハイバンドは賑やかだろうと期待して18MHz帯から上をチェックしたのですが、それほど賑やかではない状況・・・しかしながら、24MHz帯や28MHz帯で近距離の局が599で入感していたので、確かにコンディションは抜群だったようです。
 ただ運用者が少なかっただけのようで・・・。

 そんな状況でしたので、ちょいとCB無線をアマチュア機でワッチしてみました。
 CB無線は27MHz帯(11メーター)なので、このコンディションならEs反射で聴こえてくるだろうとの期待です。
 というのも、最近、新スプリアス基準対応のCB無線機「SR-01」が株式会社サイエンテックスから発表され、フリラーの方々の間では話題になっていることから、少々CB無線に興味が沸いているのです。
 CB機は中古で入手するしかなかったのですが、このように新製品が出てくるとブームの再来になるかもしれませんね。アマチュア無線家としては注目したいところです。

 さて話を戻しますが、7MHz帯のダイポールにアンテナを切り替えて、8CH(27.144MHz)のAMに設定すると、すぐに交信が聴こえてきました。CQ局がパイルを捌いているところのようです。
 CQ局はアマチュア無線でいうところの4エリアの局で51程度で入感していましたが、会話の内容ははっきり判る状況でした。それにコールしている局は弱かったです。
 僅か0.5Wのしかもホイップアンテナでも、Esが発生するとよく飛ぶものです。

 その後、Esは徐々に消滅していき、遂にはCB無線の交信は聴こえなくなりました。
 ネット動画でCB無線の交信の様子はよく観ますが、やはり実際の交信に遭遇すると臨場感が違いますね。ちょっと感動した運用?となりました。

posted by GECKO at 20:20| Comment(0) | フリーライセンスラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。