toppicture_ts680v_3.jpg

2016年08月14日

移動用ノートPCをWindows10へ

 かれこれ一ヵ月ほど前のことですが、自宅にある2台のパソコンのうち、移動運用に持ち歩くレノボ製のノートパソコンをWindows10にアップグレードしました。無料アップグレード期間に何とか間に合いました。
 基本的にWindows7でなんら不便や不満はなかったのですが、10で無線関係のソフトウェアの動作を確認しておきたかったというのが実際のところです。
(インターネット上では、多くのソフトが10でもまったく問題なく動作したという報告はたくさんありましたが)

 7でインストールして動作確認した後にそのまま10へアップグレードすると、多くの場合10でも問題なく動作するようですが、10へアップグレード後にインストールしようとすると上手くいかないソフトがあるから油断なりません。
 そこでいったんリカバリーDVDで購入時の状態に戻しました。
 購入時の状態(Windows7)に戻した後、一切のソフトウェアのインストールを行わず、そのまま10へアップグレードしました。無事完了!
160814-02.jpg
 10のインターフェースはなかなかよいですね。使ってみようという気になります(^^)。
 個人的には8はどうもダメでしたが・・・。
 そして10にアップグレード後、まずはRTTY用のインターフェースのドライバーをインストール。ネットオクで入手したもので10での動作保証はなかったのですが問題なく完了。これが一番気になっていましたが・・・。
 そして言わずもがなの「MMTTY」と「JT65-HF」は難なく動作。一通りの設定を終え、リグに接続して確認しましたが、7の時と同様にまったく問題なく動作しました。

 いまだ移動運用はTS-680Vが大活躍(というか移動用のメインリグです!)です。ちょっと大きくて最低限の機能しかないのですが必要十分です。
  ただRTTYはLSB(AFSK)での運用となりますのでフィルターを効かせることができません。これだけが唯一の難点といえば難点です。
 CWは500Hzの切れのいいフィルターを内蔵していて困りませんが。

 最新のOSに30年前のリグ・・・このミスマッチが何とも・・・。
 引き続き、レノボのノートPCは活躍します。

160814-01.jpg


posted by GECKO at 19:52| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。