toppicture-block_r.jpg

2016年04月29日

10MHz帯での交信比率が減ってしまった1年

 ゴールデンウィークが始まりました。
 本日はあまり無線運用できませんでしたが、コンディションも良くなかったようですね。朝8:00頃に7MHz帯をワッチしましたが、聴こえている局はいずれも弱い状態でした。ただゴールデンウィークということもあり、たくさんのCQが聴こえていました。
 10MHz帯はというとノイズばかり・・・。時間が早いということもありましたが、その後も10MHz帯は8エリアの局が聴こえていたのみです。
 その後、11:00頃に再開しましたが、コンディションは良くないままでした。

 このところコンディションが良くない状況が続いているように思います。特に10MHz帯では、近距離がガンガン入感してくるような状況は久しくありません。もっとも、私の運用タイミングが悪いのかもしれませんが。

 ちょっと気になったので、CW運用を開始した2011年6月以降の7MHz帯と10MHz帯の交信比率をグラフにしました。160429-01.png
 CWでの交信のみを対象としています。CW運用の開始以来、10MHz帯の方が上回っていましたが、2015年4月を境に比率が逆転しています。 
 統計上も、ここ1年ほどの10MHz帯のコンディションが良くない・・・ということを表す結果となりました。
 結果は意図的ではありませんよ(^^;)。むろん私の交信ログの統計なので、コンディション以外の特別な要因があるのかもしれませんが・・・。

 まだゴールデンウィークは続きますが、無線以外にやることがたくさんあって、あまりアクティブに運用できないことが予想されます。
 タイミングをみて、ぼちぼちといきましょう。

posted by GECKO at 20:09| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。