toppicture_ts680v_3.jpg

2016年02月13日

JT65で計45交信

 このところJT65をメインとした運用が続いています。
 本日は所用で時間が取りにくい状況でしたが、早朝と夕方にJT65を運用しました。
 JT65の運用のこれまでの統計を取ると、先月の17日に初運用してから本日までで、国内局20交信,DX局25交信(計45交信)といったところです。

 このペースはCWやRTTYとは桁違いに遅く、JT65での1交信にかかる時間の長さとピックアップされることの難しさを物語っています。

 ただJT65でのDX交信の比率はとても多く、現時点で25交信で17エンティティーと交信できたという状況です。ちょっと嬉しいのは、CWでなかなか交信できなかったスイスと僅か30Wという出力で交信できたことでしょうか。
 一方、JT65での国内交信ではいまだAJDが達成できておらず、6エリアと8エリアが交信できていません。見事に2エリアから離れた2つのエリアが残っています。これはQRPによる影響でしょうか。国内交信だと5Wの局が多いので、距離のある6エリアと8エリアは入感しづらいのかもしれません。

 話は変わって本日は、「The 2016 CQ World-Wide WPX RTTY Contest」が開催されています。久しぶりのRTTYでクロアチアが入感していたのでコールしナンバー交換できました。

 そのような訳で、このところデジタルモードばかりですが、あまり運用できていないCWもガッツリ運用したいところです。

<本日のDX>
14MHz JT65 Alaska
14MHz JT65 Kazakhstan
21MHz RTTY Croatia

posted by GECKO at 21:36| Comment(0) | JT65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。