toppicture-block_r.jpg

2016年01月31日

JT65の交信方法

 この土日はJT65ばかり運用していました。
 まだまだキャリア不足ですが、JT65をまだ運用されていない方むけに交信方法の下手な解説を少し・・・。とても楽しいモードなのでぜひ・・・。
 ソフトウェアのインストールやリグとの接続については、他に詳しいサイトがありますのでそちらで確認下さい。
 ここでは交信の手順(ここがイメージが湧きにくいところなので)を簡単に。

 JT65は、1分間隔で送受信を繰り返して交信します。
 すべての運用局が標準時にタイミングを合わせて一斉に送受信するので、まず大前提として運用するパソコンの時計は秒単位で標準時に合わせておく必要があります。そうでないと、送受信のタイミングが他局とずれてしまい交信ができません。

 交信は大体以下のような感じです。

 まず標準時の00秒から約48秒まで受信します。受信が終わるとその間に受信した複数の信号が一斉にデコードされます。
 デコードされると、複数の交信の様子が表示されますが、その中にCQ局があればコールすることができます。コールすると次の00秒から自動的にコールを始めます。
 コールしなければ、引き続き次の00秒から受信に入ります。
 コールした場合は、約48秒まで延々と自局の電波が送信されますが、送信が終わった時点ではピックアップされたかどうかはまだ判りません。
 引き続き次の00秒から約48秒かけて受信することで、自分がピックアップされたかどうかが判ります。ピックアップされると自局の信号強度(dB)が送信されてきます。
 ピックアップされたら、引き続き次の00秒から約48秒かけて相手の信号強度(dB)を送信します。更に次の00秒からは相手から73が送信され、次の00秒からはこちらから73を送信し・・・。といった流れになります。


 基本的にはボタンひとつでソフトウェアが自動的に上記のことをやってくれますが、このように1分間隔で交互に送受信して交信するため1つの交信に6分程度かかります。

 このような特殊な方法で交信を行うJT65ですが、実際に運用してみると、うわさ通りとても弱い電波でも交信できることと、CWでもあまりお目にかかれないような、珍しいエンティティーに遭遇できることに驚きました。

 JT65を運用するためのソフトウェアは複数あるようですが、私は「JT65-HF」を使っています。このソフトウェアについては、こちらに詳しく書かれています。
 まずはリグのオーディオ出力をパソコンのマイク入力に接続して、受信から始めるのも面白いかと思います。ぜひ!

<本日のDX>
14MHz JT65 Alaska
14MHz JT65 Italy

posted by GECKO at 20:01| Comment(0) | JT65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。